認知症カフェで甘酒はいかがでしょうか?

ここ数日、6月にも関わらず最高気温が20℃まで達しない肌寒い日が続いています。こんな日は、冷たい飲み物より温かい飲み物が欲しくなります。

さて、皆さんは甘酒をお好きでしょうか?甘酒は温めても冷やしても、どちらでもいける飲み物です。どちらかというと、冬、お正月などに熱々を飲むイメージがありますが、かつて江戸時代には、夏の栄養ドリンクの一種として、もてはやされていたそうです。最近はブームが再来し、「飲む点滴」としても注目を浴びています。甘酒は天然のブドウ糖の甘みにビタミン・ミネラルがたっぷり含まれていて滋養豊富であり、かつ、特に中・高齢者にとっては、子どもの頃に親しんだ、なつかしい味わいのある飲み物だと思います。私も、子どもの頃、冬に雪で作った「かまくら」の中に入って飲んだ記憶があります。

本学では、毎月1回土曜日、年間を通じて、認知症(オレンジ)カフェを開催しています。認知症カフェは、認知症のご本人やご家族、地域住民、専門職など、認知症に関心のある誰もが気軽に集まり、仲間づくりや情報交換を行う拠点として全国的にも広がりをみせています。高齢化が進む我が国では、7年後には5人に1人が認知症になるともいわれており、その対策として推進されているものの1つが認知症カフェの普及です。

本学における認知症カフェでは、当事者同士が交流できるゲームやアクティビティなどに、学生のアイディアが活かされ、学生がカフェの運営に協力してくれています。若い学生と参加者との交流は、とりわけ当事者にとって新鮮な刺激となり大きな効果が期待されます。

そんな本学の認知症カフェで、秋から、村上市の地元酒蔵の大洋酒造さんとタイアップして、甘酒を提供致します。当事者の皆さまには、甘酒をきっかけに昔を思い出してもらい、その思い出を語ってもらい、学生がこれを傾聴します。甘酒体験により懐かしさが湧出したり、その他の感情の変化があったりするかについて聞き取り、認知機能全般に変化がもたらされるかについて調査致します。認知症予防事業に用いられているいわゆる回想法による効果を期待しています。

  • 回想法による効果

・認知症予防事業にも用いられ、効果のあることが報告されています。・昔のことを回想してもらうと、海馬や前頭葉が活発に刺激されます。・他人とコミュニケーションを取りながら行うことにより、前頭葉がさらに活性化し、認知症の進行抑制・治療効果も期待できます。

  • 甘酒により期待される効果

・昔懐かしい飲物を使用することで「味覚」「嗅覚」をはじめとする「五感」が刺激され、より回想法の効果が高まります。・認知症カフェの場で、みんなとコミュニケーションを取りながら実施することで、より高い改善効果が期待できます。・最近は豊富な栄養成分が着目され、体にも良いと言われています。

なお、上記計画につきましては、平成30年度新潟県大学魅力向上支援事業に申請した内容の一部となります。

研究成果報告書をホームページに掲載しました

平成27~29年度の3年間にわたって実施してきた私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「地域高齢者の日常生活機能を向上させるプロジェクト」(本ブログでもたびたび取り上げた「食べる力をつける教室」と「転倒予防教室」に関するプロジェクトです)の研究成果報告書と研究成果概要が完成し、先日、文部科学省に提出させて頂きました。あわせて、本学ホームページの、大学紹介>地域連携>地域における研究プロジェクト、のページに、その内容(研究成果報告書129ページ、研究成果概要前半20ページ分。両者は一部、異なる内容を含んでいます。)を掲載致しましたので、ご覧下さい。http://nur.ac.jp/about/project/

研究成果報告書は冊子体を作成しています。冊子体をご希望の方は、上記リンク先にある、お問い合わせ先メールアドレスまでご連絡頂けましたら幸いです。

なお、上記教室は、プロジェクト期間終了後も、引き続き開催を続けています。

この頃の夕方~宵の風景

5月も末日となり、この頃は随分と日が長くなりました。夕日を眺めることができるチャンスも増えてきました。日本海に沈む美しい夕日は、当地の自慢の一つです。

先週金曜日は、今年度本学に入職した3名の教職員の歓迎会が、海沿いに建つ温泉旅館の広間でありました。会場に着いた頃は、まさしく夕日が沈もうとしている時間帯でした。あっという間に沈んでしまうのを追いかけようと、急いでカメラを取り出したものの、窓越しに撮った風景には、蛍光灯の光が映り込むわ、夕日は遠くて小さいやら、失敗作でした。本当は、素晴らしい眺めなのです! 季節によって夕日が沈む位置は変わるのですが、今は北よりの粟島方面に沈むように見えます。

次は音の風景。帰路で利用しているJR坂町駅では、ホームで電車を待っている間、毎日必ず、キジの雄の元気の良い「ケーン、ケーン」という鳴き声が聞こえてきます。姿は見えないのですが、きっとそう遠くないところにいるのでしょう。今はちょうど繁殖期に当たるということですが、そのせいか、声の力強さは相当のものです。キジは日本の国鳥であり、村上市の推奨する鳥でもあります。

最後にもうひとつ。随分前から宵の空を見上げると、西の方向に宵の明星が輝いています。毎日微妙に位置は変わっているようですが、しばらくの間は、ほぼ同じ方向で楽しめるようです。他の星と違って非常に明るいのでたやすく見つかり、一度見ると毎日くせになって空を見上げてしまいます。

タケノコをソフトスチーム加工で軟らかく!

咀嚼力の衰えた高齢者向け食材をソフトスチーム加工で調製する研究を実施している中で、新しい食材“タケノコ”にチャレンジしてみました。皮付きのまま一本丸ごと、あく抜きもせずに加工したものを、事務職員の皆といっしょに試食してみたところ、「軟らかくておいしい」「タケノコの風味が強い」「あく抜きしていないのに、えぐみが少ない」などと大評判でした。試食するまでは、ちょっと失敗かな?と思って、タケノコは、やめようと思っていたのですが… 予想外に好評でした。これは、いけるかもしれない… さらに進めていきます。

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の研究成果報告書冊子体もうすぐ完成予定です

4月・5月は、これまで実施してきたことの報告書とこれから実施することの申請書等の書類作成が重なる時期です。それらに関連したさまざまな原稿の締め切り等が、連日のようにどっと押し寄せてきているのですが、逆に面倒なもの(?)がひとつずつ片付いていく過程は、心地よく感じます。

さて、3年間実施してきた私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「地域高齢者の日常生活機能を向上させるプロジェクト」の研究成果報告書冊子体の原稿が、関係者の皆様の協力を得て今朝までに仕上がり、ようやく製本印刷に回すことができました。今月末の文科省への提出締め切りまでには、間に合って納品される予定です。

その中で冒頭に掲げた私の「はじがき」を、一部抜粋して以下に掲げます。なお、報告書全文についても、後日、本学ホームページ上の特設サイトに掲げる予定です。以下、はしがきの一部抜粋。

本プロジェクトでは、急速に高齢化が進む新潟県北地域の高齢者を対象に、日常生活機能の向上および機能障害の予防を目的に組み立てたオリジナルの訓練プログラムを、テーマ1:「摂食嚥下機能の向上」では「食べる力をつける教室」の中で、テーマ2:「身体機能と認知機能の向上」では「転倒予防教室(本学と関川村の2ヶ所で実施、それぞれ「転ばぬ筋力アップ教室」、「健脚・健脳うんどう日」)」の中で継続的に実施して参りました。そして、プログラム実施前後の機能評価を比較することで、プログラムの有用性を検証いたしました。本プロジェクトによる検証結果をふまえ、地域の高齢者の皆さまには今後も継続して、それぞれのプログラムを改善しつつ提供していく所存でございます。高齢者医療・福祉の活性化を望む、本地域の皆さまのご要望には、引き続き、お応えできるよう、また、地域の課題解決に繋がっていくよう努めて参ります。本プロジェクトの実施により、地域高齢者の皆さまの健康が、より多くの側面から維持・向上したことを確認できました。今後もその良い状態を長く保つことができるよう、大学としてのサポート体制を、しっかりと整えていきます。

地域の皆さまを対象に開講してきた上記の「食べる力をつける教室」と「転倒予防教室」では、本学医療学部の学生達も、機能測定等を実施するスタッフとして運営に参加してくれました。学生達にとっても地域住民と共に学ぶことができ、将来医療人として活動していくための基本姿勢を学ぶことに繋がったと思います。

また、教室の開講に当たっては、新潟県村上地域老人クラブ連合会の関係者の皆さま、そして新潟県岩船郡関川村役場・地域包括支援センターの関係者の皆さまには大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げると共に、今後もご協力よろしくお願い申し上げます。

食べる力をつける教室は、すでに大学ブログhttp://nur.ac.jp/blog/seminar/2227/でも記事掲載がある通り、今年度の教室が今週水曜日から始まっています(写真は教室開始前に参加者の方たちからアンケートを記入いただいている場面です)。今後もよろしくお願いいたします。

村上市制施行10周年記念式典に出席してきました

4月28日(土)、村上市より招待をいただいていた「村上市制施行10周年記念式典」に出席してきました。当日配られた「村上市10年の歩み 年表」には、平成22年の出来事として、本学の開学についての記載もありました(写真)。

式典の日程は、本学のオープンキャンパスと重なったため、午前中は村上市民ふれあいセンターでの式典に出席し、お昼過ぎに大学に戻り、オープンキャンパスに加わりました。オープンキャンパスの様子については、大学ブログで報告がありますので、そちらをご覧ください。http://nur.ac.jp/blog/opencampus/2167/

記念式典では、高橋邦芳村上市長の式辞、三田敏秋村上市議会議長のあいさつに続き、8名のご来賓からご挨拶をいただきました。その後、これまでの10年を振り返り、合併時に貢献いただいた方々に感謝の意を表するとともに、更なる発展を願って合併功労表彰が行われました。続いて、来年度統合により閉校となる小学校4校の児童代表から、「未来に向けた夢」と題した発表がありました。少子化とはいえ、4校も廃校になるとは、ちょっとショックでしたが、子供たちは皆、逞しく、明るく力強く未来への夢を堂々と発表してくれました。

最後に、平野歩夢選手へ、第1号となる村上市市民栄誉賞の贈呈が行われました。平野選手は、ご存知の通り、第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)スノーボード男子ハーフパイプ競技において、わが国最年少で銀メダルを獲得したことに続き、第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)スノーボード男子ハーフパイプ競技で2大会連続の銀メダルを獲得した、すばらしい功績があります。テレビや新聞等では、「平野選手への村上市民栄誉賞贈呈」の部分のみがクローズアップされて報道されていましたが、式典の中では、ほんの一瞬、最後のひとコマでした。とはいえ、一般の式典参加者の関心ごとはやはり、平野選手。彼を目当てに、朝早くから会場の入り口に行列ができていたとか…

村上市市民栄誉賞は、特に顕著な功績により、市の誇りとして広く市民に敬愛され、社会に明るい希望と活力を与えた方を表彰してその栄誉をたたえる賞とのこと(村上市ホームページより)。表彰状および盾が授与されるとのことでしたが、盾は村上木彫堆朱のものを準備中らしく、表彰式には間に合わなかったようで、残念でした。

今後も村上市のさらなる発展を祈念するとともに、本学も市との連携をさらに強めていきたいと考えています。

村上木彫堆朱の製作過程を作業療法の実習に取り入れます

村上木彫堆朱とは、木製の器物に彫刻および、きゅう漆を施して仕上げられた工芸品であり、木彫堆朱、木彫堆黒、木彫朱溜塗、木彫金磨塗、木彫色漆塗、三彩彫の総称だそうです(村上高等職業訓練校漆器科テキストより)。本地域に古くから伝わる伝統工芸品ですが、近年は専門に製作にあたる後継者の育成が困難となり、むしろ、趣味の世界として楽しむ人たちの方が多くなってきていると聞きました。

本日、村上高等職業訓練校の漆器科(村上木彫堆朱の工程を実際に学ぶことができる学科)を訪ね、校長先生、事務局長、講師の先生方と、本学の作業療法学専攻の実習に、「堆朱の彫り」の過程を導入したい旨、お話をさせていただきました。ご快諾いただき、早速、今年度後期の授業で、堆朱の彫りの過程を体験できる運びとなりました。

村上は、皇太子妃雅子様のゆかりの地であることから、同校から皇室へ献上した作品もいくつかあるとのこと、また、全国の大会で優勝した作品もあるということで、見せていただきました。写真上左は、実際に学生が体験できる内容となっています。まっさらの丸い木から写真のような彫りをいれていくところまでです。こちらは急須台ということでした。他の作品(写真上左以外)は職業訓練校の生徒さんが実際に製作されたものとのこと。中には賞を獲得された作品も含まれています。写真より実物で見ると、もっとすばらしいです。

本学の学生にとっては、めったにできない貴重な体験になることと思います。

隣接する関川村で介護予防講演を行ってきました

三寒四温の季節ですが、ここ数日は寒の周期のようです。冷たい雨の降りしきる昨日3月19日、本学のある村上市に隣接する関川村で、介護予防講演を行ってきました。悪天候で足元が悪いにもかかわらず、村の元気な高齢者約110人が、会に参集してくれました。同村は2017年時点での高齢化率が40.6%と、新潟県内の市町村の中では、高齢者の割合が5番目に高い村です。会場となった村民会館のアリーナ(大体育館)では、大砲のような大型のジェットヒーターが何台もたかれ、広い空間を温めてくれていました。それでも、じっとしていると寒さがじわじわと伝わってくるほど、底冷えする一日でした。

さて、今回の講演会は、文科省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に採択された研究成果「地域高齢者の日常生活機能を向上させるプロジェクト」の結果報告を兼ねた、一般住民(高齢者)を対象とした啓発活動の一環として実施したものです。会の準備や開催にあたっては、関川村の関係者の方々に大変お世話になりました。どうして、関川村での開催となったかというと、本プロジェクトのテーマ2「運動機能・認知機能の向上」での研究フィールドを同村(本学と地域包括連携協定を締結済み)とさせていただいたためであります。

最初にテーマ2からの報告として、研究分担者の作業療法士・田中善信から「健脚・健脳うんどう日の効果を知って皆で今日から介護予防に取り組もう」と題した講演があり、次に私から、タイトルを合わせる形で設定した「健脚・健脳プラス「食べる力」をつけてさらに健康長寿をめざしましょう」と題した講演を行いました。ちなみに「健脚・健脳うんどう日」というのは、テーマ2の研究者たちが関川村で実施していた「転倒予防&認知症予防」のための運動教室の名称です。講演の後には、田中から、教室で実施しているスクエアステップの実技指導もありました。参加者の皆様は、寒さも吹き飛ばすくらい元気よく、いきいきと楽しんでいらっしゃいました(写真)。

来年度以降もこれらの教室は継続発展させて実施していきます。地域の皆様の健康意識が高まり、また、これらの取り組みが健康長寿に役立つことを願いつつ… 本学はさまざまな地域貢献活動を続けていきます。

研究成果報告会(私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)を開催しました

ロングブーツからミドルブーツになり、今はショートブーツを履いていますが、来週からはパンプスでよさそうです。雪どけが一気に進みました。

春、年度末は、いろいろなものの総括や成果報告を行う時期であります。3月9日は、私立大学戦略的研究基盤形成支援事業で3年間実施してきた「地域高齢者の日常生活機能を向上させるプロジェクト テーマ1摂食嚥下機能の向上、テーマ2身体・認知機能の向上」研究の成果報告会を、本学B棟大講堂で実施致しました。本プロジェクトは、私がプロジェクト全体とテーマ1の研究代表者として、これまで活動を行ってきました。本ブログでも、このプロジェクトの一環として開催してきた「食べる力をつける教室」について、たびたび紹介してきました。

研究成果報告会は本学の臨床実習指導者会議の日程とあわせで実施しました。そのため、全国各地にある本学学生の臨床実習先の指導者であるリハビリ3職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の方々に研究発表を聞いて頂くことができました。大勢の専門家が本学に集まる、ちょうど良い機会でした。また、私たちの研究発表だけでなく、浅川康吉先生(首都大学東京 健康福祉学部理学療法学科 教授)をお招きし「リハビリテーション専門職による地域での介護予防の実践」と題した特別講演会も開催致しました。これらの同時開催の設定は、テーマ2代表者の松林先生の素晴らしいアイディアでした。報告会の模様は、現在作成中の研究成果報告書(冊子)にも盛り込む予定にしています。

今回は専門家向けの研究成果報告会でしたが、3月19日には、地域住民向けの報告会を関川村で開催致します。今回のものと内容構成スライドを変更し、素人の皆さんにも、わかりやすく説明する予定です。

今日は大学院東京サテライトキャンパス(秋葉原)の入試に行ってきました。入試は明日も続きます。そして、しあさっては卒業式・学位記授与式です。春の行事が慌ただしく続いていきます。

平野歩夢選手を育んだ村上で学んでみませんか

先日来の大雪と格闘しながら疲労が蓄積しつつあった村上市民に、いや、日本の全国民に、昨日は、うれしいニュースが届きました。平野歩夢選手、よく頑張ってくれました。おめでとうございます!すでに本学の他のブログでも記事がありますので、そちらもご覧いただけましたら幸いです。

平野選手が出場する昨日のお昼前、本学のテレビを設置してある場所には、多数の教職員・学生が詰めかけました。手作りのスティックバルーンまで用意されていました。このいっときの観戦タイムは、業務の休憩時間ということで柔軟に対応させていただき、私も事務局前のテレビ画面にくぎ付けになりました。3回の競技時間になるたびに、「先生、始まりますよ」の電話をいただき、テレビ前に駆け付けました。皆で見ると、感動は何倍にも膨れ上がります。

平野選手は小さい頃から、村上市にある日本海スケートパークで練習されていたとのこと。この練習場は、お父様の熱意により、行政と応援グループが動き、何もなかったところから一からはじめて、作りあげていった施設と聞いています。そのような周りの動きと、そして、何といっても本人の努力は素晴らしい!1年前の大けがからも、熱心なリハビリを続けた結果、見事に回復し、さまざまなプレッシャーをかけられながらも、強靭な精神力をもって、すべてを跳ねのけてきた結果でしょう。強い志があり、目標に向かって努力を続ければ夢は実現するのです。国家資格取得を目指す、本学の学生にとっても、希望が与えられたことと思います。

ここ村上は、新潟県最北端の小さい町ですが、地域一丸となって、皆さんの夢を育んで応援する風土があります。都会に比べれば、さまざまな施設も立派ではなく、生活環境も不便なところがあるかもしれません。しかし、この地の温かい人情に支えられ応援され、大きな目標も達成できるのです。

本学も学生の皆さんの夢の実現に向けて全力をもって支援していきます。平野選手が1年前にたたかっていたリハビリも心の問題も、本学では両方を学ぶことができます。