令和2年度入学式を挙行しました

新型コロナウイルスとの戦いは長期戦になると言われています。感染のピークについても、いくつかの波に分かれてやってくることも予想されています。

幸いなことに本学がある村上市には感染者がまだいませんが、今後、他地域より遅れて感染が発生する場合があることも考えられます。日々変わる状況において、都度、さまざまなことを想定しながら、より良いと思われる大学運営の方針を模索しています。

本学としては、本地域の状況が落ち着いている今のうちに、やれるだけのことを細心の注意を払いつつ行っていくという方針について、昨日4月6日の、本学「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」でも再確認しました。小規模大学であり、出身地も近隣地域の学生が多い、ということからも、むしろ大学で管理できる範囲に学生を置いて、しっかり指導していきたいと思っています。もちろん、命があってこそ、命・健康が第一という考えが大前提にあることは変わりありません。命・健康を最優先にしつつ、今、学生にとってどうしてあげることが良いのか、連日、議論を続けています。

一方、東京や周辺部で感染が拡大しています。本学としても、ワンステップ進んだ、より厳密な対策をとらなければならないという共通認識のもと、新たな感染対策を、日々追加し続けています。その意味では、新たな対策の実行が優先で、ホームページでの情報更新の方が間に合っていない場合もあります。

そして、本日、4月7日、無事に令和2年度入学式を挙行できましたことを報告いたします。関係する皆さまにおかれましては、今後ともご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。