第27回日本腰痛学会最優秀演題賞受賞報告

2019年9月13,14日日の2日間,神戸国際会議場(兵庫県神戸市)で第27回日本腰痛学会が行われ,最優秀演題賞(非医師部門)を受賞いたしました.本学会は,整形外科医や麻酔科医が中心となって構成されいる腰痛関連の国内学会で最も権威ある学会の一つです.

学会プログラムの内容は多岐にわたり,年代でいえば小児から高齢者まで非常に幅広い腰痛疾患をテーマにした内容となっていました.中でも,ラグビーワールドカップが神戸で開催されることもあり,スポーツ障害性腰痛のセッションが用意されていたり,今年,日本で行われた国際腰椎学会(46th The Internal Society for the Study of the Lumbar Spine;ISSLS,京都※こちらも参加してきました.)のハイライトが用意されていたりと,これまでの大会とは異なる魅力あふれたプログラム内容となっていました.

プログラム主題では,大きく9テーマに分かれており,基礎研究から臨床研究まで様々な演題が発表されていました(総演題数は291演題).これまでのプログラム主題では,参加者が整形外科医が中心であることからも,手術療法に関するテーマが多い印象でしたが,近年では運動療法に関するテーマが追加され,その注目度が高くなってきていると感じています.

私が演題発表をさせていただいたのは主題の一つである「慢性腰痛に対する理学療法」でした.この主題について,細かい部分になるかもしれませんが,ものすごい期待と責任が込められていると感じました.運動療法が重要だということはすでに認知されていますが,決して「理学療法」という表現はされていませんでした.しかし,この主題では運動療法ではなく,「理学療法」と表現されているのです.これには,医師の方々が我々理学療法士を認めてくださっただけでなく,さらに科学的で質の高い理学療法を提供してくださいというメッセージが込められているものと感じました.この先の学会でも,この期待度は求めていただけると確信するとともに,さらに良い運動プログラムを考案していけるよう,臨床還元できる,意義ある研究をしていきたいと思います.

最後に,今回のこの受賞をいただくにあたり,ご指導とご協力をいただいたすべての方々に感謝を申し上げます.決して1人では成し得られなかった結果です.今後も腰痛に苦しむ患者様のために,自分なりに考え,できることから少しずつしていきたいと思います.

発表演題:「慢性腰痛を有する高齢脊柱変形患者に対する運動療法効果」

北村拓也,神田賢,佐藤成登志,渡辺慶.

 

新潟リハビリテーション大学

医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

助教 北村拓也

第2回 合格者スクーリングが開催されました♪

こんにちは!
入試広報課の宮下です(^^)/

本日は第2回の合格者スクーリングが開催され、

多くの合格者が参加してくれました。

今回のスクーリングでは入学前にすべき事や、
同級生となるみんなと親交を深めたりする事が出来、
大学入学への不安を払拭する事が出来ます!

来るべき新潟リハビリテーション大学の大学生活への不安を希望に変え、
新たなる春に備えてほしいと思います!

まだ少し時間はありますが、
新潟リハビリテーション大学一同お待ちしております!!!!

高次脳機能障害豆ブック

こちらの本は、本学に併設されている大学院 リハビリテーション研究科 高次脳機能障害コース長でもあり、学部の言語聴覚学専攻教授 伊林克彦先生と、同じく言語聴覚学専攻助教 阿志賀大和(ひろかず)先生、八千代リハビリテーション学院(千葉県)の作業療法学科 新垣孝幸先生との共同著書です。
数年前から学生のためになる一冊を、ということで執筆を手がけていたようですが、念願叶ってこの秋に新興医学出版社から出版されました。
高次脳機能障害についてコンパクトにまとめられている1冊です。

伊林先生にお話を伺ったところ、言語聴覚士はもちろん、作業療法士や理学療法士、看護師や介護福祉士などの医療関係者に広く利用してもらえれば・・・とおっしゃっていました。学部の講義では、サブテキストとして利用することも考えているようです。
この「高次脳機能障害豆ブック」は書店や通販サイトAmazonにて販売しています。

伊林先生は本学の大学院で、高次脳機能障害コースを担当されています。ご興味のある方は、大学院ホームページ(https://nur.ac.jp/gs/)をご覧ください。

井上