東北師範大学人文学院ご一行を歓迎いたしました

新年度の慌ただしさにかまけて、すっかり、ブログの更新を怠っていました。4月中にあった主な出来事等を、連休中に少しずつ掲載していきたいと思います。

まずは、10日ほど前のことになりますが、4月17日、隣国の中国(吉林省長春市)より、東北師範大学人文学院(东北师范大学人文学院)の理事長 穆樹源様、人文学院院長 呂英華様、福祉学部健康福祉学院院長 劉玉錦様、健康福祉リハビリテーション学科主任 劉世文様、国際交流処通訳 橋本新往様 ご一行が来学され、歓迎・交流の場を設けさせていただきました。大学ブログにもレポートがありますので、ご覧ください。https://nur.ac.jp/blog/region/2595/

東北師範大学人文学院とは、2017年12月6日に、日中共通教育プロジェクトに関する協定を締結しております。協定に基づいて、お互いの学生や教員の交流を活発にし、国際的にも優れた医療人の育成を目指していくべく、意見交換を行いました(写真)。その後、本学の学内実習等の授業も見学いただきました。

当日は素晴らしい晴天になりました。桜もちょうど満開でした。村上市内観光も満喫され、宿では、美しい日本海と夕日、夕焼けを鑑賞されました。

本学に来学される前には、仙台市にある東北福祉大学を訪問され、本学の後は、千葉市にある淑徳大学を訪問されるとのことでした。両校とは、以前より協定・交流があり何度か訪問されたことがあるとのことで、今回は、初の訪問となる本学を楽しみにされていたと聞き、うれしくなりました。

翌18日は、村上市長を表敬訪問され、新潟駅から上越新幹線経由で千葉に向かわれました。日本での旅程は、さらに続き、その後も各地への訪問を計画されているようでした。