オープンキャンパスが開催されました!

こんにちは(^^)/

入試広報課の宮下です!

本日はオープンキャンパスが開催されました!

理学療法学専攻では車椅子体験、

作業療法学専攻ではコースター作りでの作業療法体験

リハビリテーション心理学専攻ではBIG FIVEと

専攻ごとに特色ある体験を実施!

何度か参加してくれた方もいらっしゃいました!

本学オープンキャンパス恒例の、学生や教職員と本音で話せる学食体験も大好評でありました♪

次回のオープンキャンパスは7月14日(土)です。

今回と違う体験内容を準備しておりますので

今回参加した方も、そうでない方もぜひご参加下さい!

7月14日(土)のオープンキャンパスの申し込みはこちらから!

村上特別支援学校運動会ボランティアに参加してまいりました!!!

2018年5月27日(日)に村上特別支援学校で開催された運動会に,本学学生がボランティアとして参加しました.

当日は晴天の下,全力で走る児童・生徒の皆さんの姿は力強く,我々も励まされました.以下,参加学生の感想(一部抜粋)です.

・今回初めて特別支援学校の運動会にボランティアとして参加させていただきました.いろんな方がいる中でボランティアとしてきちんと動けたので良かったです.

・ボランティアで学校の運動会に参加したのは初めてで,最初は仕事が多くてたいへんそうなイメージでしたが,参加してみると楽しくできたので良かったです.また参加したいなと思いました.

・初めて運動会のボランティアに参加して,うまくできないことや慌ててしまう場面も多くありました.もっとスムーズにお手伝いができたら良かったなあと思うところもありましたが,小学生,中学生,高校生たちの楽しそうな顔を見ることができて嬉しかったし,また機会があれば参加してみたいなと思いました.

・今回はボランティアに参加できて良かったです.皆さんとても頑張っていました.とてもかっこ良くて,自分も元気が出ました.これからも頑張ってください.

・一人一人が競技やダンスを楽しみながら取り組んでいたのがとても印象的でした。また、応援している姿も一生懸命で感動しました。

・私は、用具の運搬作業や、競技を終えた生徒さん達にメダルをかける仕事をしました。メダルをかけた時、嬉しそうに「ありがとう」と言ってくれた生徒さん達がとても印象に残っています。このボランティアに参加させていただくのは今年で3回目です。そのため自分のやるべき事がわかり、楽しみながらボランティアをする事ができました。ありがとうございました。

◎今回の経験は,学生にとって自分と向き合うきっかけになれたのではないでしょうか.学生たちも,地域の皆さんに支えられて,日々成長しています.
「お互いがお互いのためにできることから始めよう!」
これからも,様々な活動に積極的に参加したいと思います.

理学療法学専攻教員 粟生田博子

「ことばとこころの健康教室」を開催しました

本学の言語聴覚学専攻は、平成30年度より大学院での教育へ移行するため、現在は学生募集を行っておりませんが、現在は2年生~4年生までの学生が在籍しています。学生数は他の専攻に比べて少ないですが、教員が行う研究や地域活動のお手伝いを学生たちは積極的に行っています。その経験を今後の実習に役立てることができるのも、研究などにご協力してくださる方々のおかげです。

言語聴覚学専攻では、新潟県下越地区の脳損傷後の失語症や高次脳機能障害をお持ちの方を対象に「ことばとこころの健康教室」を開催することになり、先日、第1回目の教室が行われました。この教室は、対象者の方の健康増進、機能回復の場を提供すると共に、本学学生の知識向上や優れた言語聴覚士の育成を図ることを目的としています。

この「ことばとこころの健康教室」は全5回の開催となっており、今後は健康チェックや個別機能訓練、集団訓練、ご本人とご家族への指導などを行う予定です。
初めての試みではありますが、障害をお持ちの方の生活が、今までより少しでも向上するよう、本学の教員や学生がお手伝いできれば幸いです。

 

 

井上