私立大学等改革総合支援事業(文部科学省、日本私立学校振興・共済事業団)への申請準備中です

今年度も「私立大学等改革総合支援事業申請」の時期がやってきました。とはいっても例年より1か月ほど遅い募集により、申請書の提出期限もタイプ1~4の申請の場合、106日という、遅めの設定になっています。

 本事業の趣旨は、「教育の質的転換や、産業界・他大学等との連携、地域におけるプラットフォーム形成による資源の集中化・共有など、特色化・機能強化に向けた改革に全学的・組織的に取り組む大学 等を重点的に支援する。」で、支援対象校の選定は「私立大学等改革総合支援事業調査票」の回答内容をもとに点数化し、一定の点数以上の 大学等を選定する、となっています(文科省ホームページより)。

 ■タイプ1「教育の質的転換」(全学的な体制での教育の質的転換(学生の主体的な学修の充実等)を支援。)タイプ2「地域発展」(地域社会貢献、社会人受入れ、生涯学習機能の強化等を支援。)タイプ3「産業界・他大学等との連携」(産業界や国内の他大学等と連携した高度な教育研究を支援。)タイプ4「グローバル化」(語学教育強化、国際環境整備、地域の国際化など、多様なグローバル化を支援。) ■タイプ5「プラットフォーム形成」<今年度より新設> 各大学等の特色化・資源集中を促し、複数大学間の連携、自治体・産業界等との連携を進めるためのプラットフォーム形成を支援。)

 タイプ2に申請する大学は「地方公共団体からの意見書」、平成25年度から平成28年度までに選定された実績のある大学については「私立大学等改革総合支援事業を契機とする取組状況」について、併せて提出が求められています。

 本学は、昨年度は、タイプ1と2を申請し、両方とも採択されています。採択率について、タイプ1は678校申請中362校採択で53%、タイプ2は407校申請中167校採択で41%でした。今年度も昨年度同様の採択を目指して、体制整備や根拠資料の準備等を進めています。

この記事をブックマーク/共有

8月26日のオープンキャンパス参加をお待ちしています!

8月26日のオープンキャンパスでは、特別企画として、国際セラピードッグ協会代表の大木トオル氏をお招きして「殺処分寸前を救助された犬達の感動の物語 よりそう力 医療・介護で活躍するセラピードッグ」と題した講演会が開催されます。例年、夏休み期間中のオープンキャンパスは賑わいがあり、とりわけ特別企画を設けた会では、大盛況となります。参加しようかと迷っている方…、百聞は一見にしかず、是非いらしてください。医療系の大学で、アニマルセラピー・動物介在療法を導入している大学は、あまりないのでは…と思います。本学は、医療系の中に、心理学の分野も取り入れていることから、このような企画を設けたり、実際のカリキュラムの中に取り入れたりすることが、比較的容易になっています。通常は、動物系の大学・専門学校で実施されている内容と思います。

 大木トオル氏は、ミュージシャンとしても有名な方で、受験生の保護者世代では、ミュージシャンとしての大木氏を知っている方も多いかも知れません。そして受験生世代では、小さい頃に、名犬チロリ(人間の虐待で脚に障害を負った雑種の捨て犬で、処分される寸前で大木氏に救われ、訓練の後、セラピードッグとして活躍した犬)の話を読んだこと、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?当地では、8月5日に放送された「動物ピース!!」というテレビ番組でも大木氏の活動が紹介されていました。現在は被災犬の保護にも尽力されているとのことです。

 オープンキャンパスでは、そのほかに、本学をよく知ってもらうための医療学部各専攻の企画や無料ランチも用意しています。皆さんのご参加をお待ちしています! 

 

 

 

 

この記事をブックマーク/共有

情報セキュリティー研修会が開催されました

心配された台風5号も通り過ぎ、昨日9日のAO入試プレゼミナールも滞りなく終えることができました。今日10日の本地域の空(青空に幾筋もの飛行機雲?が見えます)と大地はとても美しいです(写真)。明日の「山の日」から、大学教職員はお盆休みに入ります。

 さて、7日(月)に、本学では情報セキュリティー委員会主催の情報セキュリティー研修会が、全教職員を対象に開催されました。「情報漏洩の脅威」「重要な情報とは何か」「重要な情報持ち出し時の注意点」「セキュリティー対策」などについて、動画やスライドを使って学び、今後の本学のIT機器使用に関する方針や注意事項(情報セキュリティーポリシー)、誓約書の作成やPC/スマホ類のセキュリティーチェックについても説明がありました。

 情報通信技術が発達した現代社会では、大学においても一般企業や組織と同様に、適切な情報セキュリティー対策を取ることは、当然の責務であるといえます。そして、情報管理担当者だけでなく、一人ひとりの利用者が適切な知識を持つことが要求されます。本研修会は、休み明けにもまだ続きがあるとのこと。しっかり学んで、しっかり対策を行って行きたいと思います。

この記事をブックマーク/共有

夏の夜空を見上げてみると…

日中は猛暑が続いていて、暑さ(熱中症)指数も連日「危険」域に達しています。とはいうものの、夕方になり川原に出てみると、心地よい自然の風が吹いていて、クーラーなど必要ありません。8/5(土)、8/6(日)は、お祭りの打ち上げ花火を遠くに眺めながら、川原で夕涼みしました。

 趣向を凝らした花火もあり、写真は遠くてぼやけていますが、一瞬で変化し消えていく、さまざまな柄のうち、タイミング良く撮ることができた「ネコちゃん柄の花火」です。

 夜空を彩る花火のついでに、頭を真上方向に向けてみると、そこには夏の大三角(はくちょう座デネブ、わし座アルタイル、こと座ベガの3つの星を結んで描かれる細長い大きな三角形をしたアステリズム(星群))を構成する星たちがひときわ明るく輝いているのが、はっきりと見えました。2週間前に星になったばかりの、新しく小さい愛犬の星も「あれかなこれかな」と探しました。

この記事をブックマーク/共有

新潟県大学魅力向上支援事業に申請した課題が採択されました!

以前のブログでも、本事業(平成29年度新潟県大学魅力向上支援事業)に申請するということを記載しておりましたが、申請した課題が「採択された」との通知が届きました! 昨日の高等教育コンソーシアムにいがた理事会の会場でも採択の内示をいただいておりましたが、さらに正式な通知も届きました。

 事業タイトルは「新潟県北地域における課題解決型教育プログラムの実施」です。このプログラムの本学独自の特徴としては、①今年度に単発で行う事業ではなく、昨年度から継続実施しているものがほとんどであるとともに、課題解決が済むまでは来年度以降も、関わる学生が交代・引継ぎをしながら継続して実施していくプログラムであるということ、②医療学部1年生全員の必修科目として実施しているプログラムであるため、任意のボランティアとは違って、学生全員が必ず地域の課題のいずれかに取り組む必要があり、その成果は単位として認めていること、等を挙げることができます。

 たとえば、次のような多彩な活動の支援と課題解決を行います。①岩船中学校チャレンジウォーク②村上市立特別支援学校運動会③村上大祭④岩船甚句踊り⑤荒川の自然を考える⑥七夕祭り⑦関川子どもチャレンジ100⑧岩船地区ソフトボール大会連盟秋季大会⑨岩船中学校体育祭⑩駅伝大会⑪村上笹川流れ国際トライアスロン大会⑫老人クラブ連合会ペタンク大会⑬岩船スポーツフェスティバル⑭岩船商工業会女子会 ⑮左義長⑯地域活動支援センター支援⑰認知症サポーター養成講座⑱認知症カフェ

 学生による成果発表会のほか、昨年度に地域再生大賞を受賞された村上市のNPO法人「都岐沙羅(つきさら)パートナーズセンターの担当者の方による講演会等も予定しています。本事業による地域での活動のさらなる展開と発展、地域における本学の役割の強化等を期待しています。

この記事をブックマーク/共有

高等教育コンソーシアムにいがたの理事会に参加してきました

8/3(木)は、新潟大学松風会館において、平成29年度第1回高等教育コンソーシアムにいがたの理事会が開催されました。この会は、実質上、新潟県内の学長(大学・大学院大学・短大の学長、高等専門学校の校長含む)会議に相当するもので、毎年、春~夏と秋~冬の年2回開催されています。ここ数年、春~夏の会は会長校である新潟大学で、秋~冬の会は持ち回りにより当番校で開催されています。いつもは午後からの会議なのですが、今回は(長岡祭りの大花火大会の日程を考慮して??)午前中の会議でした。

 いつもながらに、会での議事や報告事項はすんなりと終わりましたが、そのあとの意見交換会で白熱した議論が交わされました。この度の会では、「県知事や県の関係者と学長との懇談会の提案」「医療系分野における他職種連携の学びの機会をコンソーシアムで提供すること」「高大接続事業のこと」などが議論のテーマとして提供され、今後も引き続き検討を行っていくことになりました。

この記事をブックマーク/共有

学生はもうすぐ夏休みが始まります!

「夏休み」という言葉の響きがとても懐かしいので、本ブログでは「夏休み」の語を使用させて頂きます。

 専攻や学年、履修状況によって若干、日にちは異なりますが、今週末から9月中旬まで、学生たちは夏休みに入ります。夏休み期間中も国家試験対策のため、自主学習のため…などさまざまな理由で大学に来る学生も例年大勢います。そして、この期間も4年生の臨床総合実習はそれぞれの実習病院で続き、新たに1年生の臨床見学実習も9月から始まります。さらには、科目によっては再試験があったり、4年生の就職相談会があったり、オープンキャンパスのお手伝いをしてくれたりする学生もいます。夏休みなのに帰省してこない…とご心配の遠方にお住まいのご家族の方もいらっしゃるかも知れませんが、このような事情がある場合もあることをご考慮ください。

 夏休みでも実習や行事等があるとはいえ、いつものような連続した講義はありません。学生たちには、今、青春のまっただ中にいるこの瞬間を大切に、思い切り夏休みをエンジョイして欲しいと思います。まとまった休みがあるのは学生の特権、大学時代が最後のチャンス?です。

 と同時に、くれぐれも事件や事故に巻き込まれないように気を付けて下さいね。しかし、今の世の中、いくら注意をしていても防ぎようのないアクシデントに遭遇することもあるかもしれません。緊急の際は、夏休み期間中であっても、事務局やゼミ担当教員など、大学にも可能な限り速やかに、連絡のつく手段で連絡を下さいね。お盆期間中は事務局もお休みになりますので、ゼミ担当教員に連絡をお願いします。

 そして、最後にお願いです。夏休み中であっても、新潟リハビリテーション大学の学生であるという自覚を持ち、責任ある行動を常に心がけてくださいね。

この記事をブックマーク/共有

本日オープンキャンパス、AO入試のプレゼミナール申し込みも受け付け中です

当地の梅雨は、いまだ明けないようで、今日は、じめじめとした天気になっています。そんなうっとおしさを吹き飛ばすかのような、元気いっぱいの学生達や教職員がおもてなしをするオープンキャンパスを本日、開催致します。事前に申し込みをしていない方でも、急に参加したくなったという場合は、飛び入り参加も可能です。どうぞいらしてください。

 本日は保護者向け相談会も開催致します。また、AO入試のプレゼミナール申込期間でもあるため、AO入試に関する個別相談はもちろん、その場でプレゼミナール参加申し込みもできますよ! 自宅で申込用紙を書くのが面倒だという場合も、盛り上がった勢いのあるオープンキャンパス会場だとスイスイ書けるかも知れません。迷っている方も是非、オープンキャンパスに参加して本学のすべてを体感し、納得の上、申し込んで下さいね。

 では、オープンキャンパス、それからAO入試プレゼミナール申し込み、お待ちしています!

この記事をブックマーク/共有

7/29(土)オープンキャンパスお待ちしています

本ブログの更新が久しぶりになってしまいました。

 当地は、数日間、大雨洪水警報の発令が続いていましたが、今日は朝から真夏の太陽が照りつけています。近隣地域では、記録的な大雨や崖崩れ等に見舞われたところもあり、全国ニュースでも、ここ「村上」の地名が盛んに報道されていました。ご心配になられた方もいらっしゃると思いますが、本学地域は全く被害もなく、通常通りの体制です。全国各地で豪雨被害が広がっているようです。被害にあわれた方々には、お見舞い申し上げます。さて、そろそろ梅雨明けも期待される(本ブログを書いている朝6時現在ではまだのようです)ところですが、天候不順な折、体調管理には十分お気をつけ下さい。

 本学では、今週末29日(土)にオープンキャンパスを予定しています。例年、夏休み期間中のオープンキャンパスは盛大で内容も充実しています。無料送迎バスも随所から出ていますので、興味のある方は是非ご参加下さい。受験生のみならず、保護者やご家族の方、そして高校一年生や二年生からの参加も大歓迎です。詳細は本ホームページ上の特設ページをご覧下さい。多数のお申し込み、参加をお待ちしています!

http://nur.ac.jp/examination/open_campus/

当日にならないと予定が分からないという方は、当日直接、会場に飛び入り参加でも大丈夫ですよ!

この記事をブックマーク/共有

大学基準協会への報告書を作成しています

暑い日が続いています。熱中症と突然の豪雨にお気をつけ下さい。

 さて、本学は平成25年度に、大学認証評価機関である「大学基準協会」の大学評価を申請し、「適合」の認定を受けています。「適合」と認定された大学は、いっしょに付された「改善勧告」や「努力課題」について、その後の改善状況に関する報告書を、結果通知を受けてから3年後までに作成・提出することになっています。これは、同協会が大学の改善・向上のための支援を継続的に行うために実施しているとのことです。本学はこの7月末日に、改善報告書の提出締め切りを迎えるため、現在、報告書の作成が山場を迎えています。報告書のようなものは、一貫した内容を記述する必要があるので、数名で手分けして記述するよりは、ひとりの人が同一課題の記述に取り組んだ方が、スムーズです。もちろん、課題改善のためには、全教職員の協力なくしては不可能なことです。ですから、私自身、皆さんのこれまでの苦労と努力に感謝しながら、記述を進めています。

 改善報告書は、提出後、同協会の大学評価委員会の下に設けられた改善報告書検討分科会において、その改善状況が評価されます。評価の結果は、「改善報告書検討結果」としてとりまとめられ、さらに改善が必要であればその旨が指摘され、その場合は、次の大学評価(7年ごとの受審が求められています)の際にその改善状況の報告が必要になるとのことです。

 努力課題と改善勧告は定義が異なっており、前者は「大学としての要件は充たしているものの、理念・目的・教育目標の達成に向けた、一層の改善・改革の努力を促すために提示するもの。提言を受けた対応をとることが強く望まれるが、提言に対してどのように対応するかは原則として各大学の判断に委ねられる。ただし、その対応状況について報告が求められるもの。」後者は「法令違反など大学としての要件を充たしえていない、あるいは、改善・改革への取り組みが充分でないという事項に対し義務として改善を求めるもので、必ず改善・改革に取り組むとともに、その結果を報告することが求められるもの。」とのことです。(『大学評価ハンドブック 申請大学用・評価者用』81 頁 より)

 本学は、上記の定義で、より軽い方の「努力課題」のみが付されており、これまで改善に向けて絶え間ない努力を続けてきているため、課題はクリアしつつあります。

この記事をブックマーク/共有
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲