授業料減免・奨学金・特待生制度充実しています

8月3日(金)の大学ブログで、すでに記事の掲載がありますが、同日に「卓越した学生に対する授業料減免者決定通知書」の授与を応接室にて行いました。この授業料減免制度は今年度から新たに運用を開始したもので、「卓越した学生」とは「成績優秀でありかつ、授業に臨む姿勢や生活態度等も含めて、他の学生の模範となりうる学生」を意味します。多数の申請者があった中、担当委員会で厳正な書類審査等を行い、特に優れた2名を選出させていただきました。選出された2名については後期の授業料が全額減免となります。結構、良い条件と思います。選出された皆さんには、今後も「他の模範」という自覚と誇りを持ち続け、さらなる努力を惜しまずに、目標に向かって邁進していってくれることを期待しています。

本学には、この他にも独自の学費支援制度として、医療学部奨学金制度があり、さらに入学試験時の条件により、指定校特待生制度、地域特待生制度、高大連携特待生制度も活用できます。また、自然災害等の被災者には入学試験における検定料免除も実施しています。もちろん、日本学生支援機構奨学金や新潟県奨学金、村上市奨学金等も条件にあえば利用することができます。

社会的に奨学金の返還が問題になっていますが、代表的な奨学金である日本学生支援機構奨学金の返還率でみると、本学は全国的に見ても大変優秀なレベルにあります。卒業後に延滞せずにきちんと返還してくれる学生が多いということです。