令和2年の終わりに…

令和2年は、新型コロナウイルス感染症の話題で明け暮れた一年でした。本学においても、緊急事態宣言の発令や日々変わる状況に対応するため、さまざまな情報を収集して、迅速かつ適切な判断を求められる毎日が続きました。学生の皆さんにも、いまだかつて経験したことのない、新しい大学生活をお願いせざるを得なくなりました。

幸いなことに、本学では、これまで学生・教職員ともに一人も感染者は確認されていません。関係する皆様の感染症対策への日々の努力に感謝いたします。

去年の今頃は、このような状況になろうとは、まったく想像もつかないことでした。そして、今も、この先、感染症がどうなっていくのか、そして、世の中がどう変化していくかは、予測することが難しいです。

そんないつもと違う年となった令和2年も残すところあとわずかとなり、今日12月28日は、本学でも仕事納めの日となりました。今年は忘年会も仕事納めの会も中止となり、年末も、いつもと違う寂しいものとなりました。

さて、私の学長としての2期6年間は、この3月末まで、ということになっていましたが、引き続き3期目あと3年間、続投させていただくことが決まりました。

https://nur.ac.jp/news/10404/

正直言って、この6年間は、大変なことが多かった、という心境ではありますが、この間に、専門分野や世代等の異なる多くの方々とも交流させていただくことができましたことは、かけがえのない経験となりました。

これからも本学の揺るぎない発展を目指し、皆様とともに着実に歩みを進めていきたいと思います。

皆様が、新しい年も健康であり続けられるよう、心から願っています。

本格的な冬到来近し(人も野鳥もウイルス感染拡大中)

寒さが日に日に増し、いよいよ明日以降、雪の予報となっている日が多くなりました。気温の低下に比例するかのように、新型コロナウイルス感染症は拡大の一途をたどっています。一方、近隣地域のクマの被害は減少傾向にあるかのように見えます。そろそろ冬眠でしょうか?(でもまだ油断は禁物!)

そして、人間界の新型コロナウイルス感染症拡大の一方で、野鳥の世界でも高病原性鳥インフルエンザウイルス感染が猛威を振るい続けているようです。

本学の近くにはハクチョウが飛来する池があり、日中、ハクチョウたちは周辺の田んぼで餌を探して啄んで過ごしています。傍目で見ていると、その姿は非常にかわいらしく愛らしく飽きることがありません。当地では日常的な秋~冬の光景として見慣れている「田んぼのハクチョウ」ですが、全国的には珍しいようで、以前、某TV番組では、珍百景として取り上げられていたこともあります。これらハクチョウたちも常にウイルス感染の危機にさらされているのです。

文科省からは、連日のように「高病原性鳥インフルエンザに対する対策等について」という注意喚起の連絡が届きます。野鳥との接し方は、次の通りとするようにとのことです。以下、環境省作成の「野鳥との接し方」より。

○ 死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、お近くの都道府県や市町村役場にご連絡ください。

○ 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

○ 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。

○ 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとしたりするのは避けてください。

鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、冷静な行動をとれば、過度に心配する必要はないようです(しかし養鶏業者等にとっては死活問題ですね)。

高等教育コンソーシアムにいがた理事会開催

皆さんは高等教育コンソーシアムにいがたをご存じでしょうか?昨年度以前より本ブログを読んでいただいていた方なら、「知っている」という方もいらっしゃると思います。昨年度のこの時期の理事会は、本学が幹事校(私が令和元,2年度の高等教育コンソーシアムにいがたの副会長となっているため)となって懇親会を含めて準備し、村上市内にある瀬波温泉の旅館にて開催いたしました。

当時のブログhttps://nur.ac.jp/president_blog/diary/1439/

高等教育コンソーシアムにいがたとは、新潟県のすべての高等教育機関が集まってできた組織です。そして、そのスケールメリットをいかし、相互に連携・協力していくことにより、大学等全体の教育・研究の質的向上と発展を実現し、地域における『知の拠点』として、その存在感を高めていくことを目的としています。なお、現在、新潟県内には高等教育機関が29(大学21(国立3、公立3、私立14、放送大学1)、短大5(私立)、大学院大学2(私立)、高等専門学校 1(国立))あります。新潟県の大学数の多さは、全国の都道府県の中でも上位にランクインされます。一方、高校生の大学進学率は低迷しており、専門学校進学率は全国トップという現状があります。

理事会は各機関の長(学長、校長)により構成される審議・決定機関で、毎年2回開催されます。第一部が審議事項、報告事項、第二部が意見交換会というのが通常時の流れでした。しかし、今年度は対面での開催が中止となり、12月9日に、各校をオンラインで結んでの会議となりました。懇親会は中止です。メインの意見交換会のテーマは、「各高等教育機関のコロナ禍における運営について(教育を中心に)」でありました。各校の特色ある取り組み、また共通した取組等の現状を直接、知ることができました。同じ新潟県の大学であっても、規模や立地等の条件により、授業運営の方針(対面、遠隔、ハイブリッド)等がまったく異なっていることを確認できました。どの大学も手探りで、さまざまな工夫をしている、それぞれの苦労話も聞くことができました。今年の大学運営は、例年にも増して本当に大変です…

しかし、一番大変なのは、学びのスタイルが急変した学生たち。そして入試改革のスタートとも重なった受験生と思います。皆さんが、このような時でも、良質な学びを続けていくことができるようにするためには、どのようにするのがいいのか、私は日々考え続けており、学内教員との議論も、いつまでも尽きることがありません。

サンタ認定証をいただきました!

昨日、11月16日、一足早く学内で第1号のサンタさんになりました。本学(図書館)でサンタプロジェクトを開始して今年で7年目となり、私のサンタ認定証も毎年の分がたまり、(ミニツリーとともに)学長室に並べて飾ってあります。一番手前のが、今年のサンタ認定証です。手作りのかわいらしい認定証です。

サンタプロジェクトについては、本学の図書館ブログをご覧ください。https://nur.ac.jp/lib/10051/

心身に何らかの困難さを抱えている子どもたちに、メッセージ付きの絵本や児童書をプレゼントすることで、クリスマスの日に、夢や希望を与えるプロジェクトです!

趣旨に賛同される方は、ご協力いただけましたら幸いです。

講義のひとコマから~味覚と風味~そしてコロナ

医療学部の全専攻生対象の選択科目として、摂食・嚥下障害学概論を担当しています。身近な話題や興味あるテーマなどを取り入れ、将来に就く職業如何にかかわらず、日常生活でも役に立つような内容を盛り込むように工夫をしています。また、スライドやプリント、教科書等を用いた平面的な講義のみならず、自ら体験する場面等も設けて印象に残るよう試みています。

先日は、“おいしさ”をテーマにした講義を行いました。おいしさは、摂食嚥下障害のある方や高齢者などで食が細くなっている方々にとって、食の改善に繋げる重要なポイントであります(最も重要なことは、「安全であること」ですが、それと同じくらいに「おいしいこと」、「適切な栄養を補給すること」などを重要ポイントとして挙げることができます)。おいしさは食欲に繋がり、食べたい、食べようという、積極的な摂食行動となり、むせや誤嚥の頻度(低下)にも影響することが確認されています。

講義では、おいしさを構成する要素として、さまざまな項目について解説しました。その中で味覚と風味の違いについても触れました。これは、実際に自分自身で体験するのが一番よくわかります。りんご味、オレンジ味、マスカット味、いちご味、マンゴー味、ピーチ味、メロン味…などと書かれた包み紙に入った飴を、鼻をつまんだ状態で舐めてみると…りんご味、オレンジ味…はするでしょうか??あれ?○○味って舌で感じていたのではないの?と不思議に思うかもしれません。○○味に鼻って関係するの?と思うでしょう。実は、○○味は味覚ではなく風味です。舌で感じることができるのは味覚(味覚には、塩味、酸味、甘味、苦味、うま味の5種類の基本味があり、多くの食物の味は、これらのいずれか、あるいはその組み合わせとして表現されます)ですので、鼻をつまんで飴をなめると、舌で飴の甘さは感じられるものの、匂いが関係する風味の○○味はわからなくなるのです。講義では学生たちに実際に飴をなめて体験してもらいました。

風邪をひいて鼻が詰まると、食事がおいしくなくなるのも、上記の理由が少なからず関与しています。最近では、新型コロナウイルス感染症で、嗅覚・味覚障害が起こるといわれていますが、「基本味の障害による味覚障害」なのか「嗅覚(匂い)障害の影響による風味障害」なのか、「両者が混在している」のか、区別して症状を訴えている人がどの程度いて、それらの割合がどうなっているかについては、調べた限りデータが見つからないのでわかりません。

高大連携校の生徒さんからお花を買いました

コロナ禍で人と人との交流が薄れ、楽しい思い出を作れぬまま、忙しい日々に翻弄された今年もあと2か月余りとなり、今日は立冬を迎えました。紅葉を過ぎると、野山や田畑の風景も茶色、灰色、白色などに限られてきます。こんな季節には、身の回りに鮮やかなものを飾って、気分を高揚させたいものです。

おととい、高大連携校である村上桜ケ丘高校の生徒さんが、授業の一環として温室で育てたという花々を、大学まで売りに来てくれました。殺風景で書類の山に囲まれ雑然とした学長室を彩ってくれる花々…いつも季節ごとに売りに来てくれ楽しみにしていたのですが、今回は、今年度に入ってから初めてとなりました。

薄い色、濃い色、優しい色、さまざまな色の花の中から、はっきりと強い発色の「赤いなでしこ」「黄色いパンジー」を選びました!

曽我ひとみさんにいただいたブルーリボン

10月27日、90分の時間を使って、学部1年生を対象とした「拉致問題啓発セミナー」を開催いたしました。新潟県国際課拉致問題調整室の方々からのお取り計らいにより、講師には、曽我ひとみさんをお迎えすることができました。当日のセミナーの模様は、地元テレビ2局のニュースにも取り上げていただきましたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

曽我さんには、佐渡市役所の小田相談員が随行していらっしゃいました。また、県からも担当者の方々に大勢お越しいただきました。当日は秋晴れで、海の波も静かだったので、曽我さんたちが佐渡から海を渡って村上までお越しいただくにも、絶好の日和だったと思います。しかし、曽我さんをはじめ拉致被害者の方々は、拉致された際に、袋に詰められて、小型の船に乗せられ、暗い中、長時間、海を渡って北朝鮮まで連れていかれたと考えるだけで、胸が痛みます。

本学は数年前から毎年、拉致問題を考える県の巡回パネル展の会場を提供してきました。今年も今の時期に、学生のアクティブラーニングエリアに、いくつかの写真や資料を展示しております。私自身も学長室のドアの前に、「必ず取り戻す!」という、横田めぐみさんの赤と白の市松模様のかわいらしい着物姿の写真を使ったポスターを、ずーっと貼り続けています。曽我さんも小田さんも、私の部屋のドアのポスターを目ざとく見つけてくださいました。

さて、当日、私は、残念ながら、同時間帯に自分自身の講義が入っていたために、直接、生で、曽我さんの学生へのお話を聞かせていただくことが叶いませんでした。しかし、曽我さんの話されている場面を録画することについて許可を得ることができたため、記録された動画を期間限定で学内に公開させていただくことになり、私もその動画を拝聴させていただきました。それを見て、曽我さんは、話をする内容を医療系学生向けにアレンジして準備してくださったことがわかりました。曽我さん自身も拉致された当時は看護の仕事をされていて、現在は介護職に就かれているとのこと。ひとつひとつ重みのある言葉を噛みしめて聞くことができ、曽我さんがこれまで経験されてきた北朝鮮での様子や情景が、目の前に浮かんでくるかのようでした。しかし、実際は、私たちが想像もつかないような大変な苦労をされたのだと改めて感じました。

学生達も、この日のために事前学習を行い、曽我さんへの数々の質問を用意しておきました。後半は、質疑応答タイムとなり、最後は拉致問題の早期解決に向けた署名に大勢の学生達が賛同してくれたようです。

曽我さんとは、講義の前後に、お話をする機会がありました。これまでのイメージ通り、実際も非常に気さくな方で、落ち着いてしっかりした素敵な方との印象を受けました。私とも年齢が非常に近く、お母さまのミヨシさんが心配との話しをさせていただいた時には、お互いに涙ぐみそうになってしまいました。

私も曽我さんの目の前で、署名をさせていただきました。そして、手作りのブルーリボンをいただきました。強い思いの込められたブルーリボンです。いただいてから、私も毎日、携行しています。被害者の方々全員が元気な姿で、一日も早く帰国できる日が来ることを願っています。

~ブルーリボン~ ブルーリボンは、空と海(特に日本海)の青い色=ブルーに由来し、「近くて遠い国の関係である、日本と北朝鮮の間で、空と海だけが国境無しに続き、拉致被害者とその家族や日本人が空と海を見上げて、同時に無事再会の時を願う意思表示」を意味するとのことです(福井県ホームページより)。

 

10月10日オープンキャンパスを開催しました

10月10日、台風14号の進路が当初の予測より南にそれ、今週中ごろに出されていた天気予報が週末(今日)にかけて、日に日に良くなっていきました。今日は傘の出番もなく、気温もちょうどよく(コロナ対策の換気も行いやすく)、当地はオープンキャンパス日和となりました。今回も対面形式とウェブ形式を併用しての開催となりました。

とはいうものの、対面の場合、感染防止対策の気を緩めることはできません。参加者の人数を絞り、各地からの無料送迎バスや昼食提供も中止とし、短い時間の中で、限られた体験しか提供することができません。

それでも、県外から自家用車を利用して保護者と一緒に参加していただいた高校生親子も数組いらっしゃいました。遠方の方も近くの方も、今年のオープンキャンパスは制限が多く、うまく本学を伝えきれていないところもあるでしょう。しかし、本学に興味を持っていただき、また、実際に足を運んでいただき、本当にありがとうございます。また、本学の学生スタッフ、教職員の皆様もお疲れ様でした。

各専攻とも工夫を凝らして密にならないように行いました。写真は、理学療法学専攻が体育館で説明している様子です。他学では、体育館に机と椅子を並べ、学生の定期試験を体育館で実施しているところもあるようです。通常の体制に戻れるよう、コロナの早い終息を願うばかりです。

ところで、今年度は、全国規模の学会や会議、展示会等の多くがウェブ形式に切り替わりました。地方にある大学にとっては、会場に行くまでの時間や交通費の節約となっています。対面で直接、議論することができないなどのデメリットもありますが、「ウェブもあり」という、コロナ以前では考えられなかった会議の在り方が広まっており、大きな変革が成し遂げられた年だと感じています。

秋卒業式を挙行いたしました

本日9月24日、当地では、心配された台風も進路を変え、秋の陽射しと涼やかな風が心地よく感じられる一日となりました。そんな中、本学では4回目となる秋卒業式を執り行い、4名の卒業生を送り出しました。

本学では、2017年度から秋卒業制度を設けています。本学の「秋卒業に関する規程」に基づき、当該年度の前期において、学則に規定する卒業要件を満たすことが見込まれる学生で秋卒業を希望する者は、審査により秋卒業が認められます。

感染症対策の一環として、式典には、保護者様の出席はご遠慮いただき、全般的に簡素化して執り行いました。春3月の卒業式とは、また、違った雰囲気で、卒業証書もひとりひとり全文読み上げて手渡しいたしました。

式典に華を添える生け花も、とっても秋らしく、ススキ、リンドウ、コスモス、花穂紫蘇などが、大きな花瓶にセンス良くアレンジされていました(写真)。

卒業生の皆さんには、今後、さらに大きく飛躍し、多方面で活躍されることをお祈りしています。

オンライン実地調査(大学基準協会による認証評価)を受けました

すべての大学に、文部科学省の認証を受けた機関による評価を義務付ける「認証評価制度」が2004年に導入されました。これにより、大学は7年に一度、認証評価機関に大学評価を申請し、評価を受けなければならなくなりました。大学評価は、大学教育の「内部質保証システム」を構築し、大学自らの改善・改革に寄与することが目的となっています。

本学は今年度、開学以来2回目の受審年度となりました。実際の受審準備は2年がかりで行ってきており、150ページ近くに及ぶ「自己点検・評価報告書」をとりまとめ、大学基礎データ、基礎要件確認シート、根拠資料(膨大な数)、その他資料一式を揃えて、この4月に大学基準協会に提出いたしました。その後、協会側とやり取りしながら追加資料の提出や質問事項に回答してきました。そして、8月14日に書面評価(案)と実地調査用の質問事項を受理し、これに回答するとともに追加で根拠資料を準備し提出する作業を行ってきました。

そして、このたび、認証評価の一環で、9月18日(金)、19日(土)の2日間にわたり、同協会が本学の評価のために編成した大学評価分科会(評価者6名+協会事務担当者2名)によるオンライン実地調査(面談、意見交換等)が行われました。本来なら、大学評価分科会の方々に本学までお越しいただいて、対面での調査が入るところでしたが、コロナ禍の影響で、はじめてオンラインでの調査が実施されたのでした。

実地調査は、書面評価の積み重ねをもとに、大学評価分科会と大学が、評価の妥当性、正当性を高めるために意見交換を行うもので、同調査を経て、本学の評価結果がまとめられ、12月下旬ころに評価結果(案)の通知を受けることになっています。

初日は、学長プレゼン(前回受審時はなかった)のあと、全体面談2回、「本学が行っているコロナ感染防止対策の現状説明」及び個別面談1回が実施され、2日目は学部・研究科の学生へのインタビュー、個別面談3回ののち、全体面談+意見交換が行われました。

認証評価の受審は、「これまで行ってきたことを点検して評価を受けること」で終わりではなく、今後の本学の発展に向けて新たなスタートを切るためのワンステップと考えます。このたびの実地調査・意見交換において、本学の特徴、取り組むべき課題や方向性を改めて確認することができ、オンラインながらも、大変密度の濃い有意義な会となりました。一連の自己点検・評価活動を通して学生の学びを検証し、さらなる教育の改善・改革を進めてまいります。

末筆となりますが、今般の認証評価・実地調査の実施にあたり、本学のより一層の改善に資するために多大なるご尽力を賜りました大学評価分科会の委員の皆さま、そして大学基準協会のすべての関係者の皆さま方に、改めて敬意を表するとともに、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。