「ミニトマト」と「はまなす」

梅雨の晴れ間、今日はとても爽やかな風の吹く気持ちの良い晴天です。
大学の玄関ポーチにいくつかのプランターがあります。天気の良い日はいつも、作業業法学専攻の藤本先生が水撒きをしてくださっています。

収穫のおすそ分けをいただきました。

藤本先生からコメントをいただきました。
『この写真のプランターのミニトマトや朝顔、ネギは、作業療法学専攻の教員が育てています。作業療法学専攻の授業に基礎作業学実習という科目があり、園芸の講義が含まれていました。毎年、園芸の講義では、野菜や花などの多種の植物を、学生さんが育てていました。しかし、今年度は、新型コロナウイルスの影響で、学生さんが登校できなくなった時期があったため、教員が植物を育てています。学生さんには、植物が育っていく様子を見て、感じて、学んでいただきたいと思います。』

現在本学では分散登校という形で、密にならないように【対面講義】【LIVE配信講義】【課題配信】そしてTeamsを使った【ゼミ活動】や【ホームルーム】など従来の様に自由に登校が出来なくなっている学生さん達に寄り添いながらカリキュラムを進めています。【対面講義】で登校した際はぜひ、特に作業療法学専攻の学生さんはこのプランターを覗いてみてくださいね。

で、タイトルの「ミニトマト」と「はまなす」ですが、先日男子学生2人がジ~~と「はまなす」を眺めていました。何か居たのかな?と声をかけると『これ食べられますか?』と聞かれました。ミニトマトだと思ったようです。(微笑)

確かに美味しそうに見えますよね。はまなすはバラ科の花であり、あの赤い実はいわゆるローズヒップです。ビタミンCが豊富で美肌や貧血防止、免疫力向上にも効果がありリラックス成分からうつ病予防などにも効果があるといわれているようです。ローズヒップティーにしたりジャムにすれば食することが出来ますが生食は向かないようです。
「はまなす」は村上市の花であり、村上市とゆかりのある皇后陛下雅子様の御印でもあります。

文責:大滝陽子

きらら1分間体操コラボレーション!

新型コロナウイルス感染症対策の一環として,村上市神林地区の皆さんに告知端末を使った体操の配信が始まっています。緊急事態宣言を受け,外出自粛により運動不足になりがちな状況ですが,各ご家庭で少しでも楽しみながら身体を動かしていただけるような内容になっています。

この配信動画作成活動に,本学の学生も参加しました。体操のモデル,ナレーション,BGMと,NPO法人希楽々のスタッフの方々と一緒に取り組みました。今後の新しいバージョンも検討中です。

外に出ずに健康を維持する…とは,一見矛盾のようですが,基本的な生活リズムを崩さずに家の中でも身体を動かす習慣を続けていただきたいと思います。また,車の通行量が減ったせいか,鳥のさえずりがとてもよく聞こえます。人混みを避けて散歩することで,骨や筋への刺激とともに様々な自然に対する感覚を取り戻す機会になるといいですね。
もちろん外出から帰ったら,手洗いを忘れずに!

理学療法学専攻 粟生田

 

 

新型コロナウイルスと桜

大学敷地内の桜も例年より早く咲き、もう少しで満開です。例年であればゆっくりお花見を楽しめる時期ですが、せっかく綺麗に咲いた桜も、今年は咲いたことさえ忘れてしまいそうです。

各地で猛威を振るっている「新型コロナウイルス(COVID-19)」ですが、刻々と日々状況が変わり、本学所在地の村上市では感染者が未だ確認はされていないものの、本学でも学長をはじめ教職員は毎日対応に追われる日々です。そして様々な対策を取っています。
またマスクが手に入らない状況で、学内でも「手作りマスク」で感染予防をする人も少しづつ増えてきました。

そのような中、今週は講義も開始され、昨日は新入生と教職員だけではありましたが、無事入学式を執り行うことができました。しかし、状況は日々変わるため、今後はどのようになっていくのか先が見通せません。

学内でも色々な規制を設け、教職員一同、感染者が出ないよう細心の注意を払い感染防止を行っております。学生達も普段より学校生活を送りにくい状況にはありますが、感染予防に努めています。
新型コロナウイルスは人によって症状の重症度が違います。周囲を思いやる気持ちから感染拡大を防ぐこともできます。今後も「自身が感染しないように」「周りの人に感染させないように」一人一人が心がけて一日も早い終息を願うばかりです。

井上