「コロナに負けるな学生支援商品券」受け渡し式

7月29日のことになります(報告が遅くなりました)が、岩船まちづくり協議会さん主催により、「コロナに負けるな学生支援商品券」受け渡し式が、本学にて行われました。

さまざまなところから、さまざまな支援が絶えません。本当にありがたい限りです。

この度の支援は、岩船まちづくり協議会さんが、新型コロナウイルス感染症拡大による社会的な制約を受けながらも、当地で一人暮らしをして頑張っている学生たち(本学及び新潟看護医療専門学校村上校の学生たち)を応援しよう!というのが、趣旨でありました。

岩船商工業会の会員となっている商店街の希望する事業主の方々より、取扱店の協力をいただいたとのことで、地元・村上市岩船地域限定で使用できる商品券を、一人暮らしの学生全員に行き渡るよう、発行・寄贈していただきました。写真はその受け渡し式の模様(実際の商品券は小さいサイズです)で、中央の2人が本学学生と専門学校生、男性2人が中央から端に向かって、岩船まちづくり協議会会長、岩船商工業会会長となります。

式典では、両会長より学生への応援メッセージをいただきました。「少しでも学生の支援となり、かつ学生と町の距離感が縮まり、さらに町の活性化になれば…」という願いが込められていました。それに対し、本学、専門学校側からもひとりずつお礼の言葉を述べさせていただきました。

良い企画をしていただき、そして、商品券を提供いただき、岩船まちづくり協議会様、岩船商工業会様、ありがとうございました。なお、本学は2015年度に、岩船商工業会様と包括連携協定を締結しております。今後も、相互協力の体制を発展させていきたいと思います。