令和元年度卒業証書・学位記授与式を挙行いたしました(3/12)

新潟県内でも、新型コロナウイルス感染症が拡がりつつありますが、幸いなことに本学のある県北地域では、まだ感染者や濃厚接触者も報告されておりません。

どうしても卒業式を開催したいという全教職員の強い思いのもと、本学は2月下旬より、感染対策をいっそう強化し、また卒業式開催のあり方に協議を重ね、その日を迎えることができました。そして、先ほど無事に終了いたしました。

規模を縮小し卒業生と教職員のみ、時間を大幅に短縮、学内の大講義室で窓を開放して、全員マスクを着用して、座席の間隔を空けて、など万全の対策をとって行いました。テレビ等の取材にも来ていただきました。写真の通り、手作り感あふれる温かい式を行うことができました。

卒業生、修了生の皆さん、卒業、修了、本当におめでとうございます。

そして、本日出席をお控えいただいた、ご家族や関係者の方々にも、心よりお慶びを申し上げるとともに、これまで、本学に賜りましたご支援とご協力に改めて感謝申し上げます。

学生の皆さんが本学の学部や大学院で学び過ごした最後の大切な時間を、このように共有することができたことに感謝いたします。