国家試験合格を目指して

本学では毎年、理学療法学専攻4年生に対して、国家試験合格に向けた集中講義を実施しています。今年は作業療法学専攻の4年生も受講することになり、総勢54名で講義を受けました。
東京都にある「篠原リハビリテーション国家試験対策校」の篠原豊先生をお迎えし、5日間の集中講です。(大学では「通称:篠原セミナー」と呼んでいます)
篠原先生が代表を務める「篠原リハビリテーション国家試験対策校」は理学療法士や作業療法士を目指す人だけではなく、言語聴覚士を目指している人を対象とした、国家試験対策もされています。

今回実施された集中講義は、2月に実施されるそれぞれの国家試験に向け、基礎医学と臨床医学について、振り返りと応用力を高めることを目的としています。理学療法学専攻にとっては15年ほど前から続く、毎年恒例の講義です。

第56回目となるそれぞれの国家試験は、令和3年年2月21日に実施されます。
今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例年のようにいかないこともあり不安があるかもしれません。
それでも国家試験まで約2ヶ月・・・
体調管理には十分注意して、試験まで乗り切ってほしいです。

なお、第23回言語聴覚士国家試験は前日の2月20日に実施されます。
言語聴覚学専攻は最後の4年生全員で合格を目指します。

それぞれの国家試験合格を目指し、4年生の受験勉強はこれからが本番です。
頑張れ4年生!!

井上

理学療法学専攻の北村拓也講師が優秀論文賞を受賞!

理学療法学専攻の北村拓也講師が優秀論文賞を受賞しました。
昨年の学会で発表された内容が「Journal of spine research」に掲載され、見事優秀論文賞に選ばれました。
腰痛治療の最前線で運動療法の重要性をまとめた内容となっています。

北村先生からのコメントをご覧ください。


Journal of spine research 優秀論文賞受賞報告

2020年12月2日

この度,Journal of spine research に掲載された論文が「優秀論文賞」として選出していただきました.2019年に開催された第27回日本腰痛学会で発表させていただいた内容を論文化したもので,腰痛を持った高齢の方々に対する運動療法の有効性をまとめた内容となります.

年齢が高齢になるにつれて脊柱(せぼね)が変形してしまい,前屈み姿勢が強くなったり,捻れるように変形してしまいます.それによって腰痛が強くなり生活の質(Quality of life;QOL)が低下することによって,大きく健康感を低下させてしまいます.腰痛を自覚してから3ヵ月以上経過した場合を慢性腰痛と表現しますが,慢性腰痛に対する治療の第一選択は運動療法となっています.私たち理学療法士が最も得意とすることが腰痛治療には非常に重要ということです.しかし,これまでの研究では変形が小さい方や若い方を対象に運動療法の有効性が示されていましたが,変形が進行してしまった高齢の方々に対する検証はほとんどありませんでした.そこに着目した研究が本研究となります.

今回の研究によって,3ヵ月間の運動療法が約半数の患者さんの腰痛強度を大きく低下させ,QOLの向上に資することが明らかになりました.ただ,運動は闇雲に行うのではなく,我々,プロが対象の方にオーダーメイドでプログラムした内容をしっかりと理解してもらえるように提供することが大切です.一人一人,考え方も生じている問題も様々です.さらに,常に受け身姿勢で運動をするのではなく,“自分の身体を知って,自分で良くしていく”という意識がとても大切です.これらの運動療法提供方法を工夫した点が症状改善に寄与したものと考えています.

今後も腰痛で苦しむ方々にとって光となるような報告をしていきたいと思っています.ご覧いただいた皆様,ぜひ,一緒にプロジェクトを発展させていきましょう.最後に,本研究に携わっていただきましたすべての方々に深い感謝を申し上げます.

論文タイトル:「慢性腰痛を有する高齢脊柱変形患者に対する運動療法効果」

北村拓也,神田賢,佐藤成登志,渡辺慶.

 

新潟リハビリテーション大学

医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

講師 北村拓也

旅立ちの日

昨日とは変わって少し肌寒くはありましたが、青空が広がる中、令和元年度の卒業式が執り行われました。
今年度の卒業式は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今まで支えてくださった保護者の皆さまには立派に成長した姿をお見せできず、残念な気持ちでいっぱいです。

今回は卒業生と教職員だけの卒業式となりましたが、教職員一同、少しでも温かい式になるようにと、例年になく会場の装飾やプレゼントに趣向を凝らしました。会場の様子は下記のブログからもご覧いただけます。

学長ブログ

学習センターブログ

人生の節目となる年にこのような事態となり、ある意味一生心に残る卒業式になったかもしれません。今日卒業を迎えた皆さんには、これから始まる社会人生活を精一杯頑張ってほしいと思います。
失敗しても大丈夫‼成長するための大事なプロセスとして捉えて、めげずに乗り越えてください。

卒業生・修了生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 

井上