新任教職員研修会を開催しました

毎年、この時期の恒例となっている「新任教職員研修会」、今年も私は講師として1コマ分を担当させていただきました。

昨年の4月に大学設置基準が改正され、FD(主に教員)研修のみならず、SD(スタッフディベロップメント:職員の職能開発、広義の職員として教員や執行部等も含む)が義務化されました。SD義務化に伴い、「大学は、当該大学の教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため、その職員に必要な知識及び技能を習得させ、並びにその能力及び資質を向上させるための研修の機会を設けるほか、必要な取組を行うものとする。」と規定されました。

本学も昨年度より、それまでのFD委員会に代わって、FD・SD委員会を立ち上げ、活動内容もSD領域まで拡大して実施しています。新任研修の対象も、教員だけでなく職員までと広がり、両方の職種の方々の共通理解を得るために、内容も幅を持たせる形にしています。今年度の研修対象となった教職員は5名でした(当該年度4月着任教職員および当該前年度中途採用教職員)。

先週から一連の研修がはじまり、昨日(4月12日)の私の講義で終了しました。新任教職員の方々に、本学を知っていただくための講義であり、本来なら最初に実施すべきところ、日程調整ができずに最後になってしまいました。

新任教職員の皆様には、今後の活躍を期待しています。