学生8名が小中学生と100km完歩しました

8月3日の大学ブログhttps://nur.ac.jp/blog/campaslife/2378/で紹介がありました、今年で3回目となる「関川子どもチャレンジ100」。本学と包括連携協定を締結している、人口5,500人弱の岩船郡関川村(村上市に隣接)の小中学生十数名が、村内37㎞と越後米沢街道64㎞を4泊5日で歩くチャレンジイベントです。今年は8月6日から10日まで実施されましたが、サポート役で参加した本学学生8名といっしょに、予定通り10日の夕方に全員無事100km完歩し、ゴールはとても感動的だったとのことでした。全県的なマスコミ報道等はされていませんが、とても素晴らしいイベントだと思います。

100㎞歩く冒険を通して、子どもたちが自分の可能性に挑戦し、連帯感、達成感等を味わい、協調性や頑張る力、信頼感などを育んでもらうことを目的に村の教育委員会が企画し、自衛隊員の協力も得ながら実施されているものです。本学学生たちは、それぞれの専門の学びを活かして、小中学生の心身面でのサポートを担いました。本学学生を慕って寄り添ってくる子どもたちがいて、本学学生たちも彼らの面倒をとてもよく見ていたと報告を受けました。

今年は気温の高い日が続いていて熱中症等の心配がありましたが、予防のための飲み物やタブレット等も十分準備していきました。そして、全員きっと完歩してくれるものと信じていました。子どもたちも学生たちも、それぞれの目標を達成したことで自信が付いてたくましくなり、大きく成長したことと思います。

山の日オーキャン大盛況でした

「このバスは村上のオーキャンに行きますか?」新潟駅南口で本学のオープンキャンパスツアーバスの前で立って案内をしていた私に、ある男子高校生がそう話しかけてきました。若者の間では、言いやすく響きも良い略語の「オーキャン」の方が、長たらしい言い回しの「オープンキャンパス」よりも、普通に用いられているということを実感した瞬間でした。

お盆の帰省ラッシュが始まり、交通事情が悪いこともあり、一部の地域(特に山形方面)からのツアーバスは遅延が発生し、ご迷惑をおかけいたしました。山の日は、他にもお祭りや行事等、多数重なる中、本学のオーキャンを選んで、お越し頂いた大勢の皆さん、本当にありがとうございました! 私が乗車したツアーバスは、チャーターした大型の観光バス(くびき野バス 乗り心地も見晴らしもいいスーパーハイデッカー)でしたが、満席でした。オープニングプログラムで大学概要等を説明した場所も、本学の中で一番大きなB棟大講堂でしたが、通常の机・椅子では対応が間に合わず、後方スペースに急遽、追加で机・椅子を並べさせて頂きました。すなわち、これまでの中でも1,2を争うくらいに多くの参加者に来ていただいたのです。うれしい限りです。

ランチタイムで私の周りに座っていた高校生は2年生ばかりでしたが、2年生のうちから、すでに「本学を一択で決めている」と、これまた、うれしい発言も聞くことができました。

大学概要のスライドの最後に、ひとつビッグなお知らせ(新しい計画:2020年度完成予定)を致しました。第一報のお知らせでは、「ひとこと」のみでしたが、次の10月13日のオーキャン以降、少しずつ最新の情報を追加でお伝えできると思います。在学生の保護者の皆さんにも10月の保護者会時にお伝え致します。続報をお楽しみに!本ブログでも、今後、随時お伝えしていこうと思います。

5期食べる力をつけるフォローアップ教室終わりました

おととしから地域の高齢者を対象に開講している「食べる力をつける教室」も5期まで進み、先月、好評のうちに終了しましたが、そのフォローアップ教室を8月1日に開催いたしました。正規の教室から少し間を空けての教室開催でしたが、再び参加者の皆さんの元気なお顔を拝見することができました。

教室の初回と最終回(10週目)に採取したさまざまな「食べる力」に関する個人データをお返しし、ご自身で、データがどのように変化したかを確認していただきました。併せて、高齢者の一般的な平均値や必要な力などを示しながらデータの見方について解説いたしました。いくつかの機能が大きく改善された方、初めから機能がわりとよかったために、数値の伸びがそれほど多くなかった方など、さまざまでしたが、高齢期は何もしなければ機能が衰えていく一方の中で、機能維持ができているということだけでも有意義なことだと思います。加えて、参加者の方々からは、「この教室に通ってよかった、とても楽しかった」などの声をいただけ、当方もうれしく思います。

5期の教室には、先日このブログでも紹介した90歳のHさんをはじめ、最長発声時間の記録保持者でお経を読んで訓練しているというIさんや、むし歯が一本もなく噛み合わせや口の中の環境も非常に良いOさん、ご夫婦でいつも仲睦まじくまじめに取り組まれていたSさんなど、印象に残る方々にご参加いただきました。5期の教室が終わっても、トレーニングや口腔ケアを継続していただけるよう、フォローアップ教室では、トレーニング用具を追加で差し上げました。

次期6期の教室は9月26日から毎週水曜日全10回の予定(最終回は11月28日)で開催いたします。厳しい暑さが一段落する時期から始め、本格的な雪が降る前までに終わる、という比較的天候が穏やかな時期を選んでいます。継続参加、新規参加いずれもお待ちしています。「詳細なご案内」及び「参加申し込み用紙」は地域の老人クラブ様経由で差し上げています。

授業料減免・奨学金・特待生制度充実しています

8月3日(金)の大学ブログで、すでに記事の掲載がありますが、同日に「卓越した学生に対する授業料減免者決定通知書」の授与を応接室にて行いました。この授業料減免制度は今年度から新たに運用を開始したもので、「卓越した学生」とは「成績優秀でありかつ、授業に臨む姿勢や生活態度等も含めて、他の学生の模範となりうる学生」を意味します。多数の申請者があった中、担当委員会で厳正な書類審査等を行い、特に優れた2名を選出させていただきました。選出された2名については後期の授業料が全額減免となります。結構、良い条件と思います。選出された皆さんには、今後も「他の模範」という自覚と誇りを持ち続け、さらなる努力を惜しまずに、目標に向かって邁進していってくれることを期待しています。

本学には、この他にも独自の学費支援制度として、医療学部奨学金制度があり、さらに入学試験時の条件により、指定校特待生制度、地域特待生制度、高大連携特待生制度も活用できます。また、自然災害等の被災者には入学試験における検定料免除も実施しています。もちろん、日本学生支援機構奨学金や新潟県奨学金、村上市奨学金等も条件にあえば利用することができます。

社会的に奨学金の返還が問題になっていますが、代表的な奨学金である日本学生支援機構奨学金の返還率でみると、本学は全国的に見ても大変優秀なレベルにあります。卒業後に延滞せずにきちんと返還してくれる学生が多いということです。

高等教育コンソーシアムにいがた理事会に出席してきました

少し前のことになりますが、7/26(木)に新潟大学松風会館において、平成30年度第1回高等教育コンソーシアムにいがた理事会が開催されました。この会は、実質上、新潟県内の学長(大学・大学院大学・短大の学長、高等専門学校の校長含む)会議に相当するもので、毎年、春~夏と秋~冬の年2回開催されています。ここ数年、春~夏の会は会長校である新潟大学で、秋~冬の会は持ち回りにより当番校で開催されています。一昨年度までは午後に行っていた会議ですが、昨年度から午前中に組まれるようになりました。

新潟県は南北に長く本州部分(佐渡、粟島を除く)の海岸線の長さは約331kmもあるとのこと。その北端近くに本学があり、南端近くにも別の大学さんがあります。同県内であるにもかかわらず、端の大学からもう一方の端の大学への移動距離は相当長く時間もかかってしまいます。そういったこともあり、毎年の第一回の会議を、長い海岸線の中央付近に位置する新潟市で固定して開催するのは理にかなっているのかもしれません。また、気温が高くなる前の午前中に会議を済ませる事ができ、その後の時間も大学に戻って有効活用できる点では、県北端の遠方から出席する本学にとってはありがたいことです。

理事会では議事や報告事項はスムーズに終わりました。そのあとの意見交換会では、昨年度実施する予定にしていて叶わなかった、「県知事や県の関係者と学長との懇談会の開催」等について取り上げられ、実現に向けて内容等含めて調整していくことになりました。

学生は8月4日から夏季休暇に入ります

相変わらず猛暑日が続いていて、同じ事をするにも格段に体力を消耗してしまいます。こんな時は十分に休息を取ることも重要とは思いますが…   最近、私は、まるでニワトリのように朝を知らせてくれるマルチーズ(オス1歳なりたて)に、毎朝決まって4時半に起こされ寝不足気味です。体内時計が正確なのか?いや今頃の4時半は、ちょうど空が明るくなりかけ、鳥たちが鳴き始める時刻と一致しています。そんな朝の光や音に反応して、我が家のマルチーズも「朝だよ」と、知らせてくれるのでしょう。早起きした私は、その後、家の中で彼といっぱい?遊んでから出勤します。

さて、本学学生もいよいよ明日8月4日から9月14日まで夏季休暇に入ります( 専攻や学年、履修状況によって、開始や終了の日にちがズレル場合もあります)。一方、この期間も4年生の臨床総合実習はそれぞれの実習病院で続きます。さらに科目によっては再試験があったり、4年生の就職相談会があったり、オープンキャンパスのお手伝いをしてくれたりする学生もいます。なかなか帰省してこない…とご心配の遠方にお住まいのご家族の方もいらっしゃるかも知れませんが、このような事情がある場合もあることをご考慮ください。

大学に登校してくる場合も、いつものような連続した講義はありません。学生たちには、今、青春のまっただ中にいるこの瞬間を大切に、思い切り休暇をエンジョイして欲しいと思います。まとまった休みがあるのは学生の特権、大学時代が最後のチャンス?です。

と同時に、くれぐれも事件や事故に巻き込まれないように気を付けて下さい。しかし、今の世の中、いくら注意をしていても防ぎようのないアクシデントに遭遇することもあるかもしれません。大学への緊急連絡や相談の際の手段や方法については、今週初めに保護者様宛文書に記載して郵送させていただきました。保護者の皆様におかれましては、お時間のある時に目を通していただけましたら幸いです。しかし、何よりも緊急連絡などの必要がないことを願っています。

新潟の食の付加価値を考えるセミナーに参加してきました

公益財団法人 食の新潟国際賞財団が事務局となり、4年前に設立されたにいがたフードイノベー ションネットワークにより、「新潟の食の付加価値を考えるセミナー」が定期的に開催されています。

7月24日に開催された第17回のセミナーでは、「発想転換が生み出す新しい価値の可能性~ものづくりにおける、ブランディングの手法~」と題して、株式会社博報堂ブランド・イノベーションデザイン ディレクターの岡田庄生氏より講演がありました。興味深いテーマだったので、私も17回目にして、はじめて聴講してきました。講演では、食に限らず、さまざまなものを作って販売する際に必要なブランディングの手法について、実例をもとにご講演いただきました。

ものが溢れている現代に、ものづくり企業が実践している既存の資産を生かした新しいブランドの作り方には「発想の転換が新しい市場を広げる」という概念があり、博報堂さんが重要視しているのは「消費者発想」ではなく「生活者発想」であるとのこと。

ものが変わらなくても目の付け所を変えることが大切で、構想段階からすべてのストーリーをオープンにし、価値への共感を呼ぶため、SNSで地道に発信を続けることが軸メディアとなりファンが生まれる…それを核に体験イベントを開催したり取材記事で取り上げてもらったりと発展させていくことが、生まれたてのブランドが行うべき情報発信のフレームワークとのこと。この学長ブログでも、歴史の浅い本学の情報を地道に発信し続けています。オープンキャンパスを開催したり各種メディアでも取り上げてもらったりして広報しています。

本セミナーへは、当初、研究している食材のブランド化に参考になると思い参加したのですが、大学のブランド化にも応用できる内容のものでありました。

教職員でSWOT分析を行いました

今夏は日本列島の各地で大きな自然災害・猛暑が続き、そして、今は近づきつつある大型で異例の進路をとる台風の影響も気がかりです。本地域からは外れて進む予測が出ていますが、少し風が出てきたような気もします。皆さんも早めの対策と準備を!

さて、一週間ほど前の7月20日(金)のことですが、全教職員を対象にSWOT分析を行いました。あわせて、学校会計の概要についても学ぶ研修会を開催しました。

会では、最初に学校会計の理解を深めるために、財務内容等の概要について説明があり、次いで、大学の現状と今後の課題を教職員で洗い出し、大学の強みと弱みを整理し、進むべき方向、課題への対応等を考えるためのSWOT分析を行いました。全教職員が学校会計に触れ、大学の現状を分析し共有理解を図るための良い機会になったと思います。

SWOT分析とは、法人の現状、大学を取り巻く環境を分析する手段の一つであり、強み(Strength)、弱み(Weakness)といった内部環境と、機会(Opportunity)、脅威(Threat)といった外部環境を2×2マトリックスにして分析し、領域に応じた戦略を策定していくものであります。そして、内部環境と外部環境を抽出した上で、強みを機会に活かす、強みを活かして脅威に対応する、弱みを克服して成長機会を捉える、弱みと脅威のバッティングによる最悪の事態を回避するなどの戦略を立てていきます。

実際には1グループ5~6人ずつ(職種、職位、性別、年齢、専門領域等の異なる混合グループ)に分かれ、写真のように、付箋紙にSWOTそれぞれに考えられる項目を各自が記入して貼り付けていき、同類の内容のものをまとめて大きな項目を作成していく作業を行いました。写真は私のグループの作業シートの様子ですが、短時間に非常に多くの付箋紙が貼られ、皆さんが日頃から本学のことを良く考えている様子が反映されたものと思いました。

本研修会は学園の取組みとして全グループ校で日を変えて実施しました。

90歳の素敵なHさん(食べる力をつける教室)

連日の酷暑で、心身ともに負担の多い日々が続いています。高齢者や小さなお子さんは特に大変のことと思います。お気を付け下さい。

さて、このブログでもたびたび紹介してきた、地域の健常高齢者を対象とした「食べる力をつける教室」の第5期のプログラムが18日(水)で終了し、あとは8月1日(水)のフォローアップ教室(データ返却と解説、その後の経過フォロー)を残すのみとなりました。

教室に参加して下さる方々は、いずれも熱心でパワフルな方が多く、どの方も強く印象に残っているのですが、中でもひときわ、輝いているHさんを、本ブログで紹介しましょう。

Hさんは90歳の女性です。3期の教室から今回の5期の教室まで、連続で参加して頂いているリピーターの方です。体がお元気なのはもちろん、気持ちもとても若くいらっしゃり、いつも素敵な、ちょっとしたアクセントのあるお洋服で通っていらっしゃいます。しかも、遠方から…路線バスを2本乗り継いで、天気の良い日はバス停をひとつ越えて歩いていらっしゃいます。歩くのは苦にならず、普段の食事の用意もご自分でなされ、しかも自宅にある畑で自ら無農薬野菜まで栽培していらっしゃる…先日頂いたきゅうりは、とても立派な大きさで、もいだばかりとのことでみずみずしくおいしかったです。また、ある時は、カバンの中に学校案内が記載されている受験雑誌をしのばせていらっしゃり、「このような本もお読みになるのですか?」と尋ねたところ、「見ているとおもしろくて飽きない」との回答が返ってきました。現役時代は教師をされていたHさん、気持ちもとてもお若いのです。

そんなHさん、さすがにこの暑さの中、教室の帰り道を、バスの乗り継ぎと徒歩で…というのは酷だろうと、教室スタッフの教員が、車でご自宅までお送りさせていただいたところ、その場で畑から、きゅうりをもいで(上述)、お土産にいただいてきたのです。大学の私のところまで、送迎のお礼のお電話をいただきました。本当にすばらしく素敵な方で、私が逆に元気のパワーをもらっています。

明日14日のオープンキャンパスお待ちしています

明日14日は、夏のオープンキャンパス(7月)を開催します。例年、夏のオープンキャンパス(7月、8月)は、本学教職員・在学生ともに、力を入れて取り組むため、内容も充実しています。実際に大勢の参加者の方々にお越し頂き、盛会になっています。無料送迎バスも各地(新潟県内主要5駅、山形県内2駅)から出ていますので、興味のある方は是非ご参加下さい。受験生のみならず、保護者やご家族の方、そして高校一年生や二年生からの参加も大歓迎です。詳細は本ホームページ上の特設ページをご覧下さい。多数のお申し込み、参加をお待ちしています!当日にならないと予定が分からないという方は、当日直接、会場に飛び入り参加でも大丈夫ですよ!

現在、AO入試のプレゼミナール申込期間でもあるため、AO入試に関する個別相談はもちろん、その場でプレゼミナール参加申し込みもできます。自宅で申込用紙を書くのが面倒だという場合も、盛り上がった勢いのあるオープンキャンパス会場だとスイスイ書けるかも知れません。迷っている方も是非、オープンキャンパスに参加して本学のすべてを体感し、納得の上、申し込んで下さいね。では、オープンキャンパス、それからAO入試プレゼミナール申し込み、お待ちしています!

【AO入学試験 プレゼミナール】

・プレゼミナール参加申込期間: 7月10日(火)~8月11日(土)必着

・参加申込用紙ホームページ掲載期間:  ~8月11日 16時まで

・プレゼミナール開催日: 8月23日(木)

私は、14日、新潟駅からの送迎バスに乗車して皆さんとご一緒させて頂きます。新潟市では水と土の芸術祭2018が、ちょうど14日から開催されます。新潟駅の CoCoLo西N+にもユニークな「日の丸弁当」という、間島領一氏による目を引く作品が、すでに展示されています。新潟駅からのバスを利用される方は、お時間がありましたら鑑賞されてみたらいかがでしょうか?私は今日13日、一足早く鑑賞してきました。