第20回言語聴覚士国家試験施行

本日2月17日(土)、第20回言語聴覚士国家試験が施行されました。試験地は、北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県と限られており、本学の学生は毎年、東京都に設けられる2会場のうちの指定された1会場で受験しています。遠方での受験となるため、本学からは試験の前日に出発して、試験地近隣のホテルに宿泊し、受験に臨むという体制をとっています。教員2名も同行し、最後までサポートを続けます。夕方には全員、何事もなく試験を終了したとの連絡を受けました。途中で体調を崩したりする学生もいなく、無事に終わって何よりです。

例年はJRの特急と上越新幹線を使っての移動を行っていましたが、今年は貸し切りバスを利用して、全員一緒に宿泊地まで向かいました。出発時、大学前玄関では大勢の教職員のお見送りがあったことは他のブログにも記載されていますが、私は別な場所でサプライズのお見送りをしました。ある事務職員の粋な計らいで実現できた、サプライズの仕掛けでした。バスの中の学生も気づいてくれたようで、その後に報告もいただきました。

本学の医療学部にある専攻のうち、私はこの言語聴覚学専攻の学生と接する機会が最も多い気がします。なぜなら、言語聴覚学専攻の学生が学ぶ専門領域と私の研究領域とに、一部、近接する部分があるため、たびたび講義を行うことがあるからです。ちなみに、国家試験の科目は、「基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学」と指定されています。本当に専門性の高い難しい科目ばかりです。しかも広範囲にわたっています。これを4年間ですべて修得しないといけないわけですから、学生もたいへんです。脱落することなく、今日の受験日を迎えられた、その頑張りをまずは称えたいと思います。これから、合否発表の日まで、受験した学生のみならず、私たち教職員もドキドキの日が続きます。

平野歩夢選手を育んだ村上で学んでみませんか

先日来の大雪と格闘しながら疲労が蓄積しつつあった村上市民に、いや、日本の全国民に、昨日は、うれしいニュースが届きました。平野歩夢選手、よく頑張ってくれました。おめでとうございます!すでに本学の他のブログでも記事がありますので、そちらもご覧いただけましたら幸いです。

平野選手が出場する昨日のお昼前、本学のテレビを設置してある場所には、多数の教職員・学生が詰めかけました。手作りのスティックバルーンまで用意されていました。このいっときの観戦タイムは、業務の休憩時間ということで柔軟に対応させていただき、私も事務局前のテレビ画面にくぎ付けになりました。3回の競技時間になるたびに、「先生、始まりますよ」の電話をいただき、テレビ前に駆け付けました。皆で見ると、感動は何倍にも膨れ上がります。

平野選手は小さい頃から、村上市にある日本海スケートパークで練習されていたとのこと。この練習場は、お父様の熱意により、行政と応援グループが動き、何もなかったところから一からはじめて、作りあげていった施設と聞いています。そのような周りの動きと、そして、何といっても本人の努力は素晴らしい!1年前の大けがからも、熱心なリハビリを続けた結果、見事に回復し、さまざまなプレッシャーをかけられながらも、強靭な精神力をもって、すべてを跳ねのけてきた結果でしょう。強い志があり、目標に向かって努力を続ければ夢は実現するのです。国家資格取得を目指す、本学の学生にとっても、希望が与えられたことと思います。

ここ村上は、新潟県最北端の小さい町ですが、地域一丸となって、皆さんの夢を育んで応援する風土があります。都会に比べれば、さまざまな施設も立派ではなく、生活環境も不便なところがあるかもしれません。しかし、この地の温かい人情に支えられ応援され、大きな目標も達成できるのです。

本学も学生の皆さんの夢の実現に向けて全力をもって支援していきます。平野選手が1年前にたたかっていたリハビリも心の問題も、本学では両方を学ぶことができます。

学長賞表彰学生が決まりました

学長賞とは、学生表彰規程に基づいて、本学の学生及び団体に授与する表彰です。本賞は、私が学長に就任した初年度の平成27年度から運用しています。表彰対象の例として、学術研究活動において特に顕著な業績を挙げたと認められる者、課外活動において特に顕著な成績を挙げたと認められる者、社会活動において社会的に高い評価を受けたと認められる者 、その他を掲げています。

今年度は、課外活動において優秀な成績を収めた学生を選出させていただきました。表彰学生は、医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻3年の横山柊太さんです。

横山さんは、平成29年10月1日(日)に日本海間瀬サーキットで開催された「第4回げんきママチャリ8時間耐久レースin新潟間瀬(全国各地から110チームほど参加)」に初出場し、「鉄人クラス」で優勝というすばらしい成績を収めました。他のクラスでは複数人で交代しながら走るところを、鉄人クラスでは一人で8時間を走りぬくという、体力も精神力も必要な過酷なレースでありました。記録は95周、すなわち190km(およそ新潟市から長野市までの距離)とのことでした。本記事の内容は、平成29年10月5日の、本学学習センターブログhttp://nur.ac.jp/g_blog/date/2017/10/page/2/にも掲載されていますので、併せてご覧ください。

この強靭な体力と精神力は、横山さんに以前から備わっていたものかもしれませんが、本学での臨床実習やその他の経験で、より鍛え上げられたものではないかと推察しています。横山さんが、登録していた名称は「リハ大コマスターズ」ということで、本学の当地近辺での略称である「リハ大」が含まれています。ここから、彼の大学愛?も感じることができました。

横山さんには、来年度4月の学生会総会で表彰状と記念品を授与させていただきます。

修士論文発表審査会裏話(大雪の日に)

昨日2月6日は(午後から)、大学院の修士論文発表審査会の日でした。全国各地から集まって東京サテライト校で学んでいる院生も、論文発表会は村上本校の院生といっしょに行い、村上・サテライト両方の教員の審査を受けることになっています。

関東方面からの院生は、JR新潟駅で羽越線に乗り換えて村上に向かうことになるのですが、当日は村上地域が大雪のため、この路線を中心にJRの運休や途中での運転見合わせ、大幅遅延が相次いでいました。

私自身が新潟駅から乗車した電車(前日から新潟泊していた、サテライト教員1名と院生2名も同乗)も大幅遅延で、それでも村上までは発車停車を繰り返しながらも運転してくれたため、(同乗していたなかで1名の院生を除き)、無事に到着することができました。1名の院生は、なぜか(遅延していたためか?)手前の駅で降りてしまい、「歩いて向かう」という無謀な連絡が他の院生経由で入ってきて、その後、音信不通となってしまいました。心配していたところ、途中で出くわしたスクールバスに乗って来た、とのことで、ほどなく元気な顔を見せてくれて一安心しました。

しかし、残りの院生ともうひとりのサテライト教員は後発の電車に乗る予定だったのですが… 私たちが乗った以降の電車はことごとく運休となり、ようやくお昼前になって動いた、彼らが乗った電車は、当初、隣駅まで運行してその後は代行バスという情報を受け、それで来るようにと指示を出したものの、代行バスも運行中止となってしまいました。急遽、事務職員に車で当該駅まで迎えに行ってもらい、また、発表会での発表者順番を変更することで、所定の時間通りに開始・終了をすることができました。携帯電話やメールの通信技術が発達した現代だからこそ、お互いに連絡を取り合って現在地を確認しつつ、無事合流できた、すばらしい連携プレーでした。また、このようなこと(ひとつひとつの事例に丁寧に、臨機応変に対応)ができるのも小規模大学だからこそではないでしょうか?

帰路で乗車する予定の電車も「運休」という情報を、午前中から得ていたため、事前にジャンボタクシーを予約して、全員でいっしょに新潟駅に向かいました。別の意味で、サテライト校の院生は、一生思い出に残る修士論文発表審査会だったと思います。お疲れ様でした。発表会の様子は大学ブログに記載されていますので、そちらをご覧下さい。http://nur.ac.jp/blog/gs/1997/

本学の学生満足度は上昇傾向にあります

昨日(2月3日)の学部一般入学試験の日は、お天気にも恵まれ交通機関の乱れもなく、無事終えることができました。受験していただいた皆さま、お疲れ様でした。合格発表の日(2月9日)まで、もう少し待っていて下さいね。

さて、本学では、学生の皆さんの意見を吸い上げて、大学運営に反映させるしくみとして、日常的に運用している「提案箱と感動箱(いわゆる意見箱で、投書された意見には担当部署が回答を作成して掲示しています)」のほか、年1回全学生を対象に実施する「学生満足度調査」があります。これらについては、以前のブログでも紹介したことがあります。

このたび、今年度の「学生満足度調査」の結果が出ました。学生・キャリア支援委員会(来年度より同委員会は学生支援企画委員会としてリニューアル予定)のメンバーが調査全般を担当してくれています。

実施方法に工夫をしたこともあり、昨年度に比べてアンケートの回収率が大幅に上昇しました。ほぼ全学生の意見を反映しているといってもよいでしょう。調査項目は多岐にわたり、本年度実施分は54項目ありましたが、大きなカテゴリーに分けると「自分自身について」「講義について」「教員について」「職員について」「施設・設備などについて」「学生生活・学生支援について」「総合的な満足度」「自由記載」となります。全般的に見て、多くの評価結果がより良い方向に向かっているように見えました。今後、例年同様に、自由記載に対する回答を作成し、結果とともに掲示する予定になっています。

学生の皆さんの満足度が、さらに上昇していくように、皆さんの意見を参考にしながら大学運営を行っていきたいと思います。

受験(入試・国試)の季節です

雪雲は他の地方に移動したようで、昨日今日と、当地は素晴らしい晴天に恵まれています。しかし、来週からは、また、雪と低温が続く予報が出ていますので、今のうちに陽の光をいっぱい浴びておきたいところです。

JRの車窓から眺める雪景色(写真)は、変わらず一面真っ白の世界なのですが、空が青く晴れているか、鉛色で吹雪いているか、によって、まったく雪景色の見え方(印象)が違ってくるのが不思議です。晴れている日は、雪景色も余裕をもって眺めることができ、気分も良いためか、とても美しく見えるのです。

さて、今は受験シーズン真っただ中です。本学も明日2月3日は、医療学部の第1回一般入学試験の試験日です。そして、医療学部の4年生は国家試験(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)受験がいずれも今月中~下旬と迫ってきました。ラストスパートです。

受験生の皆さんは、勉強を頑張るのはもちろんですが、頑張りすぎて疲労がたまってきている頃かもしれません。疲れている場合は、いつも以上にしっかりとした体調管理が必要です。今はまさしく、全国各地でインフルエンザが猛威をふるっています。感染防御のためにも、基本の手洗いとうがいは忘れずに行いましょう。また、栄養と休養を十分に、室内では加湿と換気に気を付けましょう。そして、試験本番では、それぞれの持てる力を最大限に発揮して、各々の目指す目標である「入試や国家試験での合格」を勝ち取ってください。皆さんに良い知らせが届くよう、願っています。

受験者全員合格!福祉英語検定試験

本学のスクールバスが発着するJR坂町駅(私も毎日利用しています)は、屋根のあるホームでさえも、写真の通り、雪が積もって、さらに凍結しています。除雪が追いついていないようです。滑る路面を歩くときは、無意識のうちに、長傘を杖のように使ってしまいます。私は、新潟県でもやや雪の多い地方に生まれ育ったので、それなりの雪が降っても大丈夫なはずなのですが、年を重ねて身体能力が衰えてきたこともあり、転倒しないように恐る恐る歩くようになりました。さらに、坂道の多い自宅周辺では、なるべく凍結した坂道を避けるよう遠回りをしたり、交通手段を変えたりもしています。

気温も低く、各地で水道管破裂、漏水、断水が発生しています。本日届いた“にいがた防災メール”には、「漏水等による水道の使用量が極端に増加しているため節水に協力を!」とありました。

さて、厳しい冬が続いている中で、明るいニュースも飛び込んできました。今年度実施されたNPO法人医療福祉英語検定協会主催の福祉英語検定試験において、本学から受験した11名全員が合格(3級10名、4級1名)したとのことです。検定試験は福祉・医療分野に特化した英語試験として開発されたもので、現在は3級と4級のみが存在しています。3級合格のために必要な英語スキル(同協会ホームページによる)は、「福祉関連の英語の基礎知識と読む力を有している。」ことであり、具体的には、「英語の日常的言い回しが理解できる。」「福祉分野の専門用語、概念を英語で理解できる。」「福祉分野の基本的な英文、記事、業務日誌などを読んで理解することができる。」となっています。

本学では、学部入学者に対し、入学式前のオリエンテーションの日に、英語のプレースメントテスト(クラス分け試験)を実施しています。そして、英語の授業では、テスト結果に基づいた能力別クラス編制を行って、医療現場での実用的な英語力が身に付くようにしています。

高齢者食・介護食の専門展示会に行ってきました

長く居座る猛烈寒波のため、私を含め関係する地域の方々は心身共に疲弊していることと思います。風雪(特に風)にめっぽう弱い、JRの2路線を乗り継いで遠距離通勤している私は、連日JR東日本が提供している列車運行状況アプリ「どこトレ」を愛用し、少しでも通勤時間が短縮できるようにと苦心しています。しかし、連日、睡眠時間<<往復の通勤時間、という過酷な日々が続いています。

さて、1月25日、東京ビッグサイトで開催された第10回メディケアフーズ展(高齢者食・介護食の専門展示会)に参加してきました。上越新幹線は在来線に比べて、雪に強くできているため、東京への移動はスムーズでした。トンネルを越えると景色もがらりと変わり、明るい空が広がっていました。大宮を過ぎた頃には、この季節に特にはっきりと見える“富士山”が、雪をかぶった美しい姿で現れました。

メディケアフーズ展では、専門業者が競って最新の介護食を展示し、試食コーナーも設けてあります。そこで気になったのは、現在の科研費のテーマでトライしている「魚介類」「きのこや山菜」の製品でした。「魚」は白身魚、赤身魚などさまざまな種類のものに、醤油味、塩味、味噌味、その他さまざまな味付けをして製品化してあるものがたくさん展示されていました。ただ魚の硬さや食べやすさは二極化していて、普通食用とそれほど変わらないもの(時短製品)、あるいは、ものすごく軟らかいムース状にしたものでした。そして、前者は魚の切り身そのものを使用している一方、後者は添加物を混ぜて成形したものがほとんどのようでした。ソフトスチーム製品が、現在流通している上述したような介護食の隙間を埋めるような形で展開できたらいいと思いつつ、さまざまな製品の試食を楽しんできました。

院生の修士論文が続々と届いています

数日前のドカ雪による積雪は、その後、除雪が進んだこと及び、晴天や気温上昇による降雨が続いたことなどにより、急速になくなりつつあります。雪で大変だった生活や交通事情も、ようやく平常に戻ってきました。しかし、再度の大雪の予報が出ており、心配です。寒波、大雪は世界的規模で起こっているようですね。でも、こうして、幾度もの大雪に耐え、大変な冬を乗り越えた後にやってくる春は格別にうれしいです。

さて、大寒のこの季節、今年度の学生教育も大詰めに差し掛かっています。

私が担当していた学部2年生向けの講義「摂食嚥下障害学概論」は先週で終了し、課題レポートも添削して返却が終わり、授業評価アンケートも実施し、あとは次の木曜日の定期試験を残すだけとなりました。他の多くの科目もそのような段階に入り、試験そして再試験後、進級・卒業判定へと繋がっていきます。

大学院生も同じです。今年度、修了を目指している院生は、1月25日が修士論文および周辺の書類一式の提出締め切り日です。東京にサテライトキャンパスを立ち上げてから、今年度は、はじめて修了生を輩出する年度に当たり、遠方の院生達から村上キャンパスへと、修士論文が宅急便の箱に詰められて、続々と届いています。サテライトキャンパスの院生は全員社会人です。仕事と学業と家庭と…いくつもの役割を掛け持ちしながら、全員頑張ってきました。論文提出後も、村上キャンパスでの修士論文発表審査会、最終試験という関門が待ち構えていますが、あともう少しです。

春はすぐそこまでやってきています。

歌会始の儀で元非常勤講師が佳作を受賞しました

12日に、皇居で開催された新春恒例「歌会始の儀」で、元本学非常勤講師の阿部昌彦先生の作品が佳作に選ばれたとのことを、先週末の報道で知りました。遅ればせながら、お祝い申し上げます。

今年のお題は「語」で、阿部先生の作品は次の通りだそうです。「私語のなき授業となりて定年のわれへの花束奥に見えたり」情景がありありと目の前に浮かんできます。

阿部先生には、本学の前身の専門学校時代から、非常勤講師として日本語系の授業を担当いただいていたとのこと… 本学には、校歌(未制定)用の歌詞「より高く、われら」も寄贈頂いています。その歌詞は額に入れて学生玄関に掲示してあります(写真)ので、機会がありましたらご覧下さい。