日本私立大学協会総会(東京)に出席してきました

3月27日、日本私立大学協会第148回総会(春季)が東京のアルカディア市ヶ谷であり、出席してきました。東京は汗ばむような陽気の中、今まさに桜が満開になっていました。

会場の正面玄関は、かつての江戸城外濠である市ヶ谷濠に面しており、濠に沿って整備されている小高い外濠公園(約2 kmにわたる遊歩道)は、約240本の桜の木がある桜の名所とのことです。桜の木の下では、昼休み時にシートを敷いてお弁当を食べているオフィス街の人たちが大勢いました(写真)。私も新潟より一足早く、お花見気分を味わわせていただきました。

さて、肝心の総会で取り上げられた議案や報告については、4月の教授会で学内の全教員にお知らせ・説明したいと思います。主に平成30年度政府予算案と今後の公費助成の動向、また、今後の私立大学の振興・発展方策について(私学振興情勢の分析と対処方法を含む)、本学の運営ともかかわる部分について周知させて頂きたいと考えています。