作業療法学専攻紹介

教育目標
身体または精神の障がいによって失われた様々な能力を、各種作業を用いた治療で回復させることのみならず、その方にとって意味のある作業を賦活させることにより、地域生活(近隣社会、学校、職場)を支える ことのできる作業療法士の育成を教育目標とする。
アドミッションポリシー [入学者受け入れ方針]
作業療法学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。
  1. 作業療法における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、理科の学力)を有する。
  2. 医療の専門職として自覚を忘れず、常に作業療法専門技術の修得と研究に対する努力を怠らない。
  3. 気持ちが不安定になっているリハビリテーション対象者へ精神的援助を与えることができる人またはそのための努力を怠らない。
  4. 関連する他の医療・福祉の専門職と連携するためのコミュニケーション能力を有する人またはそのための努力を怠らない。
カリキュラム・ポリシー [教育課程の編成方針]
リハビリテーション医療に関わる基礎を学びます。作業療法学専攻では以下のような方針に基づきカリキュラムを編成しています。
  1. 社会人として幅広い知識と、リハビリテーション専門職としての基礎医学修得のため、4専攻共通のカリキュラムとして、導入教育・自然科学・外国語などの教養分野科目と、基礎医学・臨床医学・心理関連項目などの専門基礎分野科目を設置しています。
  2. 子供から高齢者までの作業療法の専門知識と実技・実習を修得するために、学内の発達障害作業療法治療学・老年期作業療法治療学と、学外での臨床総合実習などの専門分野科目を設置しています。
ディプロマ・ポリシー [学位授与に関する方針]
卒業までに身につける資質
作業療法学専攻では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定され、学位が授与されます。
  1. 対象者の障がいのみではなく、生活、価値観、社会的役割などを評価し、その対象者にとって意味のある作業を賦活する能力を有する者。
  2. 対象者をめぐる他職種と協業し、対象者の地域生活を支える能力を有する者。
  3. 卒業後も作業療法技術へのあくなき探究を続け、国際的な視野を持ち、作業療法の発展に寄与できる者。

作業療法とは・・・

こころとからだに障害がある人、またはそれが予測される人に対して、その人が活き活きとした生活を再び送れるように、仕事・遊び・家事などの生活行為の中での活動を通して、こころとからだを元気にする治療・支援です。
作業療法における「作業」の意味は広く、その人がしている(してきた)大切な生活行為のすべてを指し、それらを治療・支援に活用していきます。

学びの特色

学生生活4年間の流れ

1年次

幅広い教養を身につける。
1年次では、社会人としての応用力を養うために、専門以外の科目も学習し、幅広い知識を身に付けます。また「基礎医学」、「作業療法」の基礎的科目もスタートします。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 教養分野の学習
    (英語、心理学概論、医生物科学など)
  • 専門基礎分野
    (解剖学、生理学など)
  • 作業療法の基礎分野の学習
    (作業療法学概論、作業療法評価学総論など)
  • 見学実習
    (保健・医療・福祉施設など)
見学実習

保健・医療・福祉施設・小児施設を見学し、高齢者や障がい児(者)の理解とかかわり方を学びます。

2年次

医療の基礎を学ぶ。
2年次では、医療従事者として重要な臨床医学を学ぶとともに、作業療法の専門科目を学び始めます。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 臨床医学分野の学習
    (内科学、整形外科学、精神医学など)
  • 専門分野の学習
    (生活環境論、ADL技術論、作業分析学など)
  • 基礎実習
    (病院・診療所、保健・福祉施設など)
基礎実習

3年次に行われる臨床評価実習に円滑につなげることを目的に、作業療法士が行う評価と治療を、見学を中心に学ぶとともに、将来の専門職としての社会性を身につけます。

3年次

専門知識を修得する。
3年次には、2年次の学習を基に作業療法の専門的な科目が次々と開講します。評価学から治療技術に至るまで、有用な作業療法士を目指して高度な知識・技術を身につけます。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • 専門分野の学習
    (義肢・装具学、身体障害作業療法治療学など)
  • 臨床評価実習
    (病院・診療所、保健・福祉施設、リハビリテーション専門病院など)
臨床評価実習

臨床教育者の指導の下で、対象者(患者・施設利用者など)に即した評価方法を選択し、実施し、その状態とニーズを正しく把握し、その方の生活の再構築に役立つ治療・支援法について学びます。

4年次

実践力・応用力を高める。
1年次から3年次までに積み重ねてきた知識と技術を総括し、臨床現場(病院・高齢者施設・訪問事業所・小児施設など)で、対象となる人の生きがいや生活の再構築を具現化できる総合能力を身につけます。加えて、卒業研究を通じて研究手法や論文作成方法を学び、専門職としての能力向上の基礎とします。さらに、国家試験受験準備を行います。

主なカリキュラム

(H29年度に特色を生かした変更の予定あり)

  • より専門的な臨床応用の学習
    (高度な専門分野の特論など)
  • 臨床総合実習
  • 卒業研究
  • 国家試験対策
臨床総合実習

臨床教育者の指導の下で、評価にもとづく治療・支援計画を立て、実施し、経過を検討し、必要があれば計画の見直しを行うという総合的な経験を重ねます。これらの経験は、医療専門職と しての視野を広げ、自覚と責任感、社会性を高め、将来の明確な目標にもつながる学びの機会となります。

在校生 VOICE

斎藤 瑞紀

臨床実習に向けて
作業療法学専攻 2年
新潟県立新潟東高等学校出身
斎藤 瑞紀
この大学の魅力は、少人数制のため、学生と先生方の距離が近いことで細かな指導や気軽に相談できる環境です。また、勉強だけでなくサークル活動などを通して、多くの人との関わりがあるため、充実した大学生活を送れています。現在は、作業療法学の基礎を学んでいますが、臨床実習では患者様と触れ合って今後の勉強に活かしたいです。

 
資料請求デジタルパンフレット