大澤先生コラム 6月

 

 

『視力を護る山野の陽光』      大澤源吾(may 17,2019)

 

 

幸いなことに、テレビもスマホも無い時代に育った。

中学入学時の視力は2.0だったが、卒業頃には眼鏡をかけていた。

今は書斎でハズキルーペも手離せない。

 

7才になる、利かん坊の孫が学校から視力低下を指摘されてきた。

息子も近眼だし、体質遺伝かと瞬間、納得しかけたが、

確か遠視の乳児期から学童期頃に正視に移行し、思春期になって近視傾向が出現すると学んだ筈である。

孫の近視は早や過ぎる。

 

以下は、慌てて読んだ専門家の論文の受け売りである。

世界的に児童や若者の近視が増加しているという。

テレビ、パソコン、スマホなど細かく動くものを間近に見つめ、長時間、眼に負担をかけている生活と、山野の自然の中で陽射しを浴びて遊ぶことの少なくなった習慣が原因らしい。

紫外線(ultraviolet)に隣接した可視電磁波(紫色:violet light)には近眼への進行を

抑制する作用のあることも少しずつ分かってきた。

豊富なviolet lightを浴び乍ら視力3.0を誇ってきたアフリカの人達にも、

世界的な文明機器の浸透によって近視眼が増加し、問題となっているという。

孫にはもっと屋外で遊ばせねばなるまい。

 

学生諸君よ、コンタクトレンズ装着ではこれからの宇宙時代の競争に遅れをとることは必至である。

視力の健康のためにもスマホのゲーム遊びは禁止し、日中は屋外スポーツに励み、

夜には紙面から真っ直ぐ30cm離した正しい姿勢で、そして明るい灯の下で読書と学習に励んで貰いたい。

 

 

 

 

司書のおすすめコーナー設置

 

こんにちは。

この春から大学図書館でお仕事をしているYです。

最近はすっかり暖かくなって半袖のひとも館内で見かけるようになりました。

そろそろ初夏の香りがしてきましたね。

 

みなさんは図書館で本を読みますか?

図書館で勉強している学生さんは多いですが、

それに比べると読書をしている学生さんは少ないような気がします。

そこでみなさんに本に親しみを持ってもらおうと

司書である私のおすすめ本コーナーを設置してみました。

医療は全く専門外の私でも楽しめる読みやすい本を紹介しています。

勉強の息抜きにぜひ手に取ってみてくださいね。

設置場所は図書館中央のソファの奥にある企画コーナーです。

 

ときどき本を入れ替えることもあるのでチェックしてください^^

 

Y

大澤先生のコラム連載開始

 

本年度より図書館のブログで3月に退職された

大澤源吾前学長(本学初代学長)にお願いし、

先生の幅広い学術的な知識と人生経験豊かな観点から

月一度のコラムを書いていただくことになりました。

学生と図書館の距離を少しでも縮めたく企画したものです。

どうぞ毎月目を通していただければ幸いです。

 

図書館長 伊林克彦

 

 

 

『証拠集めと学生教育』

(April, 2019)大澤源吾

 

伊林教授から、メールもままならぬこの俺に、ブログせよとの命を受けた。

“老いの辛さ”の真実は実際に君が老いてみなければ分からないぞと、

尊敬する先輩が呟かれたことを想い出す。

 

 

以下、正しく喪失過程に必死に抗う老残の妄想発言として寛大にお赦し願いたい。

テレビニュースを見ていると、政治的論争でも、あるいは社会的な犯罪事件の報道でも、

発表公文書や監視カメラからの証拠探しがあって

後に視聴者が判断する仕組みになっていて、証拠集めの大切さはよく分かる。

 

 

しかし、試験の際の学生の不正(cunning)についてだけは、

証拠を見張って罪人を作っては教育者の敗北を意味することを胆に銘じたい。

不正を実行する前に本人に気づいてもらって思いとどまらせることこそが、

真の意味の人間教育につながるのである。

 

 

話は換るが、日産・ルノーのゴーン氏に関わるこれからの証拠探しの裁判論争は興味深い。

 

 

--------------------------------------------

 

略歴

大澤 源吾 (1932(昭和7)年6月11日生)

昭和32年 3月 新潟大学 医学部卒業

〃 37年 3月 新潟大学大学院 医学研究科 内科学専攻 修了

〃 37年 4月 県立ガンセンター新潟病院 内科勤務

〃 38年 8月 アメリカ合衆国留学(昭和41年11月まで)

〃 48年 8月 新潟大学 講師(内科学)

〃 55年 3月 川崎医科大学 内科学(腎・膠原病)教授

平成10年 4月 川崎医療福祉大学 教授

〃 15年 4月 新潟リハビリテーション専門学校校長(平成17年3月まで)

〃 16年 4月 新潟看護専門学校校長

〃 19年 4月 新潟リハビリテーション大学院大学学長(平成22年3月まで)

〃 22年 4月 新潟リハビリテーション大学学長(平成23年2月まで)

〃 23年 3月 上記大学院 及び 大学教授(平成31年3月まで)

 

--------------------------------------------

 

 

新年度が始まりました!

書類やファイルの表記を、平成31年度にするか2019年度にするのか悩ましい新年度がスタートしました。新元号も『令和』と発表になり、今年は『令和元年』でもあるわけですね。色々と間違えないように気を付けないと!と気を引き締めているところです。
本学も昨日無事に入学式を終え、今日は「A棟ってどこ?」「学務課はどこ?」とフレッシュな新入生のみなさんを見かけました。早く新しい生活に慣れて充実した学生生活を送ってほしいと思います。

これまで何度かブログに登場した本学桜です。
 

バックの空がどんよりしていてわかりにくいのですが、蕾の先が少しピンクに染まり膨らんできていました。来週末には少しづつ咲き始めるのかな?と楽しみです。華やかな写真を上げることができなかったので…

入学式で飾られた生け花をアップします。この生け花は4月より新館長となられる伊林克彦教授の奥様の作品です。4月より図書館長と司書が異動になります。私事ですが、図書館でお世話になった皆様これまでありがとうございました。そして、これからも新潟リハビリテーション大学図書館をどうぞよろしくお願いいたします!

 

You can do it!

いよいよ明日2月16日(土)、第21回言語聴覚士国家試験が行われます。試験地の東京に向けて本日午前受験生の皆さんが出発して行きました。本学の学生の皆さんはこの日の為に4年間努力を積んできました。精一杯力を出し切ってきて欲しいと思います。

  

来週受験予定の作業療法学専攻の4年生も見送りに出てきてくれました。手作りの応援旗を持って!力になりますね。

 

今年も図書館では応援グッズを準備しました。毎年、受験生の皆さんからは『神セット(マスク、ホッカイロ、のど飴)』と好評です^^

そして来週には、第54回理学療法士国家試験が2月24日(日)、第54回作業療法士国家試験も理学同様2月24日(日)に行われます。残り1週間ラストスパート頑張ってください!

自分を信じろ!君なら出来る!
You can do it!  (By 松岡修造)

 

 

 

図書カフェ開催中!

最強寒波到来のなか、インフルエンザも相変わらず猛威を振るっています。図書館では水分補給と国家試験勉強ラストスパートの学生の皆さんへの応援の気持ちを込めて『図書カフェ』を開催しています。

昨年度に引き続きの開催ですが、学生さんから大好評です。15:00~15:15できっちり閉店します。学生の皆さんはちょっとほっこりリフレッシュし、また勉強へと戻っていきます。

 

体調管理に気をつけて、ラストスパート頑張ってくださいね!

〈追記〉PT・OT国家試験出発前日の22日(金)まで平日毎日開催です。

 

図書館で地域連携!

村上市立中央図書館さんと『地域包括連携事業』の一環としてコラボさせていただくようになって一年半が経過いたしました。村上市立中央図書館のスタッフの皆様にはお忙しい中、いつもご協力頂きありがとうございます。そして、このコーナーが継続できているのは、図書館を利用しこのコーナーを愛用して下さる市民の皆様のおかげです。深く感謝申し上げます。

今回の選書テーマは『精神障害/メンタルヘルス』です。↓↓↓

 

村上市立中央図書館は村上市教育情報センターの1階にあり、当コーナーは入口を入って真直ぐの一番目立つところに設置していただいています。新潟の冬は寒く長いですよね^^; 図書館は駅やバスセンターからの徒歩も可能な圏内にあります。雪の晴れ間、運動不足解消と気分転換に是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

私もたま~~に利用させていただくのですが、これが・・・利用者の平均年齢が以外と高いんです。高齢者の方々の健康や食に関する意識は高くとてもよく運動も勉強もされています。日本の高度成長期を支えてきた世代、人生80年どころか人生100年を、そして世界トップクラスの長寿国として日本を牽引してきた世代の方たちとその方々のお世話をされている世代の方たちです。その子供いわゆる中高年といわれる世代(私どっぷりこの世代です・・・)日々の仕事や家事を言い訳にロコモティブシンドローム(運動器症候群)、寿命は延びても健康寿命が危ぶまれています・・・怖い~~!!!近所のコンビニも車で出かけ、あわよくば入口近くに駐車しようと目を皿に、運動不足と生活習慣病を常に気にかけながらジャンクフードは止められず、メダボを気にする日々。ふ~~。

図書館の話に戻りますが、子育て世代の方々にもオススメですよ!絵本も豊富にありますし紙芝居も借りられるんですよ!これ子供とても喜びますよ~~。昔私もよく利用させていただきました^^今も借りられますよね?紙芝居・・・。

 

 

 

インフルエンザにご注意を!

新潟県には現在インフルエンザ警報が発令されています。
本学でも図書館によく来ていた学生さんがインフルエンザに感染したと聞き、国家試験まであと数週間となった4年生が感染しないように、来週から実習に出かける2年生に感染しないように、図書館内で蔓延しないようにと気を引き締め再確認いたしました。

 

↑クレベリンを設置しアルボナースを補充し確認!そして日に数回入口の取っ手をアルコール消毒。

↑昨年より設置していますが、今年も人気です。マスクに噴霧するアンチウィルスアロマです。意外と男子学生さんに人気なんですよね~。香りもスッキリ気持ち良いみたいでリフレッシュになるようです!喜んでもらえてよかった^^

先程、保健室の村井先生が来館されたのでちょっとお話を伺ってみました。
『何より手洗い!流水で30秒の手洗い!』とのことでした。実は健康番組大好きの私ですが、そういえば最近観た感染症予防の特集で、感染しない為にお医者様が気をつけている事の第一位が「顔を素手で触らない」でした。顔がかゆいときもティッシュを持ちティッシュで掻いていました。マスクを外す時も直接マスクに触ってはいけないそうです。手についたウィルスが口から進入して感染するのが一番多いそうなので手を衛生的に保つ事はとても重要ですね。なるほど!!
そして、喉に張り付いたウィルスは20分経つと粘膜より体内へと侵入する確率が高くなるそうです。20分に一度水分を補給し喉に張り付いたウィルスを流し込んでしまうことも有効のようでした。

万が一、ウィルスが体内に入っても全員が発症するわけではありません。睡眠と栄養をしっかりとって免疫力をUPさせ、手指を消毒しウィルスを撃退しインフルエンザやその他の感染症に感染しないように気をつけてくださいね。特に受験生の皆さんは試験当日を最高のコンディションで迎えられるようにラストスパート頑張ってください!

 

予告です↓昨年好評でしたので今年もやります!お楽しみに~~^^

 

 

学術委員会主催の特別講演会開催!

先週金曜日の1月18日、今年度最後となる学術委員会主催の特別講演会がありました。
テーマは『命Relay for you いまどきの移植医療~新潟県の取り組み~』、公益財団法人 新潟県臓器移植推進財団より秋山政人先生をお招きしてお話していただきました。

先日も新潟県での移植の記事が新聞に掲載されていましたが、驚いたのが新潟県は臓器提供が全国で一番多く行われているという事でした。そして日本で初めて臓器(腎)移植が行われたのも新潟県との事でした。現在、新潟県には14の病院に99人のドナー(臓器提供者)移植コーディネーターが、そしてレシピエント(受臓器者)コーディネーターが1人いらっしゃるそうです。救命病棟やコードブルーなどの医療ドラマを通じてしか知識のない私ですが、先生のお話を聴き乗り越えなければならなかった法律の壁、倫理の壁、そして医療従事者・ドナー及びその家族の心の壁が高く厚いものであったんだと感じ入りました。保守的だといわれる新潟県で全国一の実績があるということは秋山先生を始め啓発活動を進めてこられた方々の努力があったからこそなのですね。とはいえ世界的にみると日本は後進国であり下位の方だそうです。

幸いなことに…(と言って良いのか悪いのかはわかりませんが)現在まで自分の身の回りにレシピエントとして臓器移植が必要なケースはありませんでした。ドナーとしてはどうなったのか?そして今後どのように考え準備していけばよいのか?を考える大きな機会となりました。人は誰しも自分に係るものへの関心は大きく持つものです。自分の愛する家族や大切な人に臓器移植が必要になったら、どうか可能なのであれば提供して下さいと願い、それが我が子に起こった事であったなら1つしかない心臓でも差し出そうとすることでしょう。人はいつどのように最期を迎えるかはわかりません。提供の意思を示していてもそれが叶うとも限りません。でも、自分の家族のために願うことがわかっているのであれば、移植を待つ他所の家族に思いを寄せてわが命亡き後の事を考えることも必要であると感じました。そして遺族となった時ドナーの家族として冷静に対応できるようにありたいと感じました。秋山先生貴重なお話を、そして命について考える機会をいただいてありがとうございました。

 

『サンタプロジェクト・むらかみ2018』終了!

まずは大変遅くなりましたが新年のご挨拶を。
本年も新潟リハビリテーション大学図書館をどうぞよろしくお願いいたします。
この年末からBLOGに上げたいお知らせが沢山あったのですが、時は過ぎ…
ボチボチと遡って報告させていただこうと思います。『BLOG(情報)は新鮮さが大切!』と以前学長がおっしゃっていて、最近とても心苦しく思っているところです。今年の目標は「ブログ(いえ、仕事)をためない!」を心し、そして何より、今年も利用者の皆さんに快適に心地良く利用していただける図書館つくりを目指していこうと思っています^^;

さてBLOG本題、昨年12日1日(金)から開催しておりました本学では5年目を迎えた『サンタプロジェクト・むらかみ2018』が12月21日(金)まで期間延長し、終了いたしました。協力していただいた蔦屋書店村上店さんはじめ、贈り先の村上総合病院小児科病棟看護師さん、村上特別支援学校さん、東新潟特別支援学校さん、年末の業務多忙な中ご協力いただきましてありがとうございました。そして『サンタ』になってくださった皆様に心よりお礼申し上げます。ここに今回の活動の報告をさせていただきます。

12月1日(土)~21日(金)までの期間に31名の『サンタ』さんから54冊のプレゼントをいただきました(写真は絵本の一部です)

 

今年度は入院患者さんのご都合や、村上特別支援学校さんとのスケジュールが合わず看護師さんと校長先生に受け取っていただきました。東新潟支援学校さんには本学の図書委員の方から直接学生さんにお届けすることが出来ました。

 

ご協力いただきました全ての皆様に感謝申し上げます。まだ先ですが『サンタプロジェクト・むらかみ2019』もどうぞよろしくお願いいたします。
(先だと思っていても…最近時の経つのが早くて、きっとまた直ぐにクリスマスはやってきそう)