「村上市と新潟リハビリテーション大学との第3回連携協議会」を開催いたしました。

9月28日、村上市役所4階大会議室において、「村上市と新潟リハビリテーション大学との第3回連携協議会」を開催いたしました。本会議は、学長である私が招集者です。当日の出席者は、市側からは副市長さんを含め11名、本学側からは8名でした。

おととしの7月に、村上市と本学との間に包括連携協定を締結させていただきましたが、その協定書の第3条に、「連携・協力分野の円滑な推進を図るために、両者の間で連携協議会を設置する」と記載があります。連携協議会の会合は、その条文に基づき定期的に開催することになっており、これまでの連携協議会は、平成27年度(28年1月)、平成28年度(平成28年10月)に開催しております。

会では、挨拶と出席者の自己紹介ののち、本学の地域連携推進室主任より本学の現状(入学者数、入学者の出身地、卒業生の就職先等)および、本年度これまでに実施してきた、さまざまな地域連携活動を紹介させていただいたほか、来年度以降の学生募集体制等について説明させていただきました。

その後に、地域連携推進室長を議長として、次のような協議事項に入りました。①地方創生に資する大学改革に向けて②教育課程の編成にあたっての村上市からの意見聴取(学部と大学院)③3つのポリシー(アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー)の点検評価について④防災(訓練等含む)に関する連携について⑤地域の防犯体制強化について⑥産学合同スカラーシップ事業の推進について    これらを本学側からの提案として協議させていただきましたが、どの事項も活発な意見交換が行われました。

村上市様に、本学の現状を今まで以上によく知って頂くことができ、両者のさらなる関係の強化と発展が望まれる有意義な会となりました。地域連携については、今後も、より積極的に取り組んでいきたいと考えています。地域を活性化して、地域に助けられながら、若い世代が育っていく、この好循環が続いていってほしいと思っています。

食べる力をつける教室4期目が始まりました

地域の高齢者の方々を対象に、昨年春から開講している「食べる力をつける教室」は、1年半が経ち4期目に入りました。(1期は、連続する10週間です。)

9月27日は、4期初回の教室日でした。この教室の参加者は、なぜか、いつも女性が多い傾向にあるのですが、今期の参加者の皆さんも全員女性でした。リピーターの方もいらっしゃいます。なかでも、これまで4期開催のうち、3期間参加という、素晴らしい参加実績のある方もいらっしゃいました。うれしい限りです。

初回は、いつもの通り、さまざまな口腔の機能検査を実施しました。最大咬合力(咬む力の強さ)、口臭、口腔内細菌量、口腔粘膜水分量、最長発声時間、舌圧、反復唾液嚥下テスト(唾液をできるだけ早く何回飲み込めるか)、オーラルディアドコキネシス(パ、タ、カの音をできるだけ早く何回発音できるか)、質問紙調査…等です。それから、希望者にはNIRSを使用して咀嚼時の脳血流の変化を見る検査も実施させて頂いていますが、今回は全員が希望されました。

次回来週水曜日には、最大咬合力の測定解析結果を返却して解説をいたします。そして、「咬む力」や「飲み込む力」をつけるトレーニングを開始していきます。

積極的で熱心な皆さんばかりですので、10週間後の機能変化(向上)が楽しみです。

大学院修士論文中間発表会を開催しました

9月26日(火)、大学院修士論文中間発表会を開催しました。1月末の修士論文提出締め切りまで残りあと4ヶ月となり、これからは研究のまとめと論文執筆にかなりの集中力が必要な時期となります。そのような最終ステージに入る前のこの時期に、これまでの研究の進捗状況を確かめ、今後の研究の最終的な方向付けを指導教員だけでなく、大学院教員全員で確認するという作業が含まれています。さらには、不足しているデータ等について指摘をし、研究完成に向けたアドバイスを行うことで目指すべき具体的な目標を与え、研究や論文執筆を助ける意味もあります。

昨年度開設したばかりの東京サテライトキャンパスからも、社会人大学院生(2年生)が村上本校に来学して、スライドを用いた口頭発表を行いました(写真)。中間発表ではありますが、完成度の高い研究も多く見られ、どの発表にも活発な質疑応答が行われました。サテライトキャンパスの1年生や、当日、出席できなかった院生には、発表会の様子を収録した映像を、近日中に配信させていただく予定にしています。

発表会の後は、サテライト校と村上校の院生・教員の交流を目的として、懇親茶話会を開催しました。なごやかな雰囲気の中、話が弾みましたが、翌日は仕事のある遠方からの院生たちに配慮して、短時間の茶話会となりました。当日はすばらしい晴天に恵まれたため、発表者たちには美しい夕日をおみやげに帰路について頂きました。

村上・笹川流れ国際トライアスロン大会の運営に学生達がボランティア参加しました

本日9月23日に開催された「村上・笹川流れ国際トライアスロン大会」は、お天気に恵まれました。しかし、照りつける陽射しは真夏のように強く、選手達にとっては暑く、きつかったことでしょう。また、沿道での給水、ゴールでの記録、表彰式でのアシスタント、体育館での選手向けアイシングなど、本学の学生達も大勢、屋内外でボランティア活動を行っていました。皆さん、暑い中、本当に、お疲れ様でした。学生ボランティアの皆さんは、世界的なスポーツの大会に関わることができ、貴重な経験であり、良い思い出になったことでしょう。

私も表彰式に参加させていただきました。写真1枚目(左側)は、金銀銅のメダルを胸にした、エリート部門の男女3位までの入賞者達です。皆さん、本当におめでとうございます。

さて、表彰式の帰り、JR村上駅に立ち寄ると、今日はちょうど特別な「SL日本海庄内号」の運転日ということもあり、駅構内ホーム上で、「サケリン」(村上市の公式キャラクター)や「オコミ」、「オコジロウ」(SLばんえつ物語号の公式キャラクター)達がSLの絵はがきを配っているところに遭遇しました(写真2枚目(右側))。よく冷えた村上茶の試飲コーナーも設置されていて、暑い日の“のど”を潤すのにちょうどよかったです。

秋卒業式を執り行いました

本学では、今年度から新しく秋卒業制度を設けました。本学の「秋卒業に関する規程」に基づき、当該年度の前期において、学則第23条に規定する卒業要件を満たすことが見込まれる学生で秋卒業を希望する者は、審査により秋卒業が認められるようになりました。

秋晴れの本日9月21日、開学以来はじめての秋卒業式を、本学会議室において執り行い、4名の卒業生を輩出いたしました。保護者の方々にも遠方からご出席いただき、本当にありがとうございました。

春3月の卒業式とは、また、違った雰囲気で、卒業証書もひとりひとり全文読み上げて手渡しいたしました。卒業生・保護者の方々のうれしそうな笑顔がとても印象的でした。

卒業生の皆さんは、新しい希望を胸に、それぞれ医療のプロの道へと進んでいきます。新たな道へ歩んでいけるのは、保護者の方々をはじめ、諸先生方や事務局の方々などの大学スタッフ、臨床実習先でご指導を頂いた先生方や患者さま、さらには地域の方々など、皆さんに関わったすべての人たちから温かい愛情や限りないお力添えをいただいたお陰だということをどうか忘れないでください。

そして、卒業生の皆さん自身も、これまで絶え間ない努力をされてきました。自分自身の努力に対しても誇りと自信を持ってください。それと同時に、社会から期待される役割を自覚して、常に未来へ向かって挑戦を続けてください。今後、大きく飛躍し、多方面で活躍されることをお祈りしています。

北朝鮮による拉致問題を考える巡回パネル展を開催しています

毎年恒例となった「北朝鮮による拉致問題を考える巡回パネル展」ですが、今年も本日9月19日(火)から29日(金)(午前9時~午後5時。土日祝休み。初日は午後1時から、最終日は午後1時まで。)まで、本学C棟1階アクティブラーニングエリア(食堂)において開催しています。入場無料で出入り自由、かつ数分~10分程度で見学できる内容になっていますので、地域の皆様も散歩がてらに是非お立ち寄りください。

このパネル展は新潟県主催のもと、新潟県内の各会場を数日から数週おきに巡回しています。パネル展示のほか、アニメDVD上映、パンフレット配布等を行っていますが、会場によって若干、展示物も異なります。今回の本学の展示では、横田めぐみさんと曽我ミヨシさん関連のパネルが多くなっているように見受けられました。なお、パネル自体の写真撮影についてはご遠慮ください。

拉致問題は時間ばかりが過ぎ一向に解決の目処が立たないどころか、最近の情勢から、どんどん難しさを増してきている問題です。私たちは常に強い関心を持ち続ける必要があり、そして、一刻も早い解決を願うばかりです。

学生は夏休みが終わり、19日から通常授業です

大学の夏休みは“長くて2ヶ月くらいある”“9月いっぱいは夏休み”というようなイメージを持っている方も多いかもしれません。また、そのように期待して入学してくる学生もいるかもしれません。しかし、本学のような“国家資格取得を目指す、そのための対策や集中講義がある”“カリキュラムに長期の臨床実習が組み込まれている”などの医療系学部では、学年が上がるにつれて、夏休みが短くなったり、夏休み中も登校を必要としたりする日が多くなったりする大学(や専門学校)がほとんど、というのが事実だと思います。また、近年は、文系の大学でも、本学と同じような時期に夏休みが終了する大学も多くなっているようです。

 学生の皆さん、思ったより短く、あっという間に終わってしまった夏休みかもしれません。でも、19日からは、また、みんなの元気な顔が揃い、大学構内が賑やかになるのを教職員たちは待っています。

中国からの留学生にオリエンテーションを実施しました

本学との協定締結校である中国の山東医学高等専科学校〈Shandong Medical College/山东医学高等专科学校〉から、同校の卒業生(男子学生1名)が、昨日、本学への留学生として来日しました。山東医学高等専科学校は、山東省済南市にある専科学校で、本学と同様に医療系の専門職業人を養成する教育機関であります。

 彼は医療学部の科目等履修生として専門科目を学び、同時に日本語学習にも励み、そののちには、さらに大きな目標も持っています。本学の寄宿舎で共同生活を行いながら通学することになるので、仲間もいてサポート体制も万全です。

 今日は本学の教職員が付き添って市役所等の手続にいったあと、医療学部長による「学生生活や学修全般に関するオリエンテーション」がありました。隣の席には本学の中国人教員が通訳のサポートに入り指導体制も万全です(写真)。

 このように、留学生へも個別指導体制が組めるのは、小さい大学だからということもあるでしょう。

私は今日初めて彼と挨拶を交わしましたが、シャイな性格なのか照れたような表情がとても印象的な好青年です。この地での生活にも早く慣れて、数年後には目標を達成してくれることを願っています。

FD・SD研修会で科研費についての説明等を行いました

昨日911日は、定例の教授会・研究科委員会のあとに、学内委員会主催によるFDSD(教職員の職能開発)研修会がありました。私はその会で「科研費申請の変更点概略」と「普段の書類から意識して伝わる書類・申請が通る書類をめざす!~私が心がけていること~」と題した2つのテーマのお話をさせていただきました。

 最初のテーマ「科研費~」については、学長が説明している大学はほとんどないと思いますが、6月に東京大学で開催された説明会「科研費改革説明会~知のブレークスルーを目指して~」に、本学からは私が出席してきたこともあり、その時から今回の学内研修会の開催が決定していたのでした。科研費は9月1日から公募が開始されていますので、グッドタイミングの開催といえます。

 しかし、私自身は3か月前に聞いてきた話をまとめるにあたり、記憶を呼び起こす作業に少し苦労しました。私は昨年度申請した科研費研究が3年計画で採択されていますので、今年度は申請の予定がありません。そのため、余計に人ごとのように思い、記憶のかなたに送り込まれてしまったのだろうと思います。

 後半のテーマは、「通る科研費申請書の書き方」といきたかったのですが、そのテーマだと万人向けではないので、職員の方にも聞いていただきたく「普段の書類から意識して伝わる書類・申請が通る書類をめざす!~私が心がけていること~」としました。短い時間設定で、教職員の皆様にはお伝えしきれなかったことも多々あると思いますが、日々の活動のお役に立てていただけましたら幸いです。

 なお、今回の研修会では、私の話の前に倉智副学長による「研究倫理」のお話もあり、盛りだくさんでした。

磁気刺激装置(研究用機器)が入りました

夜、帰宅を急ぐ道の両脇にある草むらでは、秋の虫たちが競い合うように大合唱しています。夏から秋へと、季節の変化を身にしみて感じる今日この頃です。過ごしやすくなったこの時期は、落ち着いて研究を進めていくのにも適しています。

 さて、先々週のことになりますが、大学院に「磁気刺激装置(研究用機器)」が、新しく入りました。当面、高次脳機能障害コースの学生が修士研究を進めていくにあたり、本機械を活用する予定にしています。本装置を用いると、非侵襲的な方法で局所的に脳を刺激することが可能とのこと、単発刺激では、その安全性も確立されているそうです。

 機器納入に際して、業者の方によるデモがありました。デモ時の被験者は、機器導入を提案された本学特任教授の亀山茂樹先生(我が国のてんかん治療の第一人者)ご自身です。

 自らが一度は被験者になってみること…、これはさまざまな研究を行っていく上で必要なことと思い、私自身も実践しています。それだけでなく、私は若い駆け出しの頃、いつも指導教員である教授をまず被験者にして実験をしていました。今となっては、すごいことをしていたんだと…懐かしく思い出されます。