カテゴリー: 大学・教育・研究

大学基準協会への報告書を作成しています

暑い日が続いています。熱中症と突然の豪雨にお気をつけ下さい。

 さて、本学は平成25年度に、大学認証評価機関である「大学基準協会」の大学評価を申請し、「適合」の認定を受けています。「適合」と認定された大学は、いっしょに付された「改善勧告」や「努力課題」について、その後の改善状況に関する報告書を、結果通知を受けてから3年後までに作成・提出することになっています。これは、同協会が大学の改善・向上のための支援を継続的に行うために実施しているとのことです。本学はこの7月末日に、改善報告書の提出締め切りを迎えるため、現在、報告書の作成が山場を迎えています。報告書のようなものは、一貫した内容を記述する必要があるので、数名で手分けして記述するよりは、ひとりの人が同一課題の記述に取り組んだ方が、スムーズです。もちろん、課題改善のためには、全教職員の協力なくしては不可能なことです。ですから、私自身、皆さんのこれまでの苦労と努力に感謝しながら、記述を進めています。

 改善報告書は、提出後、同協会の大学評価委員会の下に設けられた改善報告書検討分科会において、その改善状況が評価されます。評価の結果は、「改善報告書検討結果」としてとりまとめられ、さらに改善が必要であればその旨が指摘され、その場合は、次の大学評価(7年ごとの受審が求められています)の際にその改善状況の報告が必要になるとのことです。

 努力課題と改善勧告は定義が異なっており、前者は「大学としての要件は充たしているものの、理念・目的・教育目標の達成に向けた、一層の改善・改革の努力を促すために提示するもの。提言を受けた対応をとることが強く望まれるが、提言に対してどのように対応するかは原則として各大学の判断に委ねられる。ただし、その対応状況について報告が求められるもの。」後者は「法令違反など大学としての要件を充たしえていない、あるいは、改善・改革への取り組みが充分でないという事項に対し義務として改善を求めるもので、必ず改善・改革に取り組むとともに、その結果を報告することが求められるもの。」とのことです。(『大学評価ハンドブック 申請大学用・評価者用』81 頁 より)

 本学は、上記の定義で、より軽い方の「努力課題」のみが付されており、これまで改善に向けて絶え間ない努力を続けてきているため、課題はクリアしつつあります。

この記事をブックマーク/共有

2年生の生理学実習は先週金曜日で実技日程を終えました

当地は、アジサイが元気に咲く(写真は本学園のクリニック脇に咲くアジサイです)梅雨の真っ只中にありますが、ここ数日は、梅雨を吹き飛ばすかのような猛暑と晴天が続いています。潮風に乗って運ばれてくる空気は、どことなく懐かしい真夏のにおいがします。一方で、九州地方などでは、豪雨による大変な被害が出ています。お見舞い申し上げます。

 さて、先週金曜日の七夕の日は、村上大祭の日で、本学の学生や教職員で参加する者もいましたが、学部2年生にとっては、必修科目である生理学実習(実技)の最終日でもありました。私は、いくつかある実習の項目の中で、「心電図実習」の測定のお手伝いに入らせていただきました。この実習では、男女別に2~3人ずつの小グループに分かれて心電図の測定準備から後片付けまでを含む、一連の動作を経験し、自分自身の心電図のデータを手作業で解析していきます。基礎実習のひとつですので、電極は四肢にのみ取り付け、胸部には取り付けません。指導させていただく立場としては、グループごとに実に異なる個性がみられて、それも楽しみのひとつであります。心電図の測定自体は、あっという間に機械(心電計)が自動で行ってくれますので、「もう終わったんですか、早いですね」というような感想も多く聞こえてきて、また初めて見る自分自身の心電図波形に感動する学生も大勢います。

この記事をブックマーク/共有

若い感性で仕上げた本学のPVを見て下さい

本学の若い職員と学生の感性で仕上げたプロモーションビデオ( PV )が、このたび完成し、動画サイトYouTube (以下のURLからお入り下さい)にアップされています。視聴時間は230秒です。

https://www.youtube.com/watch?v=rHL49vUnA6w

 学内の様子だけでなく、美しくやさしい村上地域の「自然の風景」や「趣のある街並み」、「農村の風景」なども随所にちりばめられています。そして、バックグラウンドには、覚えやすいメロディーのオリジナルの音楽も流れています。

 是非、ご覧ください。本学や村上の雰囲気を感じ取っていただけましたら幸いです。

この記事をブックマーク/共有

大学院東京サテライトキャンパス教員とのミーティングを行いました

昨年4月に設置した大学院東京サテライトキャンパスでは、専門的な特徴ある教育研究を求めて、全国各地から集まった社会人学生たちが学んでいます。平日昼間はそれぞれの仕事を持つ学生たちですが、夜は各自、時間をやりくりしながらWEB授業やe-learningを中心に自分のペースで進め、さらに、土曜日曜を中心に、東京サテライトキャンパス教室(写真)で対面授業や研究指導を受けています。

 昨年度は東京の池袋地区で開講していましたが、今年度からは、より広く利用しやすい秋葉原のビルのワンフロアーを借り切って開講・運営しています。秋葉原の大通りに面しているビルですが、教室内はとても静かな環境が保たれています。御徒町駅や秋葉原駅から徒歩でのアクセスも抜群です。

 東京サテライトキャンパスを担当する教員と、村上本校の教職員は、日頃は電話やメールでやりとりしていますが、昨日630日は両者が対面でミーティングいたしました。現在の問題点を確認し解決策を話し合ったり、今後の運営方針について確認したりしました。来年度(平成30年度)から、サテライトキャンパスでは、現在の高次脳機能障害コースに加え、運動機能科学コースも立ち上げます。これに伴い、新たな学生募集の方策についても検討致しました。

 東京で高次脳機能障害、運動機能科学を学んでみたい方は、どうぞ、お気軽に村上本校までお問い合わせ下さい。学生募集要項は8月頃に完成予定です。

この記事をブックマーク/共有

大学ロゴマーク入り「パワーポイントスライド用テンプレート」ができました

すでに過去のブログでも掲載しておりますが、本学のロゴマークを制定すべく、そのデザインを、20169月~20171月まで公募した結果、多数の応募があり、20172月の大学運営委員会会議において協議の末、ロゴマークのデザイン案1点を選定しておりました。その後、専門家にデザインの調整を行って頂き、本学ホームページに掲載の通りに完成しております。http://nur.ac.jp/logo/

 ロゴマークは、村上市の花「ハマナス」をベースに花が咲き開くことと、『新潟リハビリテーション大学の使命となる四方(教育、研究、地域貢献、グローバル化)へ向けての役割を果たすことで未来へ向けて花開く』というイメージを掛けて表現したデザインとなっています。今後、教職員・学生等が、本学をアピールし印象付けるマークとして、学内外へ発信するさまざまな情報(印刷物、ポスター、その他)に使用していきます。

 そして、このたび、大学ロゴマーク入り「パワーポイントスライド用テンプレート」が、2種類出来上がりました。大いに活用して、本学を印象付ける広報を行っていきたいと考えています。

この記事をブックマーク/共有

新しい課題での科研費研究をスタートさせました

いわゆる科研費とは、科学研究費助成事業のことで、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」のことをいいます。ピアレビューによる審査(研究者間での公正な審査)を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです(日本学術振興会ホームページより一部引用)。

 私は、本学に着任してからこれまでに、「新しいソフトスチーム技術を応用して咀嚼・嚥下困難者用食材を調整する 2011~2013年度」「咀嚼力の衰えた高齢者の栄養改善に向けた食べやすいソフトスチーム加工食肉の調整 2014~2016年度」の研究課題が審査を通って採択され、研究を遂行してきました。そして、今年度からは新たに採択された「咀嚼機能を考慮したソフトスチーム加工食材の調製~高齢者の豊かな食生活をめざして~ 2017~2019年度」の課題に取り組みます。この間、一貫して「ソフトスチーム加工」という調理加工技術を使った高齢者向けの食材というテーマは変わっておりません。

 昨日(623日)は、ソフトスチーム加工で協力を頂いている、村上市高根フロンティアクラブの担当者の方と新たな課題の進め方について打ち合わせをさせていただきました。“高齢者の豊かな食生活のために”ということで、山間にある高根地区の特産品である山菜の“ふき”や“魚のイワナ”なんかにも挑戦してみようという話になりました。

 今の私は、大学運営等で大幅な時間が割かれているというのが現状ですが、研究については、少し時間の取れる?夏休み等に集中して進めていく予定にしています。

この記事をブックマーク/共有

新潟県大学魅力向上支援事業に応募します

新潟県総務管理部大学・私学振興課より、19日(月)付で「新潟県大学魅力向上支援事業に係る事業計画の募集について」という通知文書が届きました。それ以前にも簡略な案内が届いており、本学からも申請する予定があるとして、すでに事業計画概要は提出しておりました。今回はそれに対し、正式な募集要項が届いたのでした。

 昨年度まで実施されていた、県の同様の事業(新潟県大学経営改善支援事業)をリニューアルしたということで、ほぼ申請が通った昨年度までと異なり、今年度からは書類審査とプレゼン審査のある競争型(有識者による審査委員会を経て採択課題を決定)となったということです。評価の視点は次の通りとのことです。

「必要性」・自大学の特色や強みが明確化され、それらを活かした事業となっているか。・自大学の現状分析に基づく課題解決に繋がる事業となっているか。「事業内容」・大学独自の創意工夫や先進性が見られる事業となっているか。・高校生や保護者のニーズを踏まえた事業となっているか。・企業が求める人材育成に繋がる事業となっているか。・適切な媒体や手段を活用し、効果的な情報発信を行う事業となっているか。「事業効果」・適切な成果目標が設定され、達成に必要な取組を行う事業となっているか。・大学の魅力向上に顕著な効果が見込める事業となっているか。(大学魅力向上支援事業 別記 より)

昨日22日(木)には、県の担当者の方が来学され、本学の事業計画概要や本学の現状について、ヒアリングされていきました。申請が通ることを祈りながら、私自身、目下、事業計画書を作成中です。

この記事をブックマーク/共有

村上駅・坂町駅と本学の間の無料スクールバスを、この春から大幅に増便しています

昨日(621日)、ようやく新潟地域も例年より8~9日程度遅く、梅雨入りしたとの発表がありました。おとといまでは、この時期にしては珍しく、さわやかな晴天が続いていましたが、昨日は一転して久しぶりの雨と強風で、一部列車のダイヤも乱れていました。これからの雨の季節に、通学の足の頼りになるのが“スクールバス(写真は主に坂町方面を運行している大型のバス、他に中~小型のバスもあります)”。駅から少し距離のある本学、できれば雨の中を歩きたくない…というのが本音。しかし、スクールバスに乗れば、天候の悪さも気になりません。

 そんな頼りになるスクールバスですが、この春から便数が大幅に増え、格段に便利になりました。JRを利用して遠距離通勤している私は、特に身をもって感じています。さらに、学生さん達にとっては、今年度から時間割もゆったりしたもの(朝9時半始業で90分×4コマ基本)に変わったため、たとえば、新潟市からJRで通学している学生の声を聞いてみても、「昨年より朝1時間ゆっくり家を出れるようになった」と好評です。

 スクールバスは、始発の8時半から最終の19時大学着まで、1日あたり23便、運行しています。もちろんJRの時刻や授業の時刻を考慮しての発着設定になっています。JRが遅延した際には、駅前である程度の時間は待っていてくれます。人気の時間帯の便は、大型バスでも満席になるほどの盛況ぶりです。

 それから、学生アパートが密集している椿が丘地区へもバスは行きます。大学からアパートのある地区まではそんなに距離もなく、小中学校時代は十分に歩いていた距離でしょうが、いったん慣れてしまうと…。

 とにかく、いつ何回乗っても(本学関係者にとっては)便利なうえに無料です! 私は毎日利用しています。

この記事をブックマーク/共有

日本私立大学協会第62回関東地区連絡協議会に出席してきました

616日(金)に、アルカディア市ヶ谷(私学会館・東京)において開催された、日本私立大学協会第62回関東地区連絡協議会に出席してきました(写真は開会前の会議室です)。本協会は地区ごとに7つの支部に分かれていますが、本学は関東地区の所属になっています。会は、総会、連絡協議、講演と続きました。当日は、関東地区の加盟139大学のうち104大学155名の出席がありました。

 まず、総会では、昨年度の事業報告と収支決算の承認、今年度の事業計画(案)と予算(案)、秋季総会の関東地区での開催予定についての議案があり、すべて可決・承認されました。

 続く連絡協議では、①私立大学に対する今後の国の財政支出の在り方および税制問題について②中央教育審議会等の審議動向と大学改革問題等への対応について、情報提供がありました。中でも次の3つの重要事項について、今後も注視していく必要性が強調されました。①東京の大学の新増設抑制、地方移転(地方へのサテライトキャンパスの設置を推進!?)、②実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関(いわゆる専門職大学)の制度化が行われ、現在は今夏を目標に設置基準を作成中、これに伴う学校教育法の一部を改正する法律案の施行期日は平成3141日、③入学者選抜問題にすり替わってしまっている高大接続に関する問題

 最後の講演会では、現在慌ただしい最中の文部科学省から、当初予定されていた講師ではなく、急遽ピンチヒッターで、高等教育局私学部長が駆け付け、「高等教育をめぐる諸課題について」と題した講演を、わかりやすくコンパクトにまとめて行われました。そこでのキーワードは「地方創生」「専門職大学」「骨太の方針」「私立大学等の振興に関する検討会議」の4つで、最初の2つは連絡協議とも共通するものでした。検討会議における審議のまとめの中では、今後の私立大学振興の方向性についても述べられ、その中のひとつとして、今後は「社会人の学び直しやグローバル化への対応も重要である」とのことが改めて確認されました。

この記事をブックマーク/共有

健康ビジネス協議会講演会「いくつになっても成長する脳の強化法」を拝聴してきました

613日(火)、新潟市にあるANAクラウンプラザホテルにおいて、一般社団法人健康ビジネス協議会の平成29年度定時総会・講演会・懇親会が開催されました。総会には、御来賓・アドバイザー・自治体関係者・会員の合計156名の出席があったとのことでした。

 本協議会は、新潟県の健康ビジネス連峰 政策に呼応して、新潟県健康ビジネス協議会として8年前に発足し、以来、健康ビジネスのトップランナーを目指して情報発信と交流、市場開拓、会員同士のビジネスマッチングやセミナーを開催しているそうです(同協議会ホームページより)。会員は全産業を対象としており、「食」「サービス・交流」「ものづくり」3つの部会から構成されています。本学も今年の5月から、本協議会の会員になりました。

 講演会では、ベストセラー「脳の強化書」等で著名な、「脳の学校」代表・加藤プラチナクリニック院長の加藤俊徳先生による「いくつになっても成長する脳の強化法」のお話しがありました。先生は、以前、本学の大学院特別講義にもお招きしております。私の高校時代のクラスメートの方です。講演は、さまざまなパフォーマンスを交えながらの、とてもパワフルで元気が出る内容で、わかりやすくすぐにでも実践できる脳トレの紹介もありました。加藤先生には、講演の前に、個人的に歓談する時間も設けて頂きました。

 そして、引き続いて行われた懇親会では、おいしい料理を食べながらさまざまな業種の方々と情報交換が進みました。

この記事をブックマーク/共有
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲