小学生体験学習

昨日までの天気とは打って変わって、今日の午前中は蒸し暑く、時折強い雨が降るまさに「梅雨」という天気の中、近所にある岩船小学校3年生の皆さんが福祉体験で本学を訪れました。

本学では地域貢献の一環で、地域の小学校等の体験学習の受け入れを行っていて、毎年地域の小学生の皆さんが福祉の体験学習に来ます。
体験学習の内容は「聴こえの体験」「車いす体験」「見え方の体験」です。

始めに今日の体験内容の説明と、体験をサポートしてくれる学生たちの自己紹介から始まり、
「聞こえの体験」を行いました。
お年寄りは高い音が聞こえにくくなるということを実際の音を聞いて学びました。
始めての体験にみんな興味深々でした。

「車いすの体験」では安全に車いすに乗ること、乗っている人のことを考えながら押してあげることを学びました。
実際に車いすに乗り大学構内を回りました。段差やスロープ、昇降機では慣れないながらもみんな真剣に取り組んでいました。自分の足で自由に歩けるこがどれだけ幸せなことなのか、きっと分かってもらえてと思います。

最後にはアイマスクや高齢者の見え方が分かるゴーグルをかけて、歩いたりジュースを買う真似をしました。まっすぐ歩いているつもりでも行きたい方向に上手く進めず、目が不自由な人の気持ちが分かったと思います。

体験した感想を聞いてみると「車いすは乗り方を間違えると大変なことになる」と発表してくれました。今回の体験でお年寄りや体の不自由な人の気持ちが分かってもらえたようなので、街で見かけたときはやさしくお手伝いしてもらえることを期待しています。

 

井上

凱旋パレード

3月21日は平昌オリンピックで、見事銀メダルを獲得したスノーボード平野歩夢選手の凱旋パレードが行われました。以前もブログでご紹介したとおり、平野歩夢選手は本学のある村上市出身です。4年前のソチオリンピックに引き続き2度目の凱旋パレードでした。

多くの報道陣関係者や上空ではヘリコプターが撮影をしている中、沿道には前回のパレードを上回る1万5千人もの人が声援を送りました。午後のワイドショーではそのパレードの様子が紹介され、全国放送で何度も「新潟県村上市」という言葉を聞きました。
銀メダルを決めたオリンピックの滑りは、何度見ても素晴らしいです!!

パレード中の平野選手はテレビで見るクールな印象とは違って、地元だったせいか終始にこやかな表情で銀メダルを披露し、手を振り続けていました。パレードの後は本学も入学式、卒業式を行う「村上市民ふれあいセンター」にて報告会が開かれ前回の報告会とは違い、整理券が配布されるほど大人気の選手になりました。

平野選手はこの村上でも練習をしているようです。また街中で平野選手を見かける人もいます。この春に入学する新入生の皆さんも、この村上のどこかで平野選手を見かけることがあるかもしれませんね。

井上

平成29年度卒業証書・学位記授与式が挙行されました

こんにちは!

入試広報課の宮下です 😀

平成30年3月13日(火)に平成29年度卒業証書・学位記授与式が挙行されました。私は、前日の式の準備からすでに緊張をしていたのですが

そして迎えた卒業式の当日…

卒業を迎える学生の晴れやかな表情に、その緊張も心地よい歓喜へと変わっていきました。今回から姉妹校である『新潟看護医療専門学校村上校』の初めての卒業式も同時に挙行され、会場は晴れの門出を祝す人であふれておりました。

卒業生も在学中の様々な苦楽を思い出し涙の答辞でありました。私自身も答辞を聴き、涙が…(;_:) 卒業する自分自身への責任と、将来への希望を抱きつつ、残される在校生に歴史を継ぐ本当に感動的な言葉でした。学生生活で得たかけがえのないものは、必ず今後の道しるべになると思います。本当にお疲れ様でした、そしてここからが本当のスタートです!

新潟リハビリテーション大学・新潟看護医療専門学校村上校の学生諸君に輝かしい未来があらん事を!そして残された後輩も、先輩の栄光を受け継ぎ、後悔のない大学生活を送ってもらいたいと思います!