新潟看護医療専門学校村上校「ともしびの灯」を祝ってきました

戦後、日本の多くの看護学校で「戴帽式」が行われてきましたが、本学と同一法人の姉妹校である新潟看護医療専門学校(新潟校、村上校)では、「戴帽式」に変わる儀式として「ともしびの灯」を行っています。昨日、11月10日は、本学に近接する村上校で「ともしびの灯」が行われたので、お祝いに行ってきました。

最初に、臨地実習に初めて望む学生たちが、これまでの頑張りとこれから看護師として歩んでいく決意を胸に、「自らが目指す看護師」の目標をひとりずつ唱え誓いました。入学してからまだ半年しか経っていない学生達が立派に成長している姿を見ることができました。

ともしびの灯… ナイチンゲールがクリミア戦争で傷ついた多くの兵士たちを助け、勇気づけたときに毎夜使われたとされるランプの灯を、看護師を目指す人たちへ受け継ぐという意味を込めて、学生たちが次々に、ナイチンゲール像にともされた、ろうそくの灯から灯を受け継いで、誓いの言葉を唱えるのです。

その後、学生たち全員で「ナイチンゲール誓詩」を唱和しました。「ナイチンゲール誓詞」はナイチンゲール自らが作ったものではなく、ナイチンゲールの偉業をたたえ、その教えを基として、「ヒポクラテスの誓い」にならって作成されたものだそうです。ナイチンゲール誓詞もヒポクラテスの誓いも、共に看護師や医師としての倫理を己れに誓うものであります。医学の発展や看護概念の変化などに伴って、少し引っかかる部分もあるかもしれませんが、その本質を見れば、今でも医療に携わる者にとって、基本かつ重要な事柄を突いているのではないでしょうか。患者さまに接するにあたって、力の限り誠意を尽くすことは医の倫理や看護の原点であるとも言えましょう。

 

長岡地区高等学校PTA連合会連絡協議会で講演してきました

昨日・今日と、気持ちのいい小春日和が続いています。昨日11月2日は、アトリウム長岡で開催された「平成29年度長岡地区高等学校PTA連合会連絡協議会」に招待され、「肺炎予防と健康寿命延伸に必要な「食べる力」」と題した講演を行ってきました。

会場までは長岡駅東口から徒歩で向かったのですが、はるか数十年前の高校時代に毎日利用していた長岡駅東口も久しぶりに降り立ってみると、風景がまったく変わっていて少し戸惑いました。しかし、歩み進んでいくうちに、見慣れた場所も残っていたりすることに気づき、何となく懐かしさがこみ上げてきました。

さて、会ではまず、北信越や全国のPTA連合会大会についての報告があった後、休憩をはさんで80分ほどの講演を担当させて頂きました。「食べる力」をつけることの必要性・重要性について説明し、その後、本学で行っている「食べる力をつける教室」の試みとその効果について紹介させて頂きました。

講演を聞いて下さった方々は長岡・見附・栃尾地区の高等学校の校長先生・教頭先生やPTA会長・副会長など50名余りで、私自身と同年代かやや若い方々が多いように見受けられました。ちょうど、親の介護や自分自身の身体の衰えに向き合わなければならない年代でもあることから、多くの方々に真剣に聞いていただけて、うれしく思いました。講演会後の懇親会でも、質問に来て下さる方々が絶えず、関心の高さが伺えました。

特別講義「地域と医療・福祉のつながり方」を開催しました

10月25日に学部1,2年生を対象として、特別講義「地域と医療・福祉のつながり方」を、開催致しました。学生たちは必修科目である「基礎演習」の一環として臨みました。特別講義の講師には、都岐沙羅(つきさら)パートナーズセンターの理事、事務局長を務め、センターの中核となって活躍されている斎藤主悦(ちから)様をお招き致しました。なお、本特別講義は平成29年度新潟県大学魅力向上支援事業の補助を得て実施したものであります。

都岐沙羅パートナーズセンターは、村上岩船の広域圏(すなわち、村上市、関川村、粟島浦村)において、地域づくりを推進している中間支援組織、NPO法人です。センターに所属されている方々は、単なる活動支援に留まらず、多様な主体との連携・協働によって、新たな事業や仕組みを主体的に生み出していく“事業プロデュースやコーディネート”にも積極的に取り組んでいらっしゃいます。たとえば、集落の伝統技術といった「地域のお宝」を交流やビジネスにつなげて、若者の居場所をつくるなど、この地域に活力をもたらしていただいています。月1回、若者の集える場として開催され、本学学生も参加している「おしゃべりCafe」も、活動のひとつです。

同センターは、高齢過疎化の進むこの地域において、活発な地域再生活動を推進して、行政や住民、企業を取り持ちながら、地域づくりを進めている実績が高く評価され、昨年2016年度に、第7回地域再生大賞を受賞されています。また、その2年前の2014年度には、総務省のふるさとづくり大賞において、団体表彰を受賞されているなど、全国的に見ても、その活動はめざましいものがあります。

特別講義では、センターの活動の様子について、動画を交えて紹介していただいたのち、本地域が直面する厳しい人口動態の現実を具体的に説明していただくとともに、学生たちが将来にわたってどのように地域と関わっていったら良いか等についても、お話しいただきました。地域再生のプロのお話を聞くことによって、学生たちは、より地域愛が深まったことと思います。本学の教育目標のひとつとして掲げている「地域社会に貢献できる人材の育成」にも繋がっていくことと確信しています。

当日はプレス取材も入りましたので、いずれ新聞紙面にも記事が出ることでしょう。

「食べる力をつける教室」吹き戻しトレーニングも絶好調です

先週のブログでも少し触れましたが、地域の高齢者の皆様を対象とした「食べる力をつける教室」では、呼吸機能強化のためのトレーニングの一つとして、吹き戻し(ピロピロ笛)を活用しています。そう、お祭りや縁日の屋台等で売っていた(売っている)、あの懐かしい吹き戻しです。ある程度の年代の方であれば、小さい頃にピロピロと吹いて遊んだ記憶があると思います。

誤嚥することなく食べて飲み込む、あるいは、たとえ誤嚥しかかったとしても、きちんと排出できる力のベースとなっているもののひとつに「正常な呼吸機能」があります。呼吸機能の強化のためのトレーニング器具として、懐かしい「吹き戻し」が改良され市販されています。おもちゃのそれよりは若干、値段も高めですが、吹く強さのレベルが3段階あって、自分に適した強さのものを選べるようになっています。その他にも、今は、さまざまな仕掛けがついた吹き戻しも市販されていますので、ご自身が楽しく無理なくトレーニングを続けられるものを選んで使用するのがいいと思います。

教室の参加者の皆さんにも思い思いに楽しく取り組んでいただいています。高く吹き上げる方もいれば、まっすぐ伸ばす方、下に突き出す方もいらっしゃいます(写真)。そして、教室のない日もご家庭でトレーニングをして記録につけてもらっています。

懐かしい道具を使って楽しくトレーニングを続けることで、脳機能もあわせて活性化されます!

食べる力をつける教室Ⅳ期3回目は大爆笑しました

今年も、本地域に白鳥の群れが飛来する季節がやってきました。今朝の通勤時、大学近くの田んぼで数十羽の白鳥が羽を休めているのを、JRの車窓から確認することができました。私自身は、今季に入って初の確認です。これから秋も深まり、冬がやってくる、そんな知らせです。

さて、昨日10月11日は、地域の高齢者向け「食べる力をつける教室」第Ⅳ期3回目を開催しました。今期の参加者は今のところ全員皆勤です。そのうち半分はリピーターの方たちです。

昨日の会では、あることをきっかけにある参加者の方の「笑い」が止まらなくなり、それが他の方々にも波及して、教室の会場は、しばらくの間、大爆笑が続きました。そして、その後のトレーニングも終始なごやかな雰囲気で進みました。それは、呼吸機能を高めるトレーニングで使う「吹き戻し」の吹き方を巡ってのこと。参加者の方々は、ご自身の子供のころを思い出されて、あるいはお孫さんといっしょに吹く姿を想像されて、それぞれに懐かしく楽しいことを想像して吹いていらっしゃるのだと思いますが、独特の吹き方を解説されている方がいて、それがおもしろかった…

笑うことは健康にいいこと、参加者の方々も、こんなに笑ったのは初めてと、皆おっしゃっていました。若い女性は、よく笑いが止まらなくなることもありますが、年を取ってからも、このように楽しめるのは素敵なことです。とにかく、とてもいい雰囲気の会なのです。なかには、日ごろの愚痴まで私に披露してくださる方がいらっしゃるほど、リラックスして気取りなく参加できる会なのです。

食べる力をつける教室4期目が始まりました

地域の高齢者の方々を対象に、昨年春から開講している「食べる力をつける教室」は、1年半が経ち4期目に入りました。(1期は、連続する10週間です。)

9月27日は、4期初回の教室日でした。この教室の参加者は、なぜか、いつも女性が多い傾向にあるのですが、今期の参加者の皆さんも全員女性でした。リピーターの方もいらっしゃいます。なかでも、これまで4期開催のうち、3期間参加という、素晴らしい参加実績のある方もいらっしゃいました。うれしい限りです。

初回は、いつもの通り、さまざまな口腔の機能検査を実施しました。最大咬合力(咬む力の強さ)、口臭、口腔内細菌量、口腔粘膜水分量、最長発声時間、舌圧、反復唾液嚥下テスト(唾液をできるだけ早く何回飲み込めるか)、オーラルディアドコキネシス(パ、タ、カの音をできるだけ早く何回発音できるか)、質問紙調査…等です。それから、希望者にはNIRSを使用して咀嚼時の脳血流の変化を見る検査も実施させて頂いていますが、今回は全員が希望されました。

次回来週水曜日には、最大咬合力の測定解析結果を返却して解説をいたします。そして、「咬む力」や「飲み込む力」をつけるトレーニングを開始していきます。

積極的で熱心な皆さんばかりですので、10週間後の機能変化(向上)が楽しみです。

磁気刺激装置(研究用機器)が入りました

夜、帰宅を急ぐ道の両脇にある草むらでは、秋の虫たちが競い合うように大合唱しています。夏から秋へと、季節の変化を身にしみて感じる今日この頃です。過ごしやすくなったこの時期は、落ち着いて研究を進めていくのにも適しています。

 さて、先々週のことになりますが、大学院に「磁気刺激装置(研究用機器)」が、新しく入りました。当面、高次脳機能障害コースの学生が修士研究を進めていくにあたり、本機械を活用する予定にしています。本装置を用いると、非侵襲的な方法で局所的に脳を刺激することが可能とのこと、単発刺激では、その安全性も確立されているそうです。

 機器納入に際して、業者の方によるデモがありました。デモ時の被験者は、機器導入を提案された本学特任教授の亀山茂樹先生(我が国のてんかん治療の第一人者)ご自身です。

 自らが一度は被験者になってみること…、これはさまざまな研究を行っていく上で必要なことと思い、私自身も実践しています。それだけでなく、私は若い駆け出しの頃、いつも指導教員である教授をまず被験者にして実験をしていました。今となっては、すごいことをしていたんだと…懐かしく思い出されます。

「よりそう力 医療・介護で活躍するセラピードッグ」大木トオル氏の講演を拝聴いたしました

8月26日(土)のオープンキャンパスでは、大勢の受験生・保護者の皆様に来学いただき、たいへんありがとうございました。同日の特別企画として、国際セラピードッグ協会代表大木トオル氏による「殺処分寸前を救助された犬達の感動の物語 よりそう力 医療・介護で活躍するセラピードッグ」と題した講演会及びセラピードッグ3頭によるデモンストレーションが開催されたので、私も参加してきました。

 以前のブログにも記載しましたが、医療系の大学で、アニマルセラピー・動物介在療法を導入している大学は、あまりないのでは…と思います。本学は、医療系の中に、心理学の分野も取り入れていて、とりわけ医療学部のリハビリテーション心理学専攻では、次年度より、正規科目として「アニマルセラピー」を開講する予定になっています。

 講演の中では、「セラピードッグは保護施設の捨て犬から根気強く育て上げていくということ。そして生まれ変わった犬たちは、医療・福祉の現場で活躍して高齢者たちの笑顔を取り戻すのに一役買っているということ」など、素晴らしい実話がありました。しかし、保護施設で引き取り手がなかった場合は、厳しい殺処分が待っているとのこと、以前より知っていたことではありますが、現場の様子のスライドが流れたときは、私も思わず涙が止まらなくなりました。

 最後は、愛くるしい犬たちによるデモンストレーション。犬たちがヒトに寄り添って歩いてくれる場面を見ることができました。ヒトが、通常の歩行速度だけでなく走ったり逆にゆっくり歩いたりしても、しっかりと歩みを合わせてくれる犬たち、杖をついて体を揺らしながら歩く方や車いすに乗った方を想定した場面でも、犬たちはきちんと対応してくれました。

そして、会の最後は、廊下で犬たちがお見送りをしてくれました(写真)。最初から最後まで、とても感動した会でした!

 保護施設の犬たちの殺処分が少しでも減り、また、セラピードッグたちが医療・福祉・教育をはじめとする様々な分野で、もっともっと活躍できる日を心待ちにしています。

食べる力をつける教室Ⅲ期のフォローアップ教室を開催しました

写真は、私の通勤途中、JR坂町駅から大学までの道、スクールバスの車窓から見える景色です。荒川の土手とその向こうに見える山並みがとても美しいです。

 さて、昨年度から地域の高齢者を対象に開講している「食べる力をつける教室」もⅢ期まで進み、Ⅲ期も好評のうち約1ヵ月前に終了しましたが、そのフォローアップ教室を昨日824日に開催いたしました。フォローアップ教室の開催については、1ヵ月前に通知したことであり、かつ時間もいつもより30分早い開始だったのですが、ひとりの欠席もなく、皆さん時間通りに集まってくださいました。最年長は90歳の方、80歳代の方もみんなお元気な様子で、にこやかな顔を再び見ることができ、私もうれしく思いました。

 教室の初回と最終回に採取したさまざまな「食べる力」に関する個人データをお返しし、ご自身で、データがどのように変化したかを確認していただきました。併せて、高齢者の一般的な平均値や必要な力などを示しながらデータの見方について解説いたしました。多くの機能が驚くほどと向上した方、初めから機能がわりとよかったために、数値の伸びがそれほど多くなかった方など、さまざまでしたが、一様に「この教室は効果があり有益だった、とても楽しかった、また機会があったら参加したい」などと喜んで帰って行かれました。

 日常生活でも思わぬ効果があった方もいらっしゃいました。たとえば、以前はお孫さんに「風船をふくらませて」と頼まれても、できなかったのが、この教室に通って、呼吸器系・肺の機能が強化されたのか、「風船がふくらませるようになったんですよ。孫が、私を頼ってくるようになってうれしい。」と、報告してくださった方もいらっしゃいました。

 参加してくださった皆さんには、教室が終わってもトレーニングや口腔ケアを継続していただけるよう、吹き戻しや歯ブラシなどのお土産を差し上げました。

 次期第Ⅳ期は927日から毎週水曜日全10回の予定で開催いたします。継続参加、新規参加いずれもお待ちしています。ご案内・お申し込み用紙は地域の老人クラブ経由で差し上げています。

8月26日のオープンキャンパス参加をお待ちしています!

8月26日のオープンキャンパスでは、特別企画として、国際セラピードッグ協会代表の大木トオル氏をお招きして「殺処分寸前を救助された犬達の感動の物語 よりそう力 医療・介護で活躍するセラピードッグ」と題した講演会が開催されます。例年、夏休み期間中のオープンキャンパスは賑わいがあり、とりわけ特別企画を設けた会では、大盛況となります。参加しようかと迷っている方…、百聞は一見にしかず、是非いらしてください。医療系の大学で、アニマルセラピー・動物介在療法を導入している大学は、あまりないのでは…と思います。本学は、医療系の中に、心理学の分野も取り入れていることから、このような企画を設けたり、実際のカリキュラムの中に取り入れたりすることが、比較的容易になっています。通常は、動物系の大学・専門学校で実施されている内容と思います。

 大木トオル氏は、ミュージシャンとしても有名な方で、受験生の保護者世代では、ミュージシャンとしての大木氏を知っている方も多いかも知れません。そして受験生世代では、小さい頃に、名犬チロリ(人間の虐待で脚に障害を負った雑種の捨て犬で、処分される寸前で大木氏に救われ、訓練の後、セラピードッグとして活躍した犬)の話を読んだこと、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?当地では、8月5日に放送された「動物ピース!!」というテレビ番組でも大木氏の活動が紹介されていました。現在は被災犬の保護にも尽力されているとのことです。

 オープンキャンパスでは、そのほかに、本学をよく知ってもらうための医療学部各専攻の企画や無料ランチも用意しています。皆さんのご参加をお待ちしています!