長岡崇徳大学の開学記念式典に出席してきました

6月28日(金)に、長岡崇徳大学の開学記念式典がホテルニューオータニ長岡で開催され、その後、大学に移動しての校舎見学会がありました。

長岡崇徳大学は、長岡市を中心とした新潟県中越地域初の看護大学として、今年4月に開学したばかりの大学です。看護学部看護学科入学定員80名という、本学同様の1学部1学科という小規模で、医療系資格を目指す教育体制を整えています。

記念式典は、学校法人悠久崇徳学園の理事長である田宮 崇(たみや たかし)氏によるご挨拶から始まりました。田宮氏は、まず、「崇徳厚生事業団」通称「長岡医療と福祉の里」に関係する法人、患者様、業者様、ボランティアの方々、職員等関係者を始め地域の方々からご寄付やご支援をいただいて設立されたという経緯とそれに対するお礼を述べられました。そして、県内はもとより広く世界に羽ばたけるような広い視野の持てる教養と、永らく崇徳厚生事業団が対応してきたターミナルケア、地域包括ケア、精神・認知症ケア・災害看護等を重視した特色のある養成教育を行っていきたいと抱負を述べられました。

続く、森 啓(もり ひろし)学長のご挨拶では、開学までの文部科学省設置審査関連書類の作成や、開学準備のための大変なご苦労があったことを述べられました。同様の業務に関わったことのある私にとっては、非常によくわかる、心に刺さる内容として受け止めました。

理事長のご挨拶にあった「長岡医療と福祉の里」グループは、学校法人悠久崇徳学園を含めた6法人で構成されるグループの総称で、病院・福祉施設等により構成され、全国に先駆けて、「地域包括ケアシステム」を実践しているとのことです。本学学生も、医療法人崇徳会の病院をはじめ、グループ施設には、臨床実習で大変お世話になっています。

式典終了後は、歓談会が催され、スイーツや飲み物がふるまわれました。歓談会もソコソコに、大学校舎へのバスツアーに参加いたしました。大型バスを一台借り切っての移動であり、長岡駅から30分程度かかり、小高い場所に到着しました。校舎は、6階建て、非常に広く、廊下も教室も実習室も、とてもゆったりしており、新しく改装されたとのことで、気持ちよく居心地の良いものでした。同大学及びグループの、今後ますますのご発展を祈念しています。