新潟県ヘルスプロモーションプロジェクト推進会議が立ち上がりました

新潟県では、平均寿命と健康寿命の差(日常生活に制限のある不健康な期間)をできるだけ縮め、全国トップクラスの健康寿命となることを目指すなど、「健康立県」の実現に向けた県民運動を今後進めていくとのこと…そのために「ヘルスプロモーションプロジェクト推進会議」なるものが発足されました。

私もその会議の委員に委嘱され、初会合が1週間前の5月21日(火)、新潟市のユニゾンプラザで開催されたので出席してきました。教育機関からは県内の医療系大学の学長等が委員となっており、他に行政、医療、経済、マスコミそれぞれの分野のトップが集結されました。

会議の冒頭で、花角知事から挨拶がありましたが、本プロジェクトは知事肝いりの健康立県構想を実現するため、県民一人一人が健康づくりに取り組む環境の整備を目指すとのことでした。今後、年内に数回会合を持ち、イベントやテレビでのキャンペーンなどを通じて県民に健康づくりを呼び掛ける事業を9月頃から始めるとのことでした。

県の担当者のプレゼンテーションでは、県民の健康面での課題として、食塩摂取量の多さや若い人のガン検診受診率の低さなどが指摘されました。それに対し、プロジェクトでは「食生活」「運動」「早期発見・早期受診」「口腔ケア」「生きがい幸福度」「たばこ」の6つのテーマで取り組みたいと説明がありました。(少し特異な分野に偏っている気もしましたが…)

さらに、事例報告が2例ありましたが、うち1例は、村上市食生活改善推進委員協議会が村上市のある企業の従業員に対し、減塩指導をした内容でした。タイムリーなことに、今年の本学の学園祭(6月29日(土)本学において開催予定:興味のある方は是非お越しください)の1企画として、本学学習センターが村上市食生活改善推進委員とコラボした模擬店を出し、村上の郷土料理をふるまう、ということを聞いています。また、学園祭以外でも、学生・教職員向けの減塩セミナーの企画も予定していると聞いています。

今後、平均寿命がさらに延伸していくことが予想されますが、健康寿命との差が拡大すれば、医療費や介護給付費の多くを消費する期間が増大することになります。上記のような取り組みを通じて、疾病予防と健康増進、介護予防などが進み、平均寿命と健康寿命の差を短縮することができれば、個人の生活の質の低下が防がれるだけでなく、社会保障負担の軽減にも繋がっていくことが期待できるかもしれません。

前学長の野田忠氏が瑞宝中綬章を受章されました

本学の第2代学長で名誉教授の野田 忠(のだ ただし)氏が、令和元年春の叙勲において瑞宝中綬章を受章されました。初代学長の大澤源吾氏に続いて、本学で2人目の受章となりました。本学ホームページのNews & Topicsに、本情報とご本人のお写真も掲載されていますので、あわせてご覧ください。https://nur.ac.jp/news/7566/

野田氏について、少しご紹介させていただきます。

野田氏は、神奈川県に生まれ、東京医科歯科大学歯学部をご卒業された後、東京医科歯科大学歯学部附属病院小児歯科助手、歯学博士の学位取得、国立小児病院歯科医長、新潟大学歯学部助教授、同教授、新潟大学歯学部附属病院長などを歴任されたのち、平成19年3月に新潟大学を定年退職されました。同年4月から、本学の前身となる新潟リハビリテーション大学院大学教授に就任され、さらに平成23年3月から新潟リハビリテーション大学の第2代学長に就任されました。平成27年3月で学長を退かれましたが、平成28年3月まで客員教授として本学に在籍されました。

野田氏は、私がはるか数十年前に歯学部生だった頃、小児歯科学を教えていただいた恩師でもあります。以下に、国に提出させていただいた功績調書の中から一部抜粋・(言い回しを)改変して、本学に着任される前のご功績の一部をご紹介させていただきます。

野田氏が小児歯科臨床に取り組まれた初期の時代は、患者の洪水の時代でありました。たくさんの患者さまの治療に当たられましたが、特に、国立小児病院では、全身疾患や障害のある子どもさんの歯科治療を行うなど、対象となる患者さまの範囲を広げられました。その後、新潟大学では、歯学部の創設期に着任され、新たに「小児歯科」を開設されました。野田氏を頼りに、青森など遠方から治療に来る患者さまもいらっしゃり、小児歯科の待合室は患者さまや付添のご家族で、いつもあふれ、遅くまで診療されていたのがとても印象的でした。また、新潟県の知的障害者総合援護施設「コロニーにいがた白岩の里」にも関係し、さまざまな障害を持つ児童の歯科治療にも携われました。その間、日本小児歯科専門医、指導医の資格も取得され、平成18年5月には、小児歯科学会賞を受賞されています。

昭和62年3月から、文部省在外研究員として出張され、スウエーデン、デンマーク、フィンランド、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカと回られ、各国の小児歯科臨床の現場を視察されました。

研究では、大学院生や医局員たちと、小児歯科はもちろん、解剖学、生理学、生化学、病理学の研究室と連携して臨床のみならず基礎研究も行われました。小児の口腔の発育で、吸啜(きゅうてつ(せつ):おっぱいやほ乳瓶からミルクなどを飲む)から咀嚼(そしゃく:固形物をかむ)へと機能発達していく過程を考慮しながら、小児歯科の治療の範囲を広げ、ベースとなる研究も行われました。同時に歯の萌出障害に関連する論文や著書を多数発表されました。当時口腔生理学講座に在籍していた私は、小児歯科学講座から派遣されてくる大学院生たちといっしょに基礎研究をさせていただきました。

教育では、新潟大学の学際的オムニバス科目である、「食べる」という科目のコーディネートを担当されました。「食べる」は、100人の定員のところ、1,000人の受講希望者が集まるほど盛況でした。さらに、その講義内容をまとめ、「食べる」「続食べる」「食べる 成育編」「新潟発 食べる」「食べる 介護編」の小冊子を編集出版されました。私も「食べる」のオムニバス教員として講義の一部を担当させていただき、小冊子も分担で執筆させていただきました。なお、「食べる」で、野田氏は、平成17年度の新潟大学教育褒賞を受賞されています。

以上、ご功績のほんの一部のみを紹介させていただきましたが、野田氏は、小児歯科をベースに、診療、研究、地域貢献など、多方面にわたって貢献されてきており、その功績は非常に顕著なものがあります。

最後になりましたが、このたびの受章、まことにおめでとうございます。今後もお元気で、ますますのご活躍を祈念しています。

学生満足度調査より~学費について~

本学では、学生生活の満足度を向上させるために、毎年、在学生を対象にアンケートを実施しており、多肢選択の設問のみならず、自由記述欄を設け、それに対し担当者が回答し学生にフィードバックする仕組みを設けています。1カ月以上前のことになりますが、私に割り振られて回答した内容を下記に掲載しました。「学費が高い」という学生からの意見に対する回答です。

実は、ちょうど本日(5月20日)、文科省による「高等教育の修学支援(負担軽減)新制度説明会: 高等教育の修学支援新制度に関し、本年度の機関要件の確認申請に関する手続きや確認に必要な事項について」が開催されています。こちらは非常に慌ただしいタイトなスケジュールで導入が決まっていて、書類を準備する大学も大変です。
タイトなスケジュールについては説明会開催についてもそうであり、開催の案内がメールで届いたのが5月14日(火)、参加申し込み締め切りが5月16日(木)、資料がメールで届いたのが5月17日(金)、そして今日5月20日(月)が説明会です!その間にメールの修正や資料の修正連絡もあり、今回の件を見ても文科省のバタバタ感が伝わってきました。

さて、以下が本学の学生満足度調査自由記述欄に記載されていたひとつの意見とそれに対する私の回答です。
意見: 学費が高い
回答: 学費負担をできるだけ少なくというのは、皆さんや保護者様の切実な願いであると思います。しかし、現状は下記の通りで、本学も精いっぱい努力して設定した金額となっていますので、引き続きご理解のほど、よろしくお願いいたします。

●国立大学の学費vs私立大学の学費(一般論)
→私立大学の学費は国立大学の学費に比べて高いです。また、我が国の私立大学の学費は諸外国の大学の学費に比べても高いです。
私立大学に対する国からの補助金(経常費補助)の割合は、現在10%を下回っています。1980(昭和55)年度の補助割合は29.5%でしたが、その後は国の予算上の制約から下降を続け、1990年代からは10%台で低迷しながらも、じわじわと減り続け、2015(平成27)年度には10%を下回り9.9%となりました。一方、国立大学は国からの運営費交付金収入が約50%もあります。
さらに、「図表でみる教育」OECDインディケータ(2015年版)によると、我が国の大学生1人当たり公財政支出額(国などからの補助金額)は年間69万円で、OECD各国平均の99万円を大きく下回っています。これを私立大学で見た場合、わずか17万円(国立大学218万円の約13分の1)しか国から補助が出ておらず、OECD各国のうち最下位になっています。そして、日本は、高等教育の授業料がデータのあるOECD加盟国の中で最も高い国の一つであり、過去10年、授業料は上がり続けています。
→このような現状において、私立大学の収入は、4分の3以上を学生からの納付金(学費)に頼っています。本学のような教育中心の大学は、研究大学のように、外部機関から多額の研究費を引っ張ってくることも困難です。国の助成が期待できないとなると、ますます学費に頼らざるを得なくなるため、学費を安くすることがいっそう難しくなります。

●本学と同分野の私立大学の学費vs本学の学費

→本学の学費は同分野の他私立大学の学費よりも安く設定してあります。
本学は平成22年度に医療学部を立ち上げました。以来10年が経ち、物価は上昇しましたが、本学の学費は10年前に設定した金額のまま、値上げせずに同額を維持してきています。当時、学費を設定する際に、担当者が同分野の他大学の学費や近隣の大学の学費を数多く調査しました。調査をもとに、本学の学費は、他私立大学より若干安い妥当な額を設定したと伝え聞いています。
さらに、本学の学費には臨床実習における必要経費(宿舎料金など 平均50万円程度)が含まれています。これら費用を学費の外に位置付け、学費一覧の中に金額を含めずに、別途徴収している大学も多くあります。
また、本学は、休学時は学費を徴収しないほか、原級留置時も学費を軽減する制度を設けていますが、休学時に学費を徴収したり、原級留置時にも通常の学費を徴収したりする大学もあります。
このように表面上の学費のみならず、隠れた費用支払いについても、できるだけ皆さんの負担が軽くなるように、精いっぱい努力しています。引き続きご理解をよろしくお願いいたします。
なお、家計の事情(急変含む)等がある場合には、学費の分納や延納の相談にも臨機応変に対応いたします。

*学生の皆さんへお願い
せっかく支払った学費を無駄にしないよう、授業には、やむを得ない事情がある場合を除き、できるだけ全て出席しましょう。その他、教員の指導や学生支援などについても、有効活用してください。

参考.国の高等教育負担軽減制度が来年度から開始
国が導入を予定している高等教育負担軽減制度(私立大学の授業料は約70万円を上限に減免)は、2020年度の入学者だけでなく、同年度、2年次~4年次に進級する学生も対象になります。所得要件と学習状況や意欲などにより、支援の可否が決定されるとのことです。

今、村上の町は熱い!本学も熱い! オープンキャンパスの日です。

今日は、令和の時代になって最初、そして本学にとっては今年度最初のオープンキャンパスの日。今まさにプログラムが進行中です!

空は澄み渡り、汗ばむくらいの陽気になっています。村上の初夏の風物詩である北限のお茶の新芽の摘み取りが、数日前から始まりました。そして、村上の町は、今盛り上がっています。国内最大規模の屋内スケートボード施設である「村上市スケートパーク」が完成したばかりで、昨日今日明日(5月10~12日)と、スケートボードの日本選手権が開催されています。今日は、平野歩夢選手も故郷での競技に参加されているとのことです。さらに、新しく皇后さまになられた雅子さまのゆかりの地である本市は、祝賀ムードにあふれています。雅子さまのおしるしのハマナスの花は、本学のロゴマークにも活用されています。

さて、今日のオープンキャンパスですが、皆さんに、来てよかったと感じてもらえるような企画をたくさん用意しています。学科の説明、入試の説明はもちろん、専攻ごとの体験プログラムも、趣向を凝らしたものを用意しています。おいしいランチも付いています。本学の優しくあたたかい先輩や先生方の話も直接聞くことができます。

そして、先ほど急遽、決めたことがあります。それは…思いがけずに飛び入り参加してくれた昨年度の卒業生に、本学のいいところを、ランチタイムに紹介してもらいます。彼女は、「本学のいいところならすぐにでも、100個言える、本学で学んで本当に良かった」と熱く語ってくれました。今日は時間の関係で全部は紹介しきれないと思いますが、うれしい限りです。

参加された皆さん、どうぞ、今日一日楽しんでいって下さい。皆さんの進路の選択肢のひとつに本学を加えていただけましたら幸いです。

また、今日参加できなかった方、参加しようか迷っていた方、次回のオープンキャンパスは6月8日(土)です!

連休が終わり学内には日常が戻ってきました

あれもしよう、これもしよう、と思って始まった大型連休も、あっという間に終わってしまいました。後半は晴天に恵まれ、気温も上昇しました。最終日の昨日(5月6日)は、「立夏」だったそうで、暦通り、夏の気配を感じられる陽気になりました。

連休中、私は日頃の運動不足を解消しようと、意識して歩き回る日を多く設けました。近場でも新たな発見をする日々でした。

さて、連休中に、もう少しブログを更新したかったのですが、あまりできなかったので、4月中の大学の主な出来事のうち、まだアップしていなかったものを、まとめて記載させていただきます。

4月19日(金)大学基準協会による大学評価実務説明会に参加(拓殖大学 文京キャンパス)してきました。7年に1度以上の受審が義務となっている外部認証評価を、本学は来年度が受審年度となっており、そのための申請書類を今年度中に作成しなければなりません。書類準備の具体的な手順やスケジュール、受審を経験した大学からのアドバイスや事例報告等があり、非常に参考になりました。会場の拓殖大学には、会議の開始時刻よりだいぶ早く到着したため、学内を見学させていただきました。学食でお勧めのランチをいただいたあと、最上階にある、おしゃれなウッドデッキの展望テラスに行きました。天気も良く、スカイツリーや東京タワー、高層ビル群など、都心の景色を一望することができ、短い時間でしたが、とてもリフレッシュすることができました。

4月23日(火)長年続けているソフトスチーム研究の今年度の予定について、ソフトスチームの機械を操作していただいている方と打ち合わせを行いました。

4月24日(水)新任教職員研修会の講師を担当しました。今年度は、例年以上に多くの入職者があり、年齢や経験もさまざまな方たちですが、それぞれに、強いやる気を感じることができました。

4月25日(木)新潟大学のURA(研究活動を効果的・効率的に進めていくために、プロジェクトの企画・運営、知的財産の管理・運用等の研究支援業務を行う人材群であるリサーチ・アドミニストレーターのこと)3名が来学され、融合研究、産学連携研究等についての情報をいただきました。 夕方~夜は、瀬波温泉の旅館で、新任教職員の歓迎会がありました。ひとりひとりのスピーチは、非常に個性的で楽しませていただきました。これから、いっしょに頑張っていきましょう。

4月26日(金)学生会総会が開催され、会の冒頭で、前年度の学長賞表彰対象となった学生https://nur.ac.jp/president_blog/diary/1261/
を表彰させていただきました。また、26日は、今年度からリニューアルした、学内教職員対象の学長裁量経費(研究費)申請書の締め切り日でした。4件の申請がありました。

今日5月7日から、大学にも学生たちが登校し、賑やかな日常が戻っています。

令和の時代も学生教育の改善に努めていきます

当地は運よく、令和の初日の出を拝むことができました。新しい時代が始まりました。今日は近くの神社にも参拝してきました。この時代が良い時代となりますように…

新天皇陛下が「即位後朝見の儀」で述べられた、「常に国民を思い、国民に寄り添いながら」というお言葉が、とても心に響きました。大学の教員にあっては、「常に学生を思い、学生に寄り添いながら」ということが大切と考えます。

本学では開学以来、学生による授業評価アンケートを実施しており、教員ひとり一人に学生目線での気づきを起こさせ、授業改善へ向けての努力を引き出しています。しかし、記述式、選択式のアンケートのみでは形式的な内容しか把握できない恐れがあることから、昨年度より、各専攻の学生の代表と教員数名が、対面でのミーティング形式で、授業改善に向けて話し合う機会を設けています。学生にはリラックスした環境で本音を言ってもらうために、ランチタイムに軽食を提供しながらの会としています。

今年度は、去る4月18日(木)に、FD/SD委員会主催で約75分間、密度の濃い授業改善ミーティングを実施し、私も教員メンバーの一人として参加しました。学生からの意見で印象的だったのは、「教員が学生を鼓舞するつもりでかけている言葉が、学生にとってはかえってやる気をなくす言葉になってしまうことがある」、とのことで、具体的な言葉かけの例も、聞かせていただきました。本当に、教員なら普段、何気なく言ってしまいそうな言葉であったことから、新しい気づきを得ることができました。

さて、本学のある村上市は、新皇后雅子さまのゆかりの地でもあります。雅子さまのお印は、村上市の花でもある「ハマナス」です。そして、2017年に制定した本学のロゴマークも「ハマナス」をモチーフとしています。https://nur.ac.jp/about/logo/

新しい時代に、本学も、本学で学ぶ学生達も、大きな花を咲かせることができるよう、教員は日々努力を続けていきます。