新潟リハビリテーション大学 受験生サイトリハ大で、医療・心理のスペシャリストを目指す!

理学療法学専攻

目指す職業
理学療法士(国家資格)

理学療法士ってどんな仕事?

理学療法とは、リハビリテーション医療における「治療」の一つに位置づけられます。
理学療法士は、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由になった方々に対して、心と身体の側面から機能回復を図ることを目的とした治療、支援を行います。

どんなことを学ぶの?

「心の杖」となれるプロを目指し、実践的なリハビリ技術を身につけます。

本学では、「人の心の杖であれ」の精神を礎とし、専門技術を常に追究し地域に貢献できる理学療法士を育成します。
また、理学療法の専門分野において、他職種と連携可能な幅広い知識・技術・応用力を体系的に学び、臨床場面での即戦力と問題解決能力を兼ね備えた理学療法士の育成を行います。

実践で活かせる技術を学び、4年後の自分がイメージできる多彩なカリキュラム

将来は医療施設のみならず、地域リハビリテーションの分野での活躍も見据え、健康増進やスポーツ障害分野に対応した理学療法も選択科目として学ぶことができます。
1年次から4年次まで、幅広い知識と実践的な技術が学べます。理学療法士としてのイメージを常に持ち続け、学習意欲を引き出すカリキュラムを用意しています。

センパイメッセージ

津原 笙 理学療法学専攻 OB
  地域医療の一員として

理学療法士という職業は病院や福祉施設、スポーツ現場など様々な活躍の場があります。 大学では臨床実習や地域との交流活動など様々なことを経験でき、その中でそれぞれのやりがいを感じる進路を仲間や先生方と見つけていくことができます。
「地域医療の一員に」私は大学生活の経験の中でそう思い、クリニックで外来患者さんを対象に働いています。患者さんによって痛みや困っていることは様々で、患者さんの生活をより良くするためにはどういう手助けが必要なのかを考える力が求められます。難しさを感じることもありますが、良くなった時の患者さんからの笑顔や、感謝の言葉を頂けたときには、それ以上にやりがいを感じることができる仕事です。

理学療法学専攻の詳細はこちら

 

目指すは理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 心理学の専門資格