それぞれの春に向かって

三寒四温: 本来は冬に使われる言葉のようですが、ちょうど今の時期、似たような気温の変化が続いていますので、使わせていただきます。吹雪いて寒い日が続いたと思ったら、急に暖かな陽射しが降り注いだりして、洋服の調節と体調管理に苦心する日々ですね。こうして、当地は、だんだんと、モノトーンの冬から、カラフルな春へと向かっていきます。明日から3月です。

学内も年度の締めくくりの時期。学部4年生(理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚学専攻)は、「新型コロナウイルス」と直近に発生した「福島・宮城地震」のプレッシャーをはねのけ、仙台と東京での国家試験受験を1週間前に無事に終えることができました。リハビリテーション心理学専攻の4年生は、コロナ禍にあっても、就職希望者全員の就職が12月までに決まっています。大学院最終学年の学生達も、修士論文の提出や発表審査会、最終試験を終えました。

皆、着実に、新しい春、未来へと歩みを進めています。卒業式・修了式は3月12日に、卒業生・修了生及び教職員のみで執り行う予定です。コロナ禍にあって、規模を縮小した式になりますが、その代わり、心を込めて温かい雰囲気で送り出せるよう、若手教職員を中心に演出を考え準備してくれています。

そして、本学もさまざまな新しいことを予定しています。そのうち、いくつかを紹介すると…4月より、コロナ禍で着工を遅らせていた新校舎1棟の建設がいよいよ始まります。ホームページもリニューアルします。この学長ブログもホームページ上の配置や構成がちょっと変わります。ホームページやパンフレットで使用している私の写真も変わります。そのため、先週木曜は、使用する場面に合わせて、複数の場所で私自身の(衣装?着替え付き)写真撮影を半日がかりで行ってきました。カメラマンの方々に、さまざまなポーズをとるよう指示され、普段使っていない筋肉を働かせたためか、思わぬダイエット効果もありました!

新しい春がどんどん近づいています。コロナが収束し、従前の日常も取り戻せますように…