新入生宿泊研修を行っています

新年度が始まり、早くも20日が過ぎました。

そろそろ大学生活にも慣れてきた?新入生たちには、仲間や教職員と、よりいっそう親睦を深めるとともに、まもなくやってくる大型連休後も学修意欲や目標へ向かうモチベーションを維持・向上させる、という目的を兼ね、昨日(19日)と今日(20日)宿泊研修を行っています。数日前に、リニューアルオープンしてきれいになったばかりの、新潟県青少年自然の家(本学のある村上市に隣接する胎内市)を利用させていただいています。本研修は昨年度(昨年度は新潟市の施設を利用)から実施していますが、今年度の日程は、残念ながら私は東京出張と重なり、研修には参加できませんでした。レポートは、今後の他のブログを期待していただければと思います。

昨晩(19日)は、平成最後の満月を雲の切れ間から眺めることができました。4月の満月は、ネイティブアメリカン由来で「ピンクムーン」と呼ばれるそうで(月がピンク色に輝くわけではありません)、そう思って眺めると、月の表情までかわいらしく見えてきます。

「平成最後」という言葉が、あちこちで飛び交っています。これからの出来事や行う事の多くが、平成最後になっていきます。残り少ない平成の日々を大切に過ごしていきたいものです。