食べる力をつける教室Ⅲ期のフォローアップ教室を開催しました

写真は、私の通勤途中、JR坂町駅から大学までの道、スクールバスの車窓から見える景色です。荒川の土手とその向こうに見える山並みがとても美しいです。

 さて、昨年度から地域の高齢者を対象に開講している「食べる力をつける教室」もⅢ期まで進み、Ⅲ期も好評のうち約1ヵ月前に終了しましたが、そのフォローアップ教室を昨日824日に開催いたしました。フォローアップ教室の開催については、1ヵ月前に通知したことであり、かつ時間もいつもより30分早い開始だったのですが、ひとりの欠席もなく、皆さん時間通りに集まってくださいました。最年長は90歳の方、80歳代の方もみんなお元気な様子で、にこやかな顔を再び見ることができ、私もうれしく思いました。

 教室の初回と最終回に採取したさまざまな「食べる力」に関する個人データをお返しし、ご自身で、データがどのように変化したかを確認していただきました。併せて、高齢者の一般的な平均値や必要な力などを示しながらデータの見方について解説いたしました。多くの機能が驚くほどと向上した方、初めから機能がわりとよかったために、数値の伸びがそれほど多くなかった方など、さまざまでしたが、一様に「この教室は効果があり有益だった、とても楽しかった、また機会があったら参加したい」などと喜んで帰って行かれました。

 日常生活でも思わぬ効果があった方もいらっしゃいました。たとえば、以前はお孫さんに「風船をふくらませて」と頼まれても、できなかったのが、この教室に通って、呼吸器系・肺の機能が強化されたのか、「風船がふくらませるようになったんですよ。孫が、私を頼ってくるようになってうれしい。」と、報告してくださった方もいらっしゃいました。

 参加してくださった皆さんには、教室が終わってもトレーニングや口腔ケアを継続していただけるよう、吹き戻しや歯ブラシなどのお土産を差し上げました。

 次期第Ⅳ期は927日から毎週水曜日全10回の予定で開催いたします。継続参加、新規参加いずれもお待ちしています。ご案内・お申し込み用紙は地域の老人クラブ経由で差し上げています。

この記事をブックマーク/共有
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲