車椅子バスケの実技演習

本日、1年生対象に保健体育の講義で車椅子バスケの実技が行われました。

それに伴い、車椅子バスケ選手の新潟WBC所属2名を講師として特別講義を行っていただきました。

車椅子バスケの実践に入る前に、一般の車椅子と競技用車椅子の形や性能の違い・車椅子の乗り降り動作等を教えていただきました。また、床で移動するときにお尻を上げる理由や車いすの動作等の動画を使い分かりやすく教えて頂きました。ちなみに、お尻を浮かせて移動する理由は褥瘡予防や床擦れという皮膚へのダメージを軽減するために行っている動作だそうです。その後、車椅子バスケのルール説明が行われました。出場選手には点数がつけられており、点数は運動範囲の広さや障害の程度を評価し分けられます。選手には1.0点~4.5点までの点数がつけられており、車椅子バスケのコート上には5名の合計得点が14点以内に編成することが決められているそうです。

 

車椅子バスケの体験では、車椅子に乗ったままのシュートやドリブルシュート等の体験をしていました。座ったままのシュートはゴールまで届かないようでかなり苦戦していました。学生同士での車椅子バスケの試合を行ったところ、なかなかシュートが決まらない展開が続き、シュートが決まりそうになると歓声が上がるなど白熱した試合が行われていました。最後の試合ではエキシビジョンマッチを行い、学生10人チームと講師2人とゼミボランティア1人の3人チームで試合を行いました。試合結果は講師チームの圧勝でしたが、学生たちは身近でプロの技術を見ることで驚きや凄さを実際に感じられるいい機会になったのではないのでしょうか。

 

医療系の勉強をしている学生にとっては、車椅子との関わり合いなどを学ぶことで非常に大きな刺激になったと思います。
学生の皆さんは将来、車椅子走行を教える立場になるので、現場に出て指導する際に教えやすいように注意点などを実技で教えていただきました。今回、講師の方々が伝えたかったことを少しでも学生たちが理解して、今後動作の基礎となるように生かしてもらえたらと思います。
今回講師をして頂いた、新潟WBC キャプテン松永 哲一さん 副キャプテン小野塚 恵さんありがとうございました。5月17日の講義もよろしくお願いいたします。

 

学生からのコメント
・今回ゼミの一環で参加させてもらって、脊髄損傷の方と実際に話す機会が出来て非常にためになりました。講義などではイメージしにくいことが有ったので、実際にどこまで動けるのかを見て知ることができ、実践ならではの知識を付けることができました。今後もこのような体験を積極的に参加していきたいです。
理学療法学専攻4年生

・実際に車椅子バスケをしている姿を初めて見ることができました。自分たちのスピードやテクニックが選手たちとの違いを実際に試合で見て感じることが出来ました。自身の車イス生活ということに対して前向きに行動していることやバスケのプレーもかっこよかったです。
作業療法学専攻1年生

・今回初めて車椅子バスケを体験して、本当に楽しかったです。初めは、車椅子を動かすのがやっとで後ろ向きに走行したり、スピンしたりと大変でした。さらにボールを使うことで車椅子の運転技術とボールをコントロールすることが難しかったです。実際に試合形式でする車椅子バスケは難しかったけど、体験しているうちに楽しさに変わっていき、もっと車椅子バスケをやってみたいと思いました。
理学療法学専攻1年生

 

 

 

 

 

資料請求・お問い合わせオープンキャンパスお申し込みはTEL:0254-56-8292
この記事をブックマーク/共有
投稿日:2017/5/10 カテゴリ:未分類, 講演・公開講座
資料請求
図書館ブログはこちら
新潟リハビリテーション大学/新潟県村上市上の山2-16 〒958-0053TEL:0254-56-8292 FAX:0254-56-8291
ページの先頭へ▲