大学院東京サテライトキャンパスを紹介します

先日、入学試験を実施するために訪れた、大学院東京サテライトキャンパスを紹介します。同キャンパスは、東京秋葉原の繁華街から少し進んだ中央通り沿いのTOKENビル4階にあります(写真左は入り口前の看板、右はTOKENビルの側から中央通りをはさんで向かいにあるビル群)。

そこでは、社会人で、かつ、開設する履修コースと関連する職種の資格をお持ちの方を対象に、週末を中心とした対面講義と、自宅や職場からでも学べるWEB講義を開講しています。コースワークを2年(通常履修)~3年(長期履修)で履修していただき、随時の研究指導(メール等でのサポートを含む)を受けて研究・論文を完成させ、修士の学位を目指す場となっています。

1学年の在籍者は、開設している2コース合わせて5~7名程度であり、各院生に合わせて丁寧な個別指導を受けることもできます。また、村上本校の教員の講義受講もWEB等を通じて可能であり、村上本校での研究発表の機会も設定しています。現在開設している履修コースは、高次脳機能障害コースと運動機能科学コースの2コースですが、2020年度から、さらに新しい履修コースを開設すべく、準備を進めています。

北は北海道から南は沖縄まで、高度で専門的な学びを求めて、臨床現場の第一線で活躍されている方たちが集まってきています。全国各地からのアクセスが良い場所に立地しているのですが、本学の教職員でも行ったことがない方が多いようなので、私がいつも利用しているJR秋葉原駅(東京)からの経路を紹介します。

キャンパスは、JR秋葉原駅とJR御徒町駅の中間か、やや御徒町駅寄りにありますが、私はたいてい、賑やかなJR秋葉原駅を利用します。電気街口から改札を出て、中央通りに進みます。秋葉原は、いつ行っても、国際色豊かな若者の熱気が感じられる街です。人混みをかき分け、AKB48劇場のあるドン・キホーテ前をさらにまっすぐ進み(このあたりが中間地点?)、少し人が少なくなってきたあたり(中央通り沿いながら静かな場所)に、サテライトキャンパスのあるTOKENビルがあります。ここまでゆっくり歩いても10分かかるか、かからない程度です。

新年度から教員が一名増え、開室時間も増えますので、まだ行ったことのない教職員の皆さまも、近くにご用があるときに立ち寄って見たらいかがでしょうか?また、2020年度以降(2019年度入学者用入試は終わりました)に入学を希望される方、あるいは、科目等履修を希望される方(こちらは2019年度分も、まだ受け付けています)は、随時、村上本校まで(本学ホームページ上にあるお問い合わせフォームもしくは電話を利用して)お問い合わせください。科目等履修生の後に本専攻に入学される場合は優遇措置もあります。