第5回 解剖学Ⅰセミナー開催

今回の内容は下肢についての演習です。

今まで学習してきた内容の問題に取り組みました。

img_1344img_1334

これまでのセミナー開催を経て、学年・専攻の違う参加者が増えてきており、

学習に励む学生の姿はとても意欲的に感じました

国家試験対策を意識して学習に取り組む学生、定期試験対策に取り組む学生も増えてきています。

 

次回の解剖学Ⅰセミナーは11月18日(金)4限です。

解剖学Ⅰのセミナーは次回の開催で一先ず終了となります。

テスト前にぜひ皆さんの参加をお待ちしています

第4回「解剖学Ⅰセミナー」開催

11月2日(水)、第4回の「解剖学Ⅰセミナー」を開催しました。

内容は、前回に引き続き下肢の復習です。

img_1128

写真は舟状骨の位置を確認しているところです。

実習などで現場に出たとき、実際に骨のある箇所を掴めるかというのは大変重要になってくるということを

学生は改めて認識したようです。

評価・治療に大きくかかわるものですので、今後の学習に活かしてほしいです

 

次回、第5回「解剖学Ⅰセミナー」は、11月16日(水)の4限です。

参加申込みは、学習センターまで

第3回「解剖学Ⅰセミナー」開催

本日、第3回の「解剖学Ⅰセミナー」が開催されました。

今回の内容は、下肢の復習です

前回学習した部位の名称を、自分の体で確認しました。

今回用意された資料は英語で書かれており、学生からは「いつもより頭を使って記憶に残った」という声が聴かれました

img_0915 img_1127

今回は、覚えた内容を一人ずつ部位の特徴を交えながら説明し合いました。

誰かの前での説明は、プレゼンテーションを行なうときの練習にもなりそうですね

img_1124

次回の「解剖学Ⅰセミナー」は、11月2日(水)4限です。

参加申込みは、学習センターまで

第2回「解剖学Ⅰセミナー」開催

今月からスタートした「解剖学Ⅰセミナー」ですが、本日、第2回のセミナーを開催しました。

内容は下腿の名称についてです。今回は1年生だけではなく、他学年の学生の参加もありました。

img_1045 img_1044

セミナーでは、体の部位を触りながら名称を確認しました。

学生同士で確認しあっている姿がとても印象的でした

img_1049 img_1051

部位の名称を覚えたかの確認も、学生同士で問題を出し合いながら確認していました。

普段の学習においても学生同士が集まり、積極的に意見交換をしてもらいたいです

img_1053

次回の「解剖学Ⅰセミナー」は、10月31日(月)2限です。

申込み希望者は学習センターまで

「解剖学セミナー」の開催

学習センターが7月にオープンして以来、これまではワークショップを中心に企画、開催をしてきましたが、

本日、セミナーとしては初回となる「解剖学セミナー」を理学療法学専攻の木村和樹先生に講師をお願いして開催しました。

セラピストを目指すにあたり、「解剖学」は非常に重要です!!

「解剖学をもっと深く勉強したい」という学生が、意欲的に参加していました。

今回のセミナーは、課題を「解く」その後「解説」を繰り返す形で、丁寧に指導していただきました。

今回の参加者は少人数だったこともあり、VIP待遇のセミナーで学生にとって貴重な時間になったようです。

img_0533 img_0669

今回取り上げた課題は、「骨盤と大腿の骨と筋肉と作用」についてでした。

「解剖学セミナー」は1回限りの開催ではなく、継続的に開催していく予定です。

今回参加できなかった人も、次回[10/18(火)3限13:00~]は是非参加してみてください!