教員紹介
髙橋 明美(たかはし あけみ)
職位 学部長・学科長・理学療法学専攻長・教授
学位・資格 博士(医学)・修士(工学)・理学療法士・専門理学療法士(神経)
所属(学部) 医療学部リハビリテーション学科 理学療法学専攻(PT)
所属(大学院) リハビリテーション研究科リハビリテーション医療学専攻 運動機能科学コース 
学生へのメッセージ 大学の4年間がゴールではありません。さらに高い目標をもって歩んでいって下さい。応援しています。
担当科目[学部] 中枢神経疾患理学療法学
中枢神経疾患理学療法学実習
理学療法技術学Ⅰ(画像診断)
理学療法技術学Ⅱ(中枢)
リハビリテーション概論
リハビリテーション医学
担当科目[大学院] リハビリテーション概論
リハビリテーション医学総論Ⅱ(外科、整形外科)
中枢神経疾患治療技法

プロフィール

学位の取得年 2019年(令和元年)
最終学歴 新潟大学大学院医歯学総合研究科地域疾病制御医学専攻
所属学協会等 日本理学療法士協会、新潟県理学療法士会、脳機能とリハビリテーション研究会、日本疫学会

研究業績等

研究専門領域

中枢神経疾患理学療法学、画像診断学、生体機能解析、疫学

研究紹介

運動による呼吸心拍リズムの協調解析、生体揺らぎの解析、慢性疼痛の疫学研究

研究課題

  1. 脳卒中片麻痺患者に対する理学療法
  2. 運動時の呼吸ー循環応答の解析
  3. 慢性疼痛の疫学

受賞歴

特別功労賞(新潟県士会:平成10年、平成24年2回受賞)
永年表彰(日本理学療法士協会:平成30年)

著書

  • 理学療法士のための6ステップ式臨床動作分析マニュアル、共著,文光堂,2006
  • 生活機能障害別・ケースで学ぶ理学療法臨床思考,自立支援に向けて,共著,文光堂,2009
  • 理学療法士のための6ステップ式臨床動作分析マニュアル第2版,共著,文光堂,2010

社会的活動

平成7年~平成13年:(社)新潟県理学療法士会理事

研究論文

  • 髙橋明美:先人の教えに想う,理学療法ジャーナルVol49(11),2015
  • 松林義人、北村拓也、高橋明美、粟生田博子、押木利英子:リメディアル教育の実践に向けた教職員への取り組み~中途退学および休学者の軽減に向けて~ 新潟リハビリテーション大学紀要52016
  • 髙橋明美:中枢神経疾患分野のプロフェッショナルを育てる,理学療法ジャーナルVol51(7),2017
  • Kaori Kitamura, Yumi Watanabe, Kazutoshi Nakamura, Akemi Takahashi, Ribeka Takachi, Rieko Oshiki, Ryosaku Kobayashi, Toshiko Saito, Shoichiro Tsugane, Ayako Sasaki: Weight loss from 20 years of age is associated with cognitive impairment in middle-aged and elderly individuals, PLOS ONE, October 5, 2017
  • Takahashi A, Kitamura K, Watanabe Y, Kobayashi R, Saito T, Takachi R, Kabasawa K, Oshiki R, Tsugane S, Iki M, Sasaki A, Yamazaki O, Nakamura K: Epidemiological profiles of chronic low back and knee pain in middle-aged and elderly Japanese from the Murakami cohort,J Pain Res. 2018 Dec 12;11:3161-3169.
  • Takiguchi R , Komatsu R ,Kitamura R, Watanabe Y, Takahashi A, Nakamura K , et al. Modifiable factors associated with symptomatic knee osteoarthritis: the Murakami Cohort Study. Maturitas. Volume 128, October 2019, Pages 53-59.

     

デジタルパンフレット
学校法人 北都健勝学園
新潟リハビリテーション大学
0254-56-8292

受付時間(平日)9:00~17:00