サンタ認定証をいただきました!

昨日、11月16日、一足早く学内で第1号のサンタさんになりました。本学(図書館)でサンタプロジェクトを開始して今年で7年目となり、私のサンタ認定証も毎年の分がたまり、(ミニツリーとともに)学長室に並べて飾ってあります。一番手前のが、今年のサンタ認定証です。手作りのかわいらしい認定証です。

サンタプロジェクトについては、本学の図書館ブログをご覧ください。https://nur.ac.jp/lib/10051/

心身に何らかの困難さを抱えている子どもたちに、メッセージ付きの絵本や児童書をプレゼントすることで、クリスマスの日に、夢や希望を与えるプロジェクトです!

趣旨に賛同される方は、ご協力いただけましたら幸いです。

講義のひとコマから~味覚と風味~そしてコロナ

医療学部の全専攻生対象の選択科目として、摂食・嚥下障害学概論を担当しています。身近な話題や興味あるテーマなどを取り入れ、将来に就く職業如何にかかわらず、日常生活でも役に立つような内容を盛り込むように工夫をしています。また、スライドやプリント、教科書等を用いた平面的な講義のみならず、自ら体験する場面等も設けて印象に残るよう試みています。

先日は、“おいしさ”をテーマにした講義を行いました。おいしさは、摂食嚥下障害のある方や高齢者などで食が細くなっている方々にとって、食の改善に繋げる重要なポイントであります(最も重要なことは、「安全であること」ですが、それと同じくらいに「おいしいこと」、「適切な栄養を補給すること」などを重要ポイントとして挙げることができます)。おいしさは食欲に繋がり、食べたい、食べようという、積極的な摂食行動となり、むせや誤嚥の頻度(低下)にも影響することが確認されています。

講義では、おいしさを構成する要素として、さまざまな項目について解説しました。その中で味覚と風味の違いについても触れました。これは、実際に自分自身で体験するのが一番よくわかります。りんご味、オレンジ味、マスカット味、いちご味、マンゴー味、ピーチ味、メロン味…などと書かれた包み紙に入った飴を、鼻をつまんだ状態で舐めてみると…りんご味、オレンジ味…はするでしょうか??あれ?○○味って舌で感じていたのではないの?と不思議に思うかもしれません。○○味に鼻って関係するの?と思うでしょう。実は、○○味は味覚ではなく風味です。舌で感じることができるのは味覚(味覚には、塩味、酸味、甘味、苦味、うま味の5種類の基本味があり、多くの食物の味は、これらのいずれか、あるいはその組み合わせとして表現されます)ですので、鼻をつまんで飴をなめると、舌で飴の甘さは感じられるものの、匂いが関係する風味の○○味はわからなくなるのです。講義では学生たちに実際に飴をなめて体験してもらいました。

風邪をひいて鼻が詰まると、食事がおいしくなくなるのも、上記の理由が少なからず関与しています。最近では、新型コロナウイルス感染症で、嗅覚・味覚障害が起こるといわれていますが、「基本味の障害による味覚障害」なのか「嗅覚(匂い)障害の影響による風味障害」なのか、「両者が混在している」のか、区別して症状を訴えている人がどの程度いて、それらの割合がどうなっているかについては、調べた限りデータが見つからないのでわかりません。

曽我ひとみさんにいただいたブルーリボン

10月27日、90分の時間を使って、学部1年生を対象とした「拉致問題啓発セミナー」を開催いたしました。新潟県国際課拉致問題調整室の方々からのお取り計らいにより、講師には、曽我ひとみさんをお迎えすることができました。当日のセミナーの模様は、地元テレビ2局のニュースにも取り上げていただきましたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

曽我さんには、佐渡市役所の小田相談員が随行していらっしゃいました。また、県からも担当者の方々に大勢お越しいただきました。当日は秋晴れで、海の波も静かだったので、曽我さんたちが佐渡から海を渡って村上までお越しいただくにも、絶好の日和だったと思います。しかし、曽我さんをはじめ拉致被害者の方々は、拉致された際に、袋に詰められて、小型の船に乗せられ、暗い中、長時間、海を渡って北朝鮮まで連れていかれたと考えるだけで、胸が痛みます。

本学は数年前から毎年、拉致問題を考える県の巡回パネル展の会場を提供してきました。今年も今の時期に、学生のアクティブラーニングエリアに、いくつかの写真や資料を展示しております。私自身も学長室のドアの前に、「必ず取り戻す!」という、横田めぐみさんの赤と白の市松模様のかわいらしい着物姿の写真を使ったポスターを、ずーっと貼り続けています。曽我さんも小田さんも、私の部屋のドアのポスターを目ざとく見つけてくださいました。

さて、当日、私は、残念ながら、同時間帯に自分自身の講義が入っていたために、直接、生で、曽我さんの学生へのお話を聞かせていただくことが叶いませんでした。しかし、曽我さんの話されている場面を録画することについて許可を得ることができたため、記録された動画を期間限定で学内に公開させていただくことになり、私もその動画を拝聴させていただきました。それを見て、曽我さんは、話をする内容を医療系学生向けにアレンジして準備してくださったことがわかりました。曽我さん自身も拉致された当時は看護の仕事をされていて、現在は介護職に就かれているとのこと。ひとつひとつ重みのある言葉を噛みしめて聞くことができ、曽我さんがこれまで経験されてきた北朝鮮での様子や情景が、目の前に浮かんでくるかのようでした。しかし、実際は、私たちが想像もつかないような大変な苦労をされたのだと改めて感じました。

学生達も、この日のために事前学習を行い、曽我さんへの数々の質問を用意しておきました。後半は、質疑応答タイムとなり、最後は拉致問題の早期解決に向けた署名に大勢の学生達が賛同してくれたようです。

曽我さんとは、講義の前後に、お話をする機会がありました。これまでのイメージ通り、実際も非常に気さくな方で、落ち着いてしっかりした素敵な方との印象を受けました。私とも年齢が非常に近く、お母さまのミヨシさんが心配との話しをさせていただいた時には、お互いに涙ぐみそうになってしまいました。

私も曽我さんの目の前で、署名をさせていただきました。そして、手作りのブルーリボンをいただきました。強い思いの込められたブルーリボンです。いただいてから、私も毎日、携行しています。被害者の方々全員が元気な姿で、一日も早く帰国できる日が来ることを願っています。

~ブルーリボン~ ブルーリボンは、空と海(特に日本海)の青い色=ブルーに由来し、「近くて遠い国の関係である、日本と北朝鮮の間で、空と海だけが国境無しに続き、拉致被害者とその家族や日本人が空と海を見上げて、同時に無事再会の時を願う意思表示」を意味するとのことです(福井県ホームページより)。

 

大学へも温かい支援が続々と…

今週15日から、学生の分散登校を開始しました。学生たちの姿を見ることができ、少しホッとしました。大学は学生が主役です。学生たちが活動していない場所は、大学キャンパスとは言い難いものでありましたから…

さて、コロナ禍にあって、本学へも、私の学生時代の同級生が、続々と支援品を持ってきてくれています。「教職員の皆さんで使ってください」と… ありがたいことです。そして、支援がきっかけとなって、思わぬところで数十年ぶりの再会も実現できています。

15日には、長岡市に本社のあるオンヨネ株式会社(スキー、スノーボード、野球、サイクルウェア、レインウェアなどのアパレルウェアを製造販売)の社長(高校時代の同級生)が、スポーツタイプの日焼け止めを大量に持ってきてくれました。マスクをしていると、覆われていない部分のみが日焼けしてしまうので、使ってください、とのことでした。女性教職員を中心に、ありがたく使わせていただきます。

また、オンヨネさんは、フォトルミネセンス構造を応用した新世代の繊維であるA.A.TH ®を使用したスポーツウエア、リカバリーウエア等も手掛けていらっしゃるそうです。A.A.TH ®︎繊維は、抗血栓繊維®︎の商標を持ち、用いられている技術は、「抗血栓性を有する白金含有セラミックス生成物及びそれを含む物品」として、特許取得済みとのことです。

新型コロナウイルス感染症の急性憎悪の原因の一つとして、血栓の関与が示唆されています。また、避難所生活等におけるエコノミークラス症候群にも血栓が関与していることが明らかになっています。A.A.TH ®︎繊維は、抗血栓作用があるということから、それらの疾患への応用に対しても期待が持てるかもしれません。リハビリ分野における活用の可能性を含めて、今後、本学でプレゼンをしていただく約束もしました。

学生の学びを保障するための基本方針

来週から、学生たちが約2か月ぶりに登校してきます。分散登校ではありますが、少しずつキャンパスに活気が戻ってきます。遠隔授業ですべてをまかなうことは難しいと思いますので、対面授業等を取り入れながら補っていきます。特に、新型コロナウイルス感染症に関連した「感染対策授業」を10回シリーズで全学年全専攻に分けて開講いたします。新しい試みです。

そして、本学では、新型コロナウイルス感染症に対する、学生の学びを保障するための基本方針を以下の通りとしています。

<基本方針>

1、正確な情報を迅速に共有・対応・発信する。2、本学からクラスターを発生させない(本地域を感染から守る)。3、困窮している学生の支援(心身の支援、経済的支援)を手厚くする。

正確な情報を迅速に共有・対応・発信する。

状況は時々刻々と変化するため、国や県からの通知は、学長が責任をもって、昼夜問わず即座に学内教職員関係者にメールで通知します。

迅速な対応のための学内会議(審議・情報共有組織)

・コロナ対策本部会議 週1回 ・大学運営委員会 月1回 ・教授会・研究科委員会 月1回 ・他各員会(教務委員会、情報セキュリティ委員会、学生支援企画委員会 その他)

学生への迅速な情報発信

・学生ポータルサイト

学生及び保護者、一般の方への迅速な情報発信

・大学ホームページ News&Topics及びバナーを設置「新型コロナウイルス感染症への対応一覧」 ・SNS(ブログ、ツイッター、フェースブック) ・保護者宛文書通知

本学からクラスターを発生させない(本地域を感染から守る)。

現時点で本地域に感染者はいないものの、第2波、第3波に備えた対策が必要です。万一、感染者が出た場合も、クラスターを発生させないよう、日ごろから感染防止対策を徹底させます。地域にも、本学で作成したフェースシールドを提供します。

6月15日からの、本学における学生の対面での授業、クラスミーティング等に際し、次のような事項に留意します。

分散登校、時差登校、検温(非接触型体温計準備済み)、手指消毒、マスク着用(実習時等は必要に応じフェースシールドも)、換気(45分ごとのチャイム)の徹底、大教室のみ使用し間隔を空けて着席、休憩時間等の滞留場所指定、授業ごとに消毒セットを教員が講義室に持参し使用器具類や教室の消毒の徹底、新型コロナウイルス感染症に関連した感染対策授業を10回シリーズで全学年全専攻に分けて開講、感染症対応マニュアルをホームページと学生ポータルサイトに掲載

困窮している学生の支援(心身の支援、経済的支援)を手厚くする。

大学ホームページに、「学生支援に関する窓口」のバナーを設置しています。https://nur.ac.jp/students_support/ 「学生生活に関すること」「健康や悩みごとに関すること」「勉強や学修に関すること」「就職や進路に関すること」などに関する支援内容、支援部署、連絡方法等を掲載しています。学習センターでは通常の来室による相談に代わって、メール、電話、Teamsを利用したオンラインによる相談も受け付けています。

経済的支援

・公的支援:「高等教育の修学支援新制度」 「日本学生支援機構の貸与型奨学金」 「緊急特別無利子貸与型奨学金」「「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』」

・本学独自の支援:

  • 授業料納付にかかる延納・分納(従来から)
  • 本学独自給付型奨学金等(従来から): 医療学部奨学金(学部) ・卓越した学生に対する授業料減免(学部)・指定校特待生(学部)・地域特待生(学部)・高大連携特待生(学部) ・特待生制度(大学院)
  • 支援金・支援品提供(コロナ対応)

学生みんなが、安全、安心の状態で学生生活を送り、学ぶことができるよう願っています!

サクラパックス(株)様からダンウォールを寄贈していただきました

コロナ禍にあって先行きが見えない現状において、ネットやSNS上には、さまざまなモノやコトに対する不平不満や攻撃の文言が飛び交っています。しかし、今できることで、お互いに助けたり助けられたりと、協力してこの難局を乗り切っていくことが大切です。

昨日(5月19日)、サクラパックス(株)新潟事業所様(本社は富山県富山市)から、デスク間に設置できる段ボール製飛沫防止パネル「ダンウォール」を15組、寄贈していただきました。以前に、NHK(TV)でも取り上げられた商品です。

このたびの寄贈は、私の高校時代の同級生である、同社の新潟事業所の鈴木隆様より、お声がけいただき、実現したものです。

早速に、組み立て、事務局に設置させていただきました。サイズ調整が可能となっており、幅80cmから140cmまで(狭い机から広い机まで)調整ができます。事務職員からは「すごくいい」、「欲しかった」と大好評でした。本当にありがとうございました。

同級生のつながりは大切ですね。お土産として、いっしょに持ってきていただいた、6年前の同窓会時の写真も、懐かしく拝見させていただきました。

テレワークをして…雑感

新型コロナウイルス感染症が蔓延するのに伴い、私たちの生活は急激に大きく変わりました。そして、いったん収まりかけているように見える現在においても、新しい生活様式を順守するようにという…

しかし、新しい生活様式の意味を理解できない方、行いたくとも行えない方、など世の中には、新しい生活様式に従った暮らしを実行できない方々も、少なからずいることを忘れてはいけません。

本学では、そのような方々を含め、心身に困難を抱えている方々に寄り添って支えていくことができる、弱者の心の杖となる人材を養成しています。

新しい生活様式の中では、勤務形態として、テレワークも推奨されています。本学でも、大学の主役である学生さんたちがキャンパスに不在となっている今の時期は、教職員は大学出勤とテレワークを柔軟に取り入れています。

私がテレワークをする場所(PCを置いている場所)は、自宅のリビングルームにある犬小屋のすぐ脇です。PCは低いテーブルの上に置いているので、床に座って、犬と同じ目線のレベルで作業をしています。もうすぐ3歳になる2代目マルチーズ、日中はケージの中でおとなしく過ごしています。

テレワークの日は、普段なら対面の会話を行って短時間で解決することも、連絡手段としてメール等を使用することになるため文字入力が必要になり、相手の表情や言葉のトーンがわからないため微妙な感じが伝わりにくかったり、必要な資料が手元になかったりと、ちょっと効率が悪いこともあります。しかも、際限なくPCに向かってしまうことも多々あります。

メール連絡といえば…文科省からの連絡は、以前は郵送が主でしたが、スピードが求められる近年は、メール連絡が先行することが多くなっています。本学の事務局担当者のみならず、私自身も、国や県からの連絡メールを、大学でも自宅でも受け取とれるように設定しています。

文科省からのメールは夜遅くや深夜に届くことも多く、かつ、あとから訂正や差し替えが届くことも度々で、現場の大変さが推測されます。高等教育負担軽減制度新設に際し、及びこの度のコロナ対応に際し、特にそのように感じます。調査のためのメールも多く、緊迫している最近では、回答までの期限も1~2日と早い対応が求められます。そのような状況のため、私自身も情報や連絡を早く直に受け取ることができるようにと、アドレス設定をしているのです。

制度をひとつ新しくする、新しいひとつの事象に対応する…に際しても、上からの指示はひとつでも、そのための実務作業は膨大なものがあります。昨今の文科省からの連絡・通知の状況からも、実際に作業に当たっている方たちの大変さが見え隠れしています。仮に急いで9月入学に移行する場合、それに伴い30以上もの法改正が必要となってきた時にどうなるか…、現場でスピードが求められ作業する方たちの大変さと混乱ぶりは……想像以上のものとなるでしょう。そして、それらの混乱の影響を最も被るのは、子供たちや家庭、学校現場です。

学生の皆さんの登校開始に向けて準備を進めています

新潟県を含む39県で緊急事態宣言が解除されました。重苦しくギスギスしていた空気が、少し和らいだような感じもします。しかし、ここで気を緩めることのないよう、再度ひきしめて、感染防止対策の継続・強化が必要ですね。

本学では、現在、学生の皆さんとは、対面で会えない中、Microsoft Teamsを活用したオンラインゼミや個別面談を実施しています。さらに、学生の皆さんには、各授業科目より出された学習課題に取り組んでいただいています。

このあと、6月1日からは、Microsoft Teamsを活用した遠隔授業を実施していくほか、6月15日からの週の間に、学年・専攻別にクラスミーティングやゼミ等のための登校日を設けます。そして、その後は、遠隔授業のみでは足りない部分の補講や実験・実習を中心とした授業等を徐々に実施していきます。前期はすべて遠隔授業のみ、という大学も多いようですが、本学では、学生の皆さんの学習の機会や環境を、可能な限り充実させるために、必要な感染対策を十分に講じながら、学内での対面授業を適宜、取り入れていきます。

コロナウイルスとは長い期間、共存していくことが必要になりそうですし、今後、第2波や第3波がやってくるともいわれています。できる時にできることを最大限実施していく、しばらくは遠隔授業と併用しながら、そのような授業運営になっていくと思います。

学内では、毎週定期的にコロナウイルス感染症対策本部会議(学長、副学長、学部長、学生部長、研究センター長、大学事務局長、他のメンバー構成)を開催し、学生の皆さんに、いかに安全で効果的な学習環境を提供できるかについて、議論を重ねています。

さて、学生の皆さんに、再登校開始後にお渡しする、生活支援品のサンプルの写真を掲載しました。すでにお知らせしている通り、支援金1万円のほか、生活支援品として村上市の特産品(いわふね産こしひかり、村上茶葉入り鮭ふりかけ)及び、実習時に必要となってくるフェースシールドです。フェースシールドは学内にて3Dプリンターを活用しながら、心を込めて製作しています。そして、フェースシールドは、地域の必要とされる方々へも提供する予定としています(地域への提供は6月中旬以降を目途に準備します)。

ソーシャルディスタンス?~心の距離は縮めよう~

新しい生活様式にあるソーシャルディスタンス(ソーシャルディスタンシング、社会的距離)の目安は、2m(最低でも1m)と言われています。

本来、「ソーシャルディスタンス」は、社会学用語で、特定の個人やグループを排除するという意味があるそうです。一方、「ソーシャルディスタンシング」は、公衆衛生戦略を表す用語で、疾病の感染拡大を防ぐため、意図的に人と人との物理的距離を保つことを意味するそうです。しかし、わが国では「ソーシャルディスタンス」の用語が一般化しています。

新しい生活様式の社会的距離は、物理的距離(フィジカルディスタンシング)のみを指すものであって、不安が渦巻く今の社会において、心の距離(これも社会的距離の1つ)は、むしろ縮めることが必要です。

本学の教育理念は「人の心の杖であれ」です。「杖」は、人から離れていては機能しません。人に寄り添って、しっかりと支えてあげることこそが、最大の使命です。

5月末までの休校期間中、学生の皆さんは登校することができませんが、私たち教職員と心はゼロメートルの距離で繋がっています。オンラインで、ゼミ担当教員が週1回以上はミーティングを持ちます。それとは別に個人面談も実施します。また、専攻の代表教員が専攻ごとに専用の携帯電話(メール、電話対応)を所持しています(コロナ以前より、本学の夜間、休日の緊急相談体制としています)。さらに、カウンセラー等によるオンラインの相談体制も準備中です。不安な事や相談したい事などがあったら、どうぞ遠慮なく。

本学では、学生の皆さんの心に寄り添う、重層的な支援体制を設けています。

遠隔教育のための通信環境整備に対する支援金及び生活支援品の支給について

本学でも、医療学部学生・保護者の皆さまへの経済的支援(遠隔教育のための通信環境整備に対する支援金及び生活支援品)の準備が整いましたので、本日5月8日付でホームページに、情報をアップしました。https://nur.ac.jp/news/9012/

保護者の皆さまへは、同様の文書を郵送いたします。

学生の皆さまへの支給は、6月第2週に設定する登校日以降に、ゼミ担当教員を通じてひとり一人の状況を確認しながら手渡しさせていただきます。

なお、生活支援品のひとつである「いわふね米」につきましては、私が共同研究をしている村上市高根 高根フロンティアクラブ会長の鈴木信之様経由で調達させていただきました。