リハビリテーション心理学専攻紹介

教育目標
「リハビリテーション心理学」専攻は、人間の生活や社会においてその根底を支える「心」を研究する心理学のなかでも、医療・福祉・教育などにおいて、他者を支援する心理学の理論と技術を修得する。その教育を通して、建学精神である「人の心の杖」となる人材を養成する。暮らしと社会のあり方を模索し、人間相互の理解と共助の促進へ積極的に参加し貢献する高い意志と知識を備えた人物を育成する。
アドミッションポリシー [入学者受け入れ方針]
リハビリテーション心理学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。
  1. リハビリテーション心理学における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、社会の学力)を有する。
  2. 人間の心の原理や多様性に関心があり、心の働きが社会を形成し、また、社会が心に影響を与える関係性について興味・関心をもっている。
  3. 人間の心が抱える悩みや疾病によって生じる個人や社会の課題に対して、共感と問題意識をもちながら積極的な貢献を目指す。
  4. 自らの心のあり方にいつも意識を向けながら、人間の心の働きを多角的に考え、新たな自分の発見と変化を求めることができる。
カリキュラム・ポリシー [教育課程の編成方針]
教養分野学問的に人間と社会を知るための基本的な手段と知識を身につける。
専門基礎分野心理学領域の基礎をはじめ、他領域の知識を身につける。
特に医学領域では、他の心理学専攻には類を見ない「解剖学」、「生理学」を学修する。
専門分野基礎領域心理学をはじめ、応用領域としての「心理療法」、「産業カウンセリング」、「芸術療法」など、
リハビリテーションや治療的介入としての心理学を身につける。
臨床実習本学他専攻と共通の臨床実習(1年時)のほか、傾聴・心理療法の専門実習も行う。
ディプロマ・ポリシー [学位授与に関する方針]
  1. 人間の心に対する理解が、心理諸学や他専門領域の知見によって学際的になされている
  2. 人間が抱える心の課題について、その研究や啓発、支援介入に必要な知識を有している
  3. 身につけた心理学的知見を社会へ還元できる。または、高度教育へ学修を深化できる。

リハビリテーション心理学とは・・・

心理学といっても幅広い領域の学びがあるのですが、やはり、われわれにとって「心の健康」や「豊かな人間関係」への関心は特に高いことがわかります。こうした「健康や支援」をあつかう心理学のひとつが「リハビリテーション心理学」です。そして、健康やリハビリテーションに関わる以上、ここでは医学的知識もまた大きな武器となります。「リハビリテーション心理学専攻」では、この専攻がリハビリテーション学科に属していることを最大限活かし、健康やリハビリテーションの基礎となる医学的知識をしっかり学ぶことができます。たとえば、解剖学や生理学、内科学や小児科学といった基礎医学。また、社会福祉学の基本も学ぶことができます。

学生生活4年間の流れ

1年次

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 教養分野の学習(英語、統計学、体育など)
  • 専門基礎分野の学習(医学:解剖学、生理学など、心理学:心理学概論、臨床心理学など、社会福祉学:社会保障論など)
  • 見学実習(医療施設、老人保健施設、保育園など)
見学実習

医療機関で働くリハビリテーションスタッフや、福祉施設・小児施設で働く専門スタッフの職場環境を見学し、高齢者や障害児者への関わり方を学ぶとともに、対人支援のイメージを創ることを目的とします。

2年次

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 基礎心理学関連
    (心理学実験演習、社会心理学、人格心理学など)
  • 応用心理学関連
    (健康心理学、家族心理学、教育心理学など)
  • サイコセラピー(心理療法)関連
    (心理療法序説、スクールカウンセリング序説など)
  • アートセラピー(芸術療法)関連
    (芸術・音楽・動物などをもちいた介入技法)
  • 産業カウンセラー資格取得関連科目
    (傾聴、面接実習など)
「産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会認定)」受験資格を取得するための心理面接演習

在学中からこの資格受験が可能となるために、「傾聴」を基礎とする面接技法の実習を行います。傾聴は面接におけるもっとも重要な面接者の態度です。心の支援には不可欠であり、対人関係全般でも活かされます。

3年次

芸術療法

「音楽療法」「アートセラピー」「ダンス・ムーブメントセラピー」「ドラマセラピー」などの芸術療法を体験し、その理論を学びます。自己表現を通して自分と他者をより深く理解し、対人援助者としてのあり方やクライエントとのかかわり方を考察していきます。

4年次

目指す進路に合わせて科目履修。

活躍の場
  • 「キャリア支援室」が就活をサポート。
  • 対人関係における「傾聴」や相手の理解、伝える力を身につけることは自身のスキルアップであり、また、エントリーシートや面接で自らを積極的に売り込む際の武器になるでしょう。
  • 近年、企業で働く人々のメンタルヘルスは大変重視されています。「産業カウンセラー資格」、「認定心理士資格」の取得は"就活"でも役立つはずです。
  • 心理学をもちいたさまざまな援助技術を使って、 医療・教育・福祉などの領域で活躍できます。

在校生 VOICE

髙橋 桃子

人の心のメカニズムとは?
リハビリテーション心理学専攻 1年
新潟県立六日町高等学校出身
髙橋 桃子
なぜ人は悩みを聴いてもらうと気持ちが楽になるのでしょうか?私は人の心のメカニズムを知りたいと思い心理学に興味を持ちました。また、その興味を医療に携わる道につなげたいと考え、心理と医療どちらも学ぶことができる新潟リハビリテーション大学を選びました。心の健康を支える意識を高め、様々な心理的技法を身につけていきたいです。専攻関係なく声をかけてくださる先輩 方に囲まれ、楽しい学生生活を過ごしています。

 
資料請求デジタルパンフレット