理学療法学専攻紹介

教育目標
リハビリテーション医療の中でも中核となる理学療法の専門分野において、他職種と連携できる幅広い知識・技術・応用力を体系的に培う教育研究を行い、高度で専門的な知識を持ち、臨床の場での即戦力と問題解決能力を兼ね揃えた理学療法士の育成を行う。さらには障害者や高齢者だけでなく、疾病予防から健康増進に至るまでの、包括的な能力を兼ね備えた理学療法士の育成を目的とする。
アドミッションポリシー [入学者受け入れ方針]
理学療法学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。
  1. 理学療法における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、理科の学力)を有する。
  2. 豊かな人間性や実践的治療技術を養うために不可欠なコミュニケーション能力を有する。
  3. 医療従事者として社会の発展に寄与しようとする強い意志を有する。
  4. 他者との協調性と他者への思いやりの心を有する。
カリキュラム・ポリシー [教育課程の編成方針]
特に地域リハビリテーションを重点とし、訪問ができるレベルを目指します。また高齢者の障害や、小児の発達障害に対して心と体のケアができる専門性を育成します。
教養分野社会人としてまた理学療法士として必要な素養を獲得します。
専門基礎分野リハビリテーション医療に関する専門的な知識と方法論を体系的に学びます。
専門分野理学療法士になるための専門科目を学びます。
臨床実習すべての学年において病院・施設での臨床実習を行います。
ディプロマ・ポリシー [学位授与に関する方針]
理 念「人の心の杖であれ」の精神を持ち、社会に貢献する。
態度・行動正しく観て、考え、判断し、行動する。
知識・技術理学療法士としての基本的な知識・技術を持つ。
意 欲自分の仕事や社会に関心を持ち続け、生涯を通して自らを高める。

理学療法とは・・・

リハビリテーション医療における「治療」の一つに位置づけられ、病気・けが・寝たきりなどによって身体が不自由になった方々に対して、心と身体の両面から機能回復を図ることを目的としています。患者様の麻痺の程度、関節の動きや痛みなどの状態を綿密に評価し、身体機能面・心理面・生活面において最大限の能力を発揮して社会復帰が可能になるよう適切な治療方法・目標を考え、運動療法や物理療法などの様々な理学療法技術を組み合わせて行います。

理学療法士の領域図

学びの特色

  1. 疾病予防から健康増進まで、地域で活躍できる理学療法士を育成します。
  2. 1年次から4年次まで、幅広い知識とより実践的な技術修得に向けた科目を強化しています。
  3. 学外実習の機会を多くし、即戦力として必要な「問題解決能力」を育成します。
  4. 実習前教育の一環として、「客観的臨床能力試験(OSCE:オスキー)」導入により、学内教育を強化しています。

学生生活4年間の流れ

1年次

幅広い教養を身につける。
1年次では、社会人としての応用力を養うために、専門以外の科目も学習し、幅広い知識を身に付けます。また「基礎医学」、「理学療法」の基礎的科目もスタートします。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 教養分野の学習
    (英語、医生物科学、心理学概論など)
  • 専門基礎分野の学習
    (解剖学、生理学など)
  • 見学実習
    (医療施設、老人保健施設、保育園など)
見学実習

医療機関で働くリハビリテーションスタッフや、福祉施設・小児施設で働く専門スタッフの職場環境を見学し、高齢者や障害児者への関わり方を学ぶとともに、理学療法士のイメージを創ることを目的とします。

2年次

医療の基礎を学ぶ。
2年次で行う科目は、基礎医学科目が主体となります。「解剖学実習」「生理学実習」など医療従事者として重要な科目を学びます。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 専門基礎分野の学習
    (内科学、整形外科学など)
  • 専門分野の学習
    (日常生活活動学、物理療法学など)
  • 基礎実習
    (医療施設、福祉施設など)
基礎実習

3年次で行う臨床評価実習の前段階として、理学療法士が行う評価と治療を見学中心に学ぶことで、次の臨床評価実習につなげていきます。

3年次

専門知識を修得する。
3年次には、理学療法士としての専門的な科目が次々と開講します。患者様に行う評価学から治療技術まで、理想の“理学療法士”を目指して高度な知識を身に付けます。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 専門分野の学習
    (運動器疾患理学療法学など)
  • 臨床評価実習
臨床評価実習

臨床実習指導者の下で実習を行います。症例に即した評価方法を選択し、実施することで問題点を抽出して、患者様の障害像とニーズを適切に把握することを目的とします。

4年次

実践力・応用力を高める。
1年次から3年次までに積み重ねてきた、知識と技術を総括し、臨床現場で活躍できる能力を身に付けます。加えて、卒業研究を通じて、研究手法や論文作成方法を学びます。さらに、国家試験受験準備を行います。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 臨床総合実習
  • 卒業研究
  • 国家試験対策
臨床総合実習

実習指導者の下で、適切な治療計画の立案と実施、および治療経過の検討を中心に総合的な臨床を経験します。これらを通じて、一貫しながらも柔軟な対応ができる専門職としての観点や役割、行動、社会性を具体的に学びます。

在校生 VOICE

阿部 哲也

信頼される理学療法士に
理学療法学専攻 3年
新潟県立新潟西高等学校出身
阿部 哲也
私は、理学療法士になるための勉強が出来ることや、学生と先生の距離が近く、アットホームなところに魅力を感じてこの大学を選びました。他にも、事務の方が親しみやすいことや、学生同士の仲が良いことなど、小さな大学ならではの魅力はたくさんあると思います。将来は、患者様から信頼されるような理学療法士になりたいので、仲間との時間を大切にしながらも勉強に励みたい と思います。

 
資料請求デジタルパンフレット