8月26日のオープンキャンパス参加をお待ちしています!

8月26日のオープンキャンパスでは、特別企画として、国際セラピードッグ協会代表の大木トオル氏をお招きして「殺処分寸前を救助された犬達の感動の物語 よりそう力 医療・介護で活躍するセラピードッグ」と題した講演会が開催されます。例年、夏休み期間中のオープンキャンパスは賑わいがあり、とりわけ特別企画を設けた会では、大盛況となります。参加しようかと迷っている方…、百聞は一見にしかず、是非いらしてください。医療系の大学で、アニマルセラピー・動物介在療法を導入している大学は、あまりないのでは…と思います。本学は、医療系の中に、心理学の分野も取り入れていることから、このような企画を設けたり、実際のカリキュラムの中に取り入れたりすることが、比較的容易になっています。通常は、動物系の大学・専門学校で実施されている内容と思います。

 大木トオル氏は、ミュージシャンとしても有名な方で、受験生の保護者世代では、ミュージシャンとしての大木氏を知っている方も多いかも知れません。そして受験生世代では、小さい頃に、名犬チロリ(人間の虐待で脚に障害を負った雑種の捨て犬で、処分される寸前で大木氏に救われ、訓練の後、セラピードッグとして活躍した犬)の話を読んだこと、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?当地では、8月5日に放送された「動物ピース!!」というテレビ番組でも大木氏の活動が紹介されていました。現在は被災犬の保護にも尽力されているとのことです。

 オープンキャンパスでは、そのほかに、本学をよく知ってもらうための医療学部各専攻の企画や無料ランチも用意しています。皆さんのご参加をお待ちしています! 

 

 

 

 

この記事をブックマーク/共有
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲