「食べる力をつける教室」吹き戻しトレーニングも絶好調です

先週のブログでも少し触れましたが、地域の高齢者の皆様を対象とした「食べる力をつける教室」では、呼吸機能強化のためのトレーニングの一つとして、吹き戻し(ピロピロ笛)を活用しています。そう、お祭りや縁日の屋台等で売っていた(売っている)、あの懐かしい吹き戻しです。ある程度の年代の方であれば、小さい頃にピロピロと吹いて遊んだ記憶があると思います。

誤嚥することなく食べて飲み込む、あるいは、たとえ誤嚥しかかったとしても、きちんと排出できる力のベースとなっているもののひとつに「正常な呼吸機能」があります。呼吸機能の強化のためのトレーニング器具として、懐かしい「吹き戻し」が改良され市販されています。おもちゃのそれよりは若干、値段も高めですが、吹く強さのレベルが3段階あって、自分に適した強さのものを選べるようになっています。その他にも、今は、さまざまな仕掛けがついた吹き戻しも市販されていますので、ご自身が楽しく無理なくトレーニングを続けられるものを選んで使用するのがいいと思います。

教室の参加者の皆さんにも思い思いに楽しく取り組んでいただいています。高く吹き上げる方もいれば、まっすぐ伸ばす方、下に突き出す方もいらっしゃいます(写真)。そして、教室のない日もご家庭でトレーニングをして記録につけてもらっています。

懐かしい道具を使って楽しくトレーニングを続けることで、脳機能もあわせて活性化されます!