大学院(村上・東京)新入生オリエンテーションを行いました

春爛漫、当地は桜が満開です(写真左)。そして春は新しい生命が輝く季節でもあります。生まれて間もない(3月31日誕生)白い毛のゴマフアザラシが、お母さんアザラシといっしょに、泳ぎの練習をしています(写真右 4月6日に新潟市水族館マリンピア日本海にて、手前がお母さん、奥が赤ちゃんアザラシ)。生後3~4週の授乳期間が終わると白い毛は抜け、ゴマ模様に変わるとのことで、同水族館で真っ白なアザラシの姿が見られるのは、今の時期(4月下旬頃まで?)限定のようです。

さて、大学にも新入生が入ってきて、入学式から早くも10日が経ちました。そろそろ新しい生活にも慣れてきたことでしょうか?

大学院では5日に村上キャンパスで、8日に東京サテライトキャンパスで、新入生オリエンテーションを実施しました。開学以来、長年、大学院の研究科長を務めている私は、大学院オリエンテーションも毎年、中心になって開催しています。

オリエンテーションでは、学生便覧・修士論文関係要綱・講義概要の冊子や、スライド、プリント資料等を用いて、たくさんのことを駆け足で説明しました。新入生たちはこれから、講義に修士論文研究に、忙しい日々が始まることと思います。社会人の方々が多いですので、仕事や家庭とのバランスに留意しながら、各自の目標に向かって進んでいってください。