村上校の院生と東京サテライト校の院生をオンラインで繋いだ修士論文中間発表会

9月11日(金)に、大学院修士論文中間発表会を開催しました。今年度はコロナ禍の影響で、はじめてオンライン発表形式を取り入れました。村上校のサロン教室をメイン会場として、村上校の院生と教員たちは同会場に集まって発表会を実施し、一方、東京サテライト校の院生は(全国各地で活躍している社会人であるため)、それぞれの場所からスライドを用いて発表してもらい、村上会場と全国の会場をオンラインでつなぐ形式で実施したのでした。写真は、村上校の院生が発表している様子です。例年と違ってPC前に着座したままでの発表です。また、発表会の動画を、後日関係者に配信するため、周囲にはカメラや録画装置等の機器を配置しています(動画配信は、これまでも毎年度、実施していました)。

昨年度までは、東京サテライト校の院生も指導教員も村上本校に参集し、関係者が一堂に会しての発表会を行っていました。そして、発表会終了後は、村上校と東京校の院生・教員による茶話会を行い、両校在籍者による交流・親睦を図っていました。今年度は、対面による交流が叶わず、新しいスタイルで…ということになりました。

今回は、村上校と東京サテライト校あわせて9名の院生から発表がありました。医療現場等でのデータ採取は困難を極める現状が続いていますが、それぞれが工夫しつつ、研究計画も柔軟に修正しつつ、中間発表としてのレベルをクリアできる内容となっていました。村上だけでなく、東京の先生方からも、質問が多数飛び交うなど、質疑応答の時間も余すことなく最後まで充実していました。

途中、接続の不具合等も若干見られましたが、間もなく回復し、大幅な時間超過もなく、ほぼ予定通りに進行することができ、新しい試みも滞りなく終えることができました。事前に、各院生との接続等、準備・確認していただいた大学院事務の方々のお蔭です。感謝いたします。

発表された院生の皆さん、お疲れ様でした。最終発表会も楽しみにしています!