文字の大きさ
拡大
標準
学習センター

センター長挨拶

学生ひとり一人の学びを支援します。
ぜひご活用ください。

センター長挨拶




センター長 大矢 薫
医療学部 リハビリテーション学科
リハビリテーション心理学専攻 助教


 初代センター長の押木先生からバトンを受け取りました。押木先生が学習センターに込められた思いをしっかり引き継ぎ、学生の皆様の“学び”への支援を目的とした学習センターの発展に尽力していきたいと思います。

 学習センター“ここつえ”は2016年7月に開所し、現在までに学生の皆様ののべ利用者数は5,000名を突破しております。“ここつえ”の名称には、本学の理念にある「人の心の杖であれ」というところから、学生の皆様の「心の杖になりたい」という思いが込められております。

 学生の皆様の心身のエネルギーの補給基地となるために、学生の皆様と愛着関係をしっかり築いていきます。大学生活を送っていく中で、自信を失うこともあるでしょう、厳しい指導で心が折れることもあるでしょう、そんなときは学習センターでその辛い思いや悲しい思いを友人、先輩、後輩、スタッフにぜひ吐き出してください。みんなでしっかり受け止めて支えていきます。“ここつえ”は学生の皆様が自分自身の思いや考えを自由に表現できる場所であり、“ここつえ”を出るときは、すっきりした気持ちで学業や大学生活にまた戻ってもらえるよう支援していきたいと思います。

 “ここつえ”には4つの柱があります。基礎学力の補強をサポートする基礎力アップセミナー、専門性を高めるブラッシュアップセミナー、こころとからだの悩み相談、「楽しい」をみんなと共有する趣味のワークショップ、です。その他にも、お茶やコーヒーなどを自由に飲むことができたり、疲れた脳を癒すゲームができたり、また、印刷ができるパソコンとプリンタも設置してあります。

 押木先生曰く「使わにゃ損!」ですので、ちょっとした空き時間でも構いません。ぜひとも顔を出しに来てみてください。お待ちしております。