(2020年度入学生より)学部カリキュラムの改正について

理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の養成カリキュラムが約20年ぶりに改正され、2020年4月の入学生から適用されます。

1966年に制定された国の「理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則」(指定規則)は、数年~十数年ごとに改正されてきましたが、直近の大きな改正は1999年に行われて以来、ありませんでした。前回1999年の改正時に比べ、介護保険制度の施行(2000年)や地域包括ケアシステムの推進など、本領域は大きく変化し、PT・OTの活躍の場も、大きな広がりをみせています。そのため、今回は、時代のニーズに応える質の高い専門職を養成するために、必要不可欠な内容となるように見直しを行ったとのことです。本学も新しい指定規則に則った新カリキュラムを構築し、文部科学省に提出済みです。

今回の見直しの大きなポイントは「総単位数」「臨床実習のあり方」「専任教員の要件」です。

1,「総単位数」:8単位増、「画像評価」「多職種連携」などが必修化
総単位数はPT・OTともに8単位増の「101単位以上」となり、職場管理や職業倫理などを学ぶ「理学療法管理学・作業療法管理学」が新設されます。また、「画像評価」「多職種連携」「予防」などが学ぶべき事項として明記されました。 臨床実習の単位数についてはPTでは2単位増の20単位、OTでは4単位増の22単位となります。しかし、臨床実習の単位数が増加した一方で、臨床実習の1単位の時間数については「40時間以上、ただし実習時間以外に行う学修等がある場合には、その時間も含め45時間以内」と上限が新たに設けられ、臨床実習時の学生へのレポート等課題の過重負担への対策がとられることになりました。

 2,「臨床実習のあり方」:患者担当型から診療参加型へ
臨床実習は見学実習、評価実習、総合実習で構成されます。このうち評価実習と総合実習については「診療参加型臨床実習が望ましい」との記述がガイドラインとして追加されました。「患者担当型」は、学生が一人の患者さんを担当し、評価項目や介入プログラムを自ら考え、レポートを提出し,その内容を指導者が評価する方法で、学生の実習時間外の負担が大きいとの問題が指摘されていました。 「診療参加型」は、実習指導者の監督・指導の下で学生が診療チームの一員として加わる方法で、評価や介入の方法を学生ではなく現場の専門職が考えますので、学生の負担は軽減されます。 また、実習を行う場所については、現行の3分の2以上を「病院または診療所」で行うという条件が緩和され、3分の2以上を「医療提供施設(介護老人保健施設なども含む)」で行うことになります。さらに「訪問または通所リハビリテーションに関する実習を1単位以上行うこと」との規定が追加されました。臨床実習指導者の要件については「5年以上の経験」に加え厚労省が指定した講習会の受講が必須となります。

3,「専任教員の要件」

PT・OTとしての5年以上の業務経験に加え、厚労省が指定した専任教員養成講習会の修了が必要となります。

なお、この新カリキュラム適用から、5年をめどに再び見直すとのことです。今後、急速に高齢化が進行し、また、AI技術が進むにつれ、私たちを取り巻く社会は大きく変化すると予測されています。未来を見据え、新しい社会でも活躍できる専門職を養成するために必要な教育を、継続して考えていくことが大切です。

大学入試センター試験、そして入試シーズン本格化

令和2年を迎え、早くも半月が経ちました。今週末の18,19日は、現行の仕様が最後となる大学入学者選抜大学入試センター試験(略称:大学入試センター試験)が実施されます。

例年、当地における同試験の日は、降雪・積雪や強風など悪天候に見舞われることが多いのですが、現時点での天気予報は、晴れ曇りです(今冬の当地は、今まで経験したことがないくらいの暖冬で、しかも雪を見ていないのです…)。雪国の受験生(及び当日に監督等として対応に当たる教職員)にとっては、悪天候による交通機関の乱れや遅刻の心配等が少し減るという意味では、天気が味方についてくれているようです。

令和3年1月からは新しい共通テスト「大学入学共通テスト」に移行されます。とはいっても、大きく模様替えされる予定だった部分は、突然の中止通達により、大きな混乱が生じています。来年度受験される皆さんはもちろん、準備にあたる大学も振り回されました。変更、変更、変更の都度、「いついつまでに○○についての大学の見解を出してほしい」という要請が幾度となくありました。

来年の入試はどうなるのだろう…という不安は、多くの受験生(来年度以降の受験生のみならず、今年度の受験生含む)が抱えていることで、今年度の受験生は、できれば今年度中にどこかの大学に合格を決めたいという気持ちが強くあると聞いています。実際に、今年度の入試の様相が安全志向になっている、志願状況が例年と異なっている、というような情報もあります。

本学では大学入試センター試験利用入試を、昨年度までは2回の実施でしたが、今年度は3回と増やしました。最後の最後まで「受験⇒合格」のチャンスを設けました。本学が気になる受験生は是非、チャレンジしてください。現在は、「大学入試センター試験利用入試Ⅰ期」すなわち3回のうちの1回目の出願を受け付けています。https://nur.ac.jp/news/8333/

それから、来年度からの国の新入試制度に備え、本学では一足早く「総合型選抜入試」も実施します。https://nur.ac.jp/news/8355/

謹賀新年

謹賀新年

当地は雪もなく、暖かく穏やかな年の初めを迎えています。

今年は、例年にも増して、大忙しの年になりそうですが(以前のブログに記載の通り、今年の本学は、いくつもの大きな計画を予定しているため)、皆さんの協力を得ながら、計画成就、目的達成を目指して、一層の努力を行っていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

かの稲盛和夫氏は、中村天風の次の言葉を、JALの社員たちに告げたそうです。

「新しき計画の成就は、ただ不屈不撓(ふとう)の一心にあり。さらばひたむきに、ただ想え、気高く、強く、一筋に。」

どんな大きな夢も遅々たる一歩一歩を積み重ねた果てに、やっと成就する、すべては、想いから発する、とのことです。

~成功を強く想い続けていたいと思います。