『大学生から話を聞く会』 2017年自分紙芝居in青陵高校

9月12日(火)、本学の在学生が青陵高校主催の『大学生から話を聞く会』に参加してきました。

 今回の企画は高校1年生を対象としたもので、大学生・短大生から大学・学部・学科の特徴、学習内容、学生生活、受験勉強等について説明を聞き、将来の夢の実現に向けて、具体的な道筋を考る目的で行われました。本学からは2名の学生が参加しました。

  

合計15校、36名の大学生・短大生がそれぞれのブースに分かれ、各自作ってきた「自分紙芝居」を使いながら、大学のこと、
自身の将来のことなどを説明していました。「自分紙芝居」をもとにした説明は10分、質疑応答10分を含めた20分間の
プレゼンテーションを4回行う形式でした。

今回参加した本学、在校生の感想を記載します。

・新潟リハビリテーション大学
リハビリテーション心理学専攻 2年生Tさん
自分の高校の頃を思い出して少し懐かしくなりました。高校生のみなさんにたくさん質問をして頂いたので、少しでも興味をもっていただけたのかなと感じました。他人に自分の話をすることはなかなかないのでいい経験ができて良かったです。
~高校生へのメッセージ~
普段の生活での人間関係や、部活動で大変なことも多いかもしれませんが、自分の将来について考える時間を大切にして、たくさんのことに興味をもって頑張ってもらいたいと思います。

・新潟リハビリテーション大学
理学療法学専攻 2年生Hさん
4回発表を行いました。最初の1,2回目はあまり上手く話したり、話しかけたりできませんでした。しかし、3,4回目の発表では慣れてきたので、聞き手に分かりやすく工夫することができました。あまりこのような機会で自分の事を話すことがないのでとてもいい機会になりました。
~高校生へのメッセージ~
今日会場に来てくれた高校生はみな明るくて、話しやすく、自分が話している時は静かに話を聞いてくれたのでとても感謝しています。高校生活はあっという間に過ぎていくので思う存分楽しんでください。

   

今回の企画で高校生のみなさんは将来の具体的な道筋は見えてきたでしょうか。進学についてはまだまだ先のことなのでイメージしにくい様子でしたが、この機会に進学の参考にしてみてください。

今回参加した学生もこのような機会はあまりなく、戸惑うこともあったかもしれません。ここで得た経験は自身のスキルアップに繋がったのではないかと思います。

参加した在学生2名と青陵高校1年生と教職員の皆様ありがとうございました。

日本学術振興会 「科研費」審査委員の表彰について

日本学術振興会は科学研究費助成業の配分審査に関して、審査委員への表彰を行っており、平成28年度の表彰者が発表されました。
今年度は、約5700名の第一段階審査委員の中より268名が選ばれ、本学からは、宮岡 里美先生(リハビリテーション心理学専攻教授)が表彰されました。本学での表彰伝達式は12月12日(月)に行われ、表彰状と記念品が山村学長より、宮岡先生へ手渡されました。

日本学術振興会とは学術研究の振興を目的とした科研費の業務を行う機関です。
日本学術振興会では科学研究費助成事業(科研費)の審査の質を高めるため、審査終了後の検査を行っており、平成20年度からは、この検証結果に基づき、有意義な審査意見を付した審査委員を表彰しているそうです。

img_1745%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3    img_1746%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3

なお、表彰された審査員の氏名等は、日本学術振興会のホームページにて公開されています。

日本学術振興会ホームページ:
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/26_hyosho/hyousyou_2016.html

 

横山