食べる力をつける教室Ⅳ期3回目は大爆笑しました

今年も、本地域に白鳥の群れが飛来する季節がやってきました。今朝の通勤時、大学近くの田んぼで数十羽の白鳥が羽を休めているのを、JRの車窓から確認することができました。私自身は、今季に入って初の確認です。これから秋も深まり、冬がやってくる、そんな知らせです。

さて、昨日10月11日は、地域の高齢者向け「食べる力をつける教室」第Ⅳ期3回目を開催しました。今期の参加者は今のところ全員皆勤です。そのうち半分はリピーターの方たちです。

昨日の会では、あることをきっかけにある参加者の方の「笑い」が止まらなくなり、それが他の方々にも波及して、教室の会場は、しばらくの間、大爆笑が続きました。そして、その後のトレーニングも終始なごやかな雰囲気で進みました。それは、呼吸機能を高めるトレーニングで使う「吹き戻し」の吹き方を巡ってのこと。参加者の方々は、ご自身の子供のころを思い出されて、あるいはお孫さんといっしょに吹く姿を想像されて、それぞれに懐かしく楽しいことを想像して吹いていらっしゃるのだと思いますが、独特の吹き方を解説されている方がいて、それがおもしろかった…

笑うことは健康にいいこと、参加者の方々も、こんなに笑ったのは初めてと、皆おっしゃっていました。若い女性は、よく笑いが止まらなくなることもありますが、年を取ってからも、このように楽しめるのは素敵なことです。とにかく、とてもいい雰囲気の会なのです。なかには、日ごろの愚痴まで私に披露してくださる方がいらっしゃるほど、リラックスして気取りなく参加できる会なのです。