学生8名が小中学生と100km完歩しました

8月3日の大学ブログhttps://nur.ac.jp/blog/campaslife/2378/で紹介がありました、今年で3回目となる「関川子どもチャレンジ100」。本学と包括連携協定を締結している、人口5,500人弱の岩船郡関川村(村上市に隣接)の小中学生十数名が、村内37㎞と越後米沢街道64㎞を4泊5日で歩くチャレンジイベントです。今年は8月6日から10日まで実施されましたが、サポート役で参加した本学学生8名といっしょに、予定通り10日の夕方に全員無事100km完歩し、ゴールはとても感動的だったとのことでした。全県的なマスコミ報道等はされていませんが、とても素晴らしいイベントだと思います。

100㎞歩く冒険を通して、子どもたちが自分の可能性に挑戦し、連帯感、達成感等を味わい、協調性や頑張る力、信頼感などを育んでもらうことを目的に村の教育委員会が企画し、自衛隊員の協力も得ながら実施されているものです。本学学生たちは、それぞれの専門の学びを活かして、小中学生の心身面でのサポートを担いました。本学学生を慕って寄り添ってくる子どもたちがいて、本学学生たちも彼らの面倒をとてもよく見ていたと報告を受けました。

今年は気温の高い日が続いていて熱中症等の心配がありましたが、予防のための飲み物やタブレット等も十分準備していきました。そして、全員きっと完歩してくれるものと信じていました。子どもたちも学生たちも、それぞれの目標を達成したことで自信が付いてたくましくなり、大きく成長したことと思います。

5期食べる力をつけるフォローアップ教室終わりました

おととしから地域の高齢者を対象に開講している「食べる力をつける教室」も5期まで進み、先月、好評のうちに終了しましたが、そのフォローアップ教室を8月1日に開催いたしました。正規の教室から少し間を空けての教室開催でしたが、再び参加者の皆さんの元気なお顔を拝見することができました。

教室の初回と最終回(10週目)に採取したさまざまな「食べる力」に関する個人データをお返しし、ご自身で、データがどのように変化したかを確認していただきました。併せて、高齢者の一般的な平均値や必要な力などを示しながらデータの見方について解説いたしました。いくつかの機能が大きく改善された方、初めから機能がわりとよかったために、数値の伸びがそれほど多くなかった方など、さまざまでしたが、高齢期は何もしなければ機能が衰えていく一方の中で、機能維持ができているということだけでも有意義なことだと思います。加えて、参加者の方々からは、「この教室に通ってよかった、とても楽しかった」などの声をいただけ、当方もうれしく思います。

5期の教室には、先日このブログでも紹介した90歳のHさんをはじめ、最長発声時間の記録保持者でお経を読んで訓練しているというIさんや、むし歯が一本もなく噛み合わせや口の中の環境も非常に良いOさん、ご夫婦でいつも仲睦まじくまじめに取り組まれていたSさんなど、印象に残る方々にご参加いただきました。5期の教室が終わっても、トレーニングや口腔ケアを継続していただけるよう、フォローアップ教室では、トレーニング用具を追加で差し上げました。

次期6期の教室は9月26日から毎週水曜日全10回の予定(最終回は11月28日)で開催いたします。厳しい暑さが一段落する時期から始め、本格的な雪が降る前までに終わる、という比較的天候が穏やかな時期を選んでいます。継続参加、新規参加いずれもお待ちしています。「詳細なご案内」及び「参加申し込み用紙」は地域の老人クラブ様経由で差し上げています。

高等教育コンソーシアムにいがた理事会に出席してきました

少し前のことになりますが、7/26(木)に新潟大学松風会館において、平成30年度第1回高等教育コンソーシアムにいがた理事会が開催されました。この会は、実質上、新潟県内の学長(大学・大学院大学・短大の学長、高等専門学校の校長含む)会議に相当するもので、毎年、春~夏と秋~冬の年2回開催されています。ここ数年、春~夏の会は会長校である新潟大学で、秋~冬の会は持ち回りにより当番校で開催されています。一昨年度までは午後に行っていた会議ですが、昨年度から午前中に組まれるようになりました。

新潟県は南北に長く本州部分(佐渡、粟島を除く)の海岸線の長さは約331kmもあるとのこと。その北端近くに本学があり、南端近くにも別の大学さんがあります。同県内であるにもかかわらず、端の大学からもう一方の端の大学への移動距離は相当長く時間もかかってしまいます。そういったこともあり、毎年の第一回の会議を、長い海岸線の中央付近に位置する新潟市で固定して開催するのは理にかなっているのかもしれません。また、気温が高くなる前の午前中に会議を済ませる事ができ、その後の時間も大学に戻って有効活用できる点では、県北端の遠方から出席する本学にとってはありがたいことです。

理事会では議事や報告事項はスムーズに終わりました。そのあとの意見交換会では、昨年度実施する予定にしていて叶わなかった、「県知事や県の関係者と学長との懇談会の開催」等について取り上げられ、実現に向けて内容等含めて調整していくことになりました。

90歳の素敵なHさん(食べる力をつける教室)

連日の酷暑で、心身ともに負担の多い日々が続いています。高齢者や小さなお子さんは特に大変のことと思います。お気を付け下さい。

さて、このブログでもたびたび紹介してきた、地域の健常高齢者を対象とした「食べる力をつける教室」の第5期のプログラムが18日(水)で終了し、あとは8月1日(水)のフォローアップ教室(データ返却と解説、その後の経過フォロー)を残すのみとなりました。

教室に参加して下さる方々は、いずれも熱心でパワフルな方が多く、どの方も強く印象に残っているのですが、中でもひときわ、輝いているHさんを、本ブログで紹介しましょう。

Hさんは90歳の女性です。3期の教室から今回の5期の教室まで、連続で参加して頂いているリピーターの方です。体がお元気なのはもちろん、気持ちもとても若くいらっしゃり、いつも素敵な、ちょっとしたアクセントのあるお洋服で通っていらっしゃいます。しかも、遠方から…路線バスを2本乗り継いで、天気の良い日はバス停をひとつ越えて歩いていらっしゃいます。歩くのは苦にならず、普段の食事の用意もご自分でなされ、しかも自宅にある畑で自ら無農薬野菜まで栽培していらっしゃる…先日頂いたきゅうりは、とても立派な大きさで、もいだばかりとのことでみずみずしくおいしかったです。また、ある時は、カバンの中に学校案内が記載されている受験雑誌をしのばせていらっしゃり、「このような本もお読みになるのですか?」と尋ねたところ、「見ているとおもしろくて飽きない」との回答が返ってきました。現役時代は教師をされていたHさん、気持ちもとてもお若いのです。

そんなHさん、さすがにこの暑さの中、教室の帰り道を、バスの乗り継ぎと徒歩で…というのは酷だろうと、教室スタッフの教員が、車でご自宅までお送りさせていただいたところ、その場で畑から、きゅうりをもいで(上述)、お土産にいただいてきたのです。大学の私のところまで、送迎のお礼のお電話をいただきました。本当にすばらしく素敵な方で、私が逆に元気のパワーをもらっています。

8月に総合防災訓練が実施されます

各地で自然災害が猛威を振るっています。地震に、記録的大雨に… 連続して集中して同じような地域に被害が集中しています。被災地の皆さまは本当に大変のことと思います。

年々、自然災害による被害は、広範かつ甚大化してきています。しかし、災害というものは、いつどこで起きるか、わかりません。自分のところだけは大丈夫ということはなく、常に防災意識を高めておく必要があります。今回の一連の大雨では、新潟県北地域には影響がなかったものの、本県はまだ梅雨明けしておらず、例年、梅雨末期のこれから、7月中旬~8月に豪雨被害が頻発しています。油断は禁物です。地震についても同様です。

そんななか、今夏、大地震と大津波を想定した、大規模な「平成30 年度新潟県・村上市・粟島浦村総合防災訓練」が実施されます。防災関係機関相互の緊密な連携体制を構築し、併せて地域住民の防災に対する意識の高揚を図り、地域住民と防災関係機関との連携や協力体制の強化を図ることが目的とされています。村上市会場 は8月26 日(日)午前8時から正午まで、粟島浦村会場は9月3日(月)午後1時から3時まで、が予定されています。村上市会場での実施日は、学生にとっては夏季休暇中の日曜日になりますが、本学からも、一部学生や教職員が訓練に参加する予定にしております。

先週土曜日の新リハ祭は盛況のうちに終了しました

学生会主催の新リハ祭(学園祭)の様子について、少し報告が遅くなりました。6月最後の先週土曜日、当地はまだ梅雨は空けていませんが、真夏のような強い日射しが照り付けるなか、本学の校舎内外で新リハ祭が開催されました。小さな子供たちからお年寄りの方々まで非常に大勢の地域の方々、それから学生や教職員のご家族の方々にもお越しいただきました。ご来場、本当にありがとうございました。楽しんで、満足していただけましたでしょうか?

私も数々の催し物に熱中するあまり、当日の写真を撮ることを忘れてしまいました。そのため、本ブログに掲載した写真は、新リハ祭のパンフレットの表紙(表裏)になります。赤くメラメラと燃え上がるような熱気が感じられる表紙で、実際の当日の雰囲気も、学生たちの強い意気込みが伝わってくるものでした。

リハビリテーション心理学専攻のリラクゼーション法を体験させていただきました。そのあとで、スマホのアプリでストレス度合いをチェックということだったのですが、驚きの結果が出てしまい…

模擬店では各専攻各学年で心を込めて準備した食べ物、飲み物が販売されていました。定番の主食から、おかず、デザートまで、時間をかけて全部食べつくそうと思ったのですが、途中でおなかがいっぱいになってしまい、回れないブースもありました。行けなかったところは、ごめんなさい。どれもこれも、学生たちの温かい気持ちが添えられていて、おいしいスパイスになりました。

野外特設ステージでは、若さとエネルギ―が炸裂する数々のパフォーマンス(軽音、ダンス、カラオケ等)を見ることができました。司会進行役の実行委員長さんも、気配り上手で名司会でした。素晴らしい一日をありがとうございました。

新潟県大学魅力向上支援事業に今年も選定されました

平成30年度の新潟県大学魅力向上支援事業には、5月15日に申請書を提出し、6月12日に新潟県自治会館でプレゼンテーションを行ってきました。このたび、審査結果の通知があり、今年度も本学の事業が選定されたとのことでした。事業タイトルは「村上地域の伝統産業と食産業を活用した実践型教育プログラムの試み」です。

村上でしか学ぶことのできない、村上にある大学だからこそ体験できる、地域の特色を生かした伝統産業や食産業等をカリキュラムに組み入れて、実践型の教育プログラムの活用を推進していきます。

内容の一部は、4月25日の学長ブログhttps://nur.ac.jp/president_blog/diary/1033/と、6月14日の学長ブログhttps://nur.ac.jp/president_blog/edu/1085/にも掲載済みです。

本事業は「産業界と連携した実践型の教育プログラム」分野での申請・採択であり、大洋酒造様と村上高等職業訓練校様と連携させていただき実施する教育プログラムになっています。3つの小事業から構成され、大洋酒造様との連携により①作業活動分析と作業環境の改善②認知症カフェでの回想法による認知機能の向上、村上高等職業訓練校様との連携により、③村上木彫堆朱の作業療法における木彫の手法への応用を実施いたします。さらには、一連の活動を動画に記録し、作成した動画を情報発信ツールとして活用・広報していきます。

写真は6月9日に本学で開催した認知症カフェの一コマ(座位での体操場面)です。まだ本事業における甘酒の試みは実施していませんでしたが、この日は懐かしい童謡の歌唱などもあり、参加者の皆様はとても楽しそうでした。カフェには認知症予防のためにと、元気な方たちも大勢参加いただいています。今後も地域の皆様方のご参加をお待ちしています。

TV「新潟の大学・短大そこが知りたい2018」で本学が紹介されました

6月23日(土)午後4:00~4:54、BSN(新潟放送)テレビで、「新潟の大学・短大そこが知りたい2018」が放送されました。番組内では本学含めて新潟県内5つの大学・短大の紹介がありました。この番組は数年前から、年1回この時期に放送されていますが、本学は2016年度から企画に参加し、今年で3年目となりました。

今年は、企画が持ち上がってから、撮影~編集に至るまでの期間が非常に短かったので、どうなることか心配の部分もあったのですが、最終的には、うまくまとまったようでした。

紹介された大学の中では、本学は一番小さい大学で、華やかさや気の利いた演出はなかったかもしれませんが、飾り気のない素朴な暖かい雰囲気を感じ取ってもらえたのではないかと思います。見逃したという受験生の方、そして、ばっちり見たという受験生の方も、是非、このあと7月・8月に開催されるオープンキャンパスにお越し下さい。また、地域の方々も含め、次の週末6月30日に開催される学園祭も覗きに来て下さい。

なお、本番組は、隣県の福島県、山形県、富山県でも7月に放映されるそうですので、同地域にお住まいの方は、下記の日時にご覧ください。(※放送日時は都合により変更される場合があります。)

<福島県>放映日 : 2018年7月16日(月・祝)14:53~15:47   放送局 :TUF(テレビユー福島)

<山形県>放映日 : 2018年7月16日(月・祝)14:55~15:49   放送局 :TUY(テレビユー山形)

<富山県>放映日 : 2018年7月31日(火)24:36~25:30   放送局 :TUT(チューリップテレビ)

認知症カフェで甘酒はいかがでしょうか?

ここ数日、6月にも関わらず最高気温が20℃まで達しない肌寒い日が続いています。こんな日は、冷たい飲み物より温かい飲み物が欲しくなります。

さて、皆さんは甘酒をお好きでしょうか?甘酒は温めても冷やしても、どちらでもいける飲み物です。どちらかというと、冬、お正月などに熱々を飲むイメージがありますが、かつて江戸時代には、夏の栄養ドリンクの一種として、もてはやされていたそうです。最近はブームが再来し、「飲む点滴」としても注目を浴びています。甘酒は天然のブドウ糖の甘みにビタミン・ミネラルがたっぷり含まれていて滋養豊富であり、かつ、特に中・高齢者にとっては、子どもの頃に親しんだ、なつかしい味わいのある飲み物だと思います。私も、子どもの頃、冬に雪で作った「かまくら」の中に入って飲んだ記憶があります。

本学では、毎月1回土曜日、年間を通じて、認知症(オレンジ)カフェを開催しています。認知症カフェは、認知症のご本人やご家族、地域住民、専門職など、認知症に関心のある誰もが気軽に集まり、仲間づくりや情報交換を行う拠点として全国的にも広がりをみせています。高齢化が進む我が国では、7年後には5人に1人が認知症になるともいわれており、その対策として推進されているものの1つが認知症カフェの普及です。

本学における認知症カフェでは、当事者同士が交流できるゲームやアクティビティなどに、学生のアイディアが活かされ、学生がカフェの運営に協力してくれています。若い学生と参加者との交流は、とりわけ当事者にとって新鮮な刺激となり大きな効果が期待されます。

そんな本学の認知症カフェで、秋から、村上市の地元酒蔵の大洋酒造さんとタイアップして、甘酒を提供致します。当事者の皆さまには、甘酒をきっかけに昔を思い出してもらい、その思い出を語ってもらい、学生がこれを傾聴します。甘酒体験により懐かしさが湧出したり、その他の感情の変化があったりするかについて聞き取り、認知機能全般に変化がもたらされるかについて調査致します。認知症予防事業に用いられているいわゆる回想法による効果を期待しています。

  • 回想法による効果

・認知症予防事業にも用いられ、効果のあることが報告されています。・昔のことを回想してもらうと、海馬や前頭葉が活発に刺激されます。・他人とコミュニケーションを取りながら行うことにより、前頭葉がさらに活性化し、認知症の進行抑制・治療効果も期待できます。

  • 甘酒により期待される効果

・昔懐かしい飲物を使用することで「味覚」「嗅覚」をはじめとする「五感」が刺激され、より回想法の効果が高まります。・認知症カフェの場で、みんなとコミュニケーションを取りながら実施することで、より高い改善効果が期待できます。・最近は豊富な栄養成分が着目され、体にも良いと言われています。

なお、上記計画につきましては、平成30年度新潟県大学魅力向上支援事業に申請した内容の一部となります。

研究成果報告書をホームページに掲載しました

平成27~29年度の3年間にわたって実施してきた私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「地域高齢者の日常生活機能を向上させるプロジェクト」(本ブログでもたびたび取り上げた「食べる力をつける教室」と「転倒予防教室」に関するプロジェクトです)の研究成果報告書と研究成果概要が完成し、先日、文部科学省に提出させて頂きました。あわせて、本学ホームページの、大学紹介>地域連携>地域における研究プロジェクト、のページに、その内容(研究成果報告書129ページ、研究成果概要前半20ページ分。両者は一部、異なる内容を含んでいます。)を掲載致しましたので、ご覧下さい。https://nur.ac.jp/about/project/

研究成果報告書は冊子体を作成しています。冊子体をご希望の方は、上記リンク先にある、お問い合わせ先メールアドレスまでご連絡頂けましたら幸いです。

なお、上記教室は、プロジェクト期間終了後も、引き続き開催を続けています。