文字の大きさ
拡大
標準
インタビュー

卒業生の声

輝き続ける先輩たち

新潟リハビリテーション大学で学び、実社会で活躍する先輩たち。
それぞれの場所で、輝き続けています。

理学療法士

患者様と喜びを共有することが魅力です。

大学では、基礎知識はもちろん臨床実習などを通して多くのことを吸収できます。先生との距離が近く、悩み事を相談しやすい環境のためとても心強かったです。また地域との関わリが深く、行事を通して地域連携の大切さを学ぶことができるのもこの大学の魅力だと感じます。
現在、手術後の患者さんをリハピリする急性期病棟で勤務しています。今でも人の心の杖であれという基本理念を胸に、退院後の生活をよリ良いものにするためにはどのような手助けが必要か考え、日々現場に臨んでいます。患者様と、回復していく喜びを共有できることがこの仕事の魅力であリ、やリがいだと感じます。

新潟医療生活協同組合 木戸病院
春木 彩 さん(理学療法学専攻2016年3月卒業)

小さな大学ならではの学び

私がこの大学を選んだ理由は「少人数教育」に魅力を感じたからです。親元を離れ、孤独な一人暮らしをしていく中で、先輩・同期・後輩のみならず、先生方とも近い距離間で交流を深めながら、日頃の勉学に取リ組める環境が整っている点がこの大学の強みだと思います。そのお陰で在学中の4年間、多くの交友関係や思い出を作ることが出来ました。
現職では整形外科分野に特化した病院に勤務し、高齢者のみではなくスポーツ傷害等の若年の患者様も担当させていただいています。私自身も高校時代の怪我を機に、理学療法士を志したので、その分野で尽力出来ていることにすごくやリがいを感じています。

医療法人 宮仁会 猫山宮尾病院
玉井 翔太 さん(理学療法学専攻2014年3月卒業)

作業療法士

患者様のよリ良い生活のために

大学生活では、医学的な基礎知識、作業療法について学ぶことができました。臨床実習や試験勉強など、大変なことは沢山あリましたが、クラスのみんなと高め合いながら乗リ越えることができました。少人数の大学だからこそ、先生方が親身に相談に乗ってくださったリ、クラスのみんなとも深い仲になれることが魅力だと感じます。
私は現在、下越病院で急性期、外来の患者様を担当しています。日々学ぶことばかリであっという間に過ぎてしまいますが、少しでも多くのことを学べるようにと励んでいます。患者様がよリ良い生活を送ることができるよう、今後も努力していきます。

社会医療法人 新潟勤労者医療協会 下越病院
土岐 優香 さん(作業療法学専攻2019年3月卒業)

作業療法士への道のリを導いてくれる場所

新潟リハピリテーション大学では、基礎的知識を学ぶだけでなく、グループワークや臨床実習を通して「作業療法士とはどんな識業か」を学ぶことができました。講師の方々から臨床現場でのエピソードや卒業生から実習や大学生活などの体験談を聞き、本格的に作業療法士としての道に進んでいくことへの自信につながったと思います。
現在では、職場の先輩方から沢山のアドバイスを頂き、患者様一人一人にあった作業療法を提供できるよう、日々仕事に励んでいます。

医療法人社団 葵会 新潟聖籠病院
髙橋 春香 さん(作業療法学専攻2019年3月卒業)

学んだこと:心理学

それぞれの夢のために

リハビリテーション心理学専攻の魅力は、心理学を医療の側面から学べることだと思います。福祉、教育、司法など幅広い領域に関わっているため職業の選択肢が多いことも特徴的です。違うゴールを目指しつつ同じ道を歩む仲間たちと学校生活を送るうちに、個々の違いやその人らしさについてもっと知リたいと思ったことがきっかけで、将来なリたい職業と大学院進学を決めました。
大学院では、保健、福祉、教育、司法、産業の現場で実際に指導を受けることになります。しかし、周リの施設や先生方が学部とほとんど変わらないので、集中できる環境の中で、よリ一層勉強を頑張ろうという気持ちになれます。

新潟リハピリテーション大学大学院 進学
松原 笙也 さん(リハビリテーション心理学専攻2020年3月卒業)

夢の実現に向かって

私の夢は「人を助けたい」「できないことは協力し合ってできるように支援していきたい」ことです。心理学を学んで‘身になった’ことは、社会に向けての勉強や人間関係やコミュニケーションなどがとても大切だということです。現在、私は高齢者福祉施設で介護福祉職に就いています。入職してまだ3ヶ月の新人ですので、ほとんど何もできていません。しかし、先輩スタッフさんや入所者様とコミュニケーションを交わしながらいろいろなことを教えられ、大切なことに気づかされる毎日です。私は今、夢の実現に向かって、一つ一つの仕事に向き合い、何とかこなしています。

社会福祉法人 河渡の郷福祉会
帆刈 まリ さん(リハビリテーション心理学専攻2020年3月卒業)