文字の大きさ
拡大
標準
入試案内

医療学部 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシーカリキュラムポリシーアドミッション・ポリシー

1.ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

 新潟リハビリテーション大学は、本学の教育理念に基づく医療学部各専攻の教育目標の達成に向けて、全学教育および専門教育科目を履修し、高い技術と知識、優れた判断力と教養を身につけ、各専攻が定める履修上の要件を満たした学生に対して「学士」の学位を授与します。

理学療法学専攻
  1. 理学療法士として高い倫理観と持ち、医療従事者としての使命感を自覚し、常に対象者に寄り添うことができるもの。
  2. 理学療法士として必要な知識・技術を有し、卒後も常に専門領域の向上と発展に惜しみなく努力を続け、他職種と協働しながら地域の医療・福祉に貢献できるもの。
  3. 理学療法士として常に探求を続け、国際的・学術的な視点で理学療法の発展に寄与できるもの。
作業療法学専攻
  1. 作業療法士として高い倫理観を持ち、医療従事者としての使命感を自覚し、対象者の想いに寄り添いながら、対象者にとって意味のある作業を賦活することのできるもの。
  2. 作業療法士として対象者をめぐる他職種と協業しながら対象者の地域生活 を支え、地域社会に貢献することのできるもの。
  3. 作業療法士として必要な知識・技術を有し、卒業後も作業療法へのあくなき探究を続け、国際的・学術的な視点を持ち、作業療法の発展に寄与できるもの。
言語聴覚学専攻
  1. 言語聴覚士として確実な知識と技術、判断力などの能力を身に付けるために今後も努力を続ける十分な意欲がある。
  2. 言語聴覚士としての専門領域および関連する領域の知識・技術の向上や医療の発展に惜しみない努力をして、自己研鑽と言語聴覚学分野の発展および社会貢献の意識を高く持つ。
  3. 医療人、言語聴覚士として、人間とかかわる職業の特殊性と重要性に真摯に向き合えている。すなわち、人間の尊厳に対する高い倫理観と豊かな感性、広い視野と温かな心を持ち患者様に寄り添うことができる。
リハビリテーション心理学専攻
  1. 社会人として高い倫理観をもち、他者と自己とのかかわりを自覚し、人間の心に対する深い理解をもって他者に寄り添うことができるもの。
  2. 学修してきた心理学的知識・技術を有し、人間が抱える心の諸課題に対し最善の方策を講ずるべく誠意をもって努力し、地域社会へ貢献できるもの。
  3. 人間の心と行動について生涯探求し、国際的・学術的な視点で心理学の応用と発展に寄与できるもの。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

 新潟リハビリテーション大学は、大学の理念である「人の心の杖であれ」を基本として、確かな知識と技術、深い教養と豊かな人間性を持ち、広く社会に貢献できる職業人の養成に向けた教育課程を編成します。すなわち、幅広い教養と豊かな人間性・自立性・創造性・協調性の修得をめざす「教養分野」、および確かな専門知識と技術の修得をめざす各専攻の「専門分野」を組合せた学士課程教育を提供します。

理学療法学専攻
  1. 教養分野の導入科目・人文科学・社会科学では医療従事者に必要とされる素養と倫理観を学習し、自然科学分野において基礎的学力の向上を図る編成とする。
  2. 理学療法士に必要とされる基礎医学・臨床医学・理学療法の専門分野を体系的に学び、今後、医療・福祉分野で必要とされる知識・技術の修得が可能となるカリキュラム編成とする。
  3. 国際的・学術的に理学療法学を学ぶために外国語や研究法を修得し、国際的・学術的に活躍できるためのカリキュラム編成とする。
作業療法学専攻
  1. 教養分野の導入科目・人文科学・社会科学では医療従事者に必要とされる素養と倫理観を身につけ、自然科学分野において基礎的学力の向上を図るカリキュラム編成とする。
  2. 作業療法士に必要とされる基礎医学・臨床医学・作業療法の専門分野を体系的に学び、今後、医療・福祉分野で必要とされる知識・技術の修得が可能となるカリキュラム編成とする。
  3. 臨床実習の科目を、作業療法士としての臨床技能、臨床思考過程を主体的に学び、地域で生活する対象者の支援を学ぶためのカリキュラム編成とする。
  4. 国際的・学術的に作業療法学を学ぶために外国語や研究法を修得し、国際的・学術的に活躍できるためのカリキュラム編成とする。
言語聴覚学専攻
  1. 【教養分野】 社会人として、医療人として、言語聴覚士としての素養を獲得します。
  2. 【専門基礎分野】 言語聴覚学も含めた、全般的な医学・医療に関する専門的な知識と方法論を体系的に学びます。
  3. 【専門分野】 言語聴覚学の専門知識を基本事項から評価、治療まで実践的に用いることができる知識・技術を修得します。
  4. 【臨床実習】 医療の全体的な流れを体験的に学び、自ら課題を見出して、知識と技術を駆使して自らの問題を解決する能力を養います。
リハビリテーション心理学専攻
  1. 教養分野の導入科目・人文科学・社会科学では、社会人として必要とされる素養と倫理観を学習し、人間と社会を知るための科学的な知識・思考力の修得を図る編成とする。
  2. 専門基礎分野では、心理学基礎領域をはじめ、人間の行動を心身両面から科学的に把握することを目的に他領域の知識の修得も図る編成とする。特に医学領域では、他の心理学専攻には類を見ない「解剖学」、「生理学」等の医学系科目をも含む編成とする。
  3. 専門分野では、心理学応用領域としての「心理療法」、「産業カウンセリング」、「芸術療法」等、リハビリテーションや治療的介入としての心理学的知識・技術の習得が可能となる編成とする。「臨床実習」では、公認心理師の養成カリキュラムに則った医療・福祉・教育分野等での実習体制を整えている。
  4. 学術的に科学としての心理学を学ぶために外国語や研究法を修得し、将来、国際的に広く活躍できるためのカリキュラム編成とする。

3.アドミッションポリシー(大学受け入れ方針) 

 新潟リハビリテーション大学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、「人の心の杖であれ」の精神を礎とした崇高な倫理感を備え、優れた職業人としての厳格さと慈愛を併せ持つ全人教育を行い、社会に貢献できる専門性の高い教育を行います。本学卒業には各専攻の学位授与の要件を満たすこと、すなわち、全学共通の教養分野の知識・技術だけではなく、各専攻の専門分野の高度な専門性の修得が要求されます。そのため本学の「入学者受入れの方針」は、以下に示す「主体性・多様性」、「知識・理解」、「思考・判断・態度」、「技能・表現」の各項目を重視しています。

主体性・多様性
  1. 人の心と体を理解するには、弱者を含めた多様な地域社会・国際社会への洞察力が必要となってきます。従って日頃より答えのない問題に自分で答えを見出し、自分の意見を持っていることが重視されます。
知識・理解
  1. 大学の授業の土台となる知識として、人文科学、自然科学、社会科学の基礎をしっかりと勉強しておくことが、入学後の学修にとってきわめて重要です。
思考・判断・態度
  1. 地域社会・国際社会との関わりにおいては、「人の心の杖であれ」の精神を理解し人間愛や道徳心を持って考え行動することができる人が求められます。
技能・表現
  1. 国際的視点に立って専門性のある知識と技能を身につけること、また自己表現力・他者理解力を養う努力を怠らない人が求められます。
入試区分ごとの方針
総合型選抜入試 総合型選抜入試は、将来、医療・福祉等の専門職および社会人となる資質・能力を有し、入学後、その資質・能力をさらに向上させる高い可能性を秘めた人を見出すために実施するものです。そのため総合型選抜入試で求める学生像は本学の教育方針を理解し①多様な地域社会・国際社会への問題意識と自分の意見を有している人、②医療・福祉等の専門知識の修得を目指す明確な目的を持った人、③入学後の勉学に取り組める姿勢や意欲・熱意が認められる人です。
学校推薦型選抜入試 学校推薦型選抜入試は、出身高等学校の推薦により高等学校における学習を十分理解し、医療専門職および社会人を目指す明確な意志を持った人を見出すために実施するものです。そのため学校推薦型選抜入試で求める学生像は本学の教育方針を理解し幅広い基礎学力(特に国語力)に加え、学習習慣をしっかりと身に付けた人です。
一般選抜入試 一般選抜入試は、学力を重視し実施されますが、本学で学んだ医療関連の知識および社会人となるための知識・教養を社会に社会に還元しようとする明確な意思を持った人を対象とします。そのため一般選抜入試で求める学生像は本学の教育方針を理解し①医療専門職を目指すための十分な基礎学力(特に国語力)を持った人、②医療・福祉等の専門知識の修得を目指す明確な目的を持った人です。

理学療法学専攻アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

理学療法学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。
  1. 理学療法における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、理科の学力)を有する。
  2. 豊かな人間性や実践的治療技術を養うために不可欠なコミュニケーション能力を有する。
  3. 医療従事者として社会の発展に寄与しようとする強い意志を有する。
  4. 他者との協調性と他者への思いやりの心を有する。

作業療法学専攻アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

作業療法学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。
  1. 作業療法における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、理科の学力)を有する。
  2. 医療の専門職としての自覚を忘れず、常に作業療法専門技術の修得と研究に対する努力を怠らない。
  3. 気持ちが不安定になっているリハビリテーション対象者へ精神的援助を与えることができる人またはそのための努力を怠らないひと。
  4. 関連する他の医療・福祉の専門職と連携するためのコミュニケーション能力を有する人またはそのための努力を怠らない。 

言語聴覚学専攻アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

言語聴覚学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。
  1. 言語聴覚士としての専門性を念頭に入れた基礎学力(特に国語、英語、理科の学力)、コミュニケーション能力を備え、言語聴覚士になるための明確な動機と自ら学ぶ姿勢、強い意思がある。
  2. 見えている症状のみならず、背景や人間性にまで視野を広げ包括的に捉える力を磨く努力を続けることができる。
  3. 将来、言語聴覚士の仕事に誇りと使命感を持って、社会に対して、地域に対して、世界に対しての貢献に惜しみなく尽力できる。
  4. 専門性に興味を持ち、将来は臨床の場や研究の場で、言語聴覚士としての可能性を探求するという意欲を持つ。

リハビリテーション心理学専攻アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

リハビリテーション心理学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。
  1. リハビリテーション心理学における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、社会の学力)を有する。
  2. 人間の心の原理や多様性に関心があり、心の働きが社会を形成し、また、社会が心に影響を与える関係性について興味・関心をもっている。
  3. 人間の心が抱える悩みや疾病によって生じる個人や社会の課題に対して、共感と問題意識をもちながら積極的な貢献を目指す。
  4. 自らの心のあり方にいつも意識を向けながら、人間の心の働きを多角的に考え、新たな自分の発見と変化を求めることができる。