DaiGo先生の出前講義

こんにちは!入試広報課の吉井です
11月に入りました。今年もあと2ヶ月です。。。
みなさんいかがお過ごしでしょう?

さて、報告が遅れましたが、10月27日にDaiGo先生が高大連携校である
新発田中央高校さんで出前講義を行い、さらに大学でも講演会を行ないました。
大学での様子については、学習センターのブログでどうぞ(笑)→クリック🖱

ここでは、新発田中央高校さんで行われた出前講義の
印象に残ったお話しについてお伝えします。

突然ですが、みなさん『目標』持っていますか?
きっと、「全国制覇!」・「志望校に合格する!」・「理学療法士or作業療法士になる!」
など、いろいろとあると思います。また、受験生のみなさんは入試シーズンに入りましたので、
日々持っている目標に向けて努力しているのではないでしょうか?

DaiGo先生が言うには、「自分が得をする目標」よりも「自分以外の人が得をする目標」を
立てることで、その目標に対しての不安が2倍減るらしく力も発揮されやすいとの事でした!!!!
なのでただ、目標を立てるのではなく、『理学療法士になって、対象となっている人達をサポートしてあげる!』や『志望校に合格して、お父さん・お母さん、先生を安心させてあげる!』といった事を追加すると良いのではないでしょうか?

この他にも、自分の感情に点数を付けることで緊張をコントロールしたり、
勉強は自分の言葉でまとめ要約すると覚えやすいなどアドバイスをしていました!
ぜひみなさんも試してみてください😉

特別講演「地域に根ざす”専門職学校としての役割」

みなさんこんにちは😉

10月25日(水)に新潟県大学魅力向上支援事業として特別講演が行われました!

特別講演は地域再生大賞受賞NPO法人

NPO法人 都岐沙羅 パートナーズセンター

事務局長・理事 斉藤主悦 様をお招きしての講演でした。

これからの超高齢化社会において必要な知識を得るために

「地域に根ざす”専門職学校としての役割」の講義を行いました。

これからの超高齢化社会の中で何をどう行っていくべきなのかを明確にするために

現状の把握、これからの戦略の進め方などをデータを元に講演をして頂きました!

学生の皆さんも地元に根付いたデータを元にメモをとりながら興味深く聞き入っていました✏

特に講義中内容の中で、“小規模高機能集落”という内容では大きなマーケットではなく本当に必要なサービスを行き届かせていくというお話がありました。学生は講演を聞き、今後の将来像を描いていたのではないかと思われます!

学生達には専門職としての知識だけではなく、現代を社会人として生きていくために必要な知識も備えて成長していってもらう事が新潟リハビリテーション大学としての願いです👍🏽