第2回「ヒューマン・ライブラリー」開館  (館長BLOG)

 112日(水)12:2050に,学内サロン教室にて第2回「ヒューマン・ライブラリー」を開館しました.学生10名,教職員9名が参集しました.

 今回のご担当は作業療法学専攻・長谷川裕先生でした.

 まず長谷川先生から『ヒューマン・ライブラリーとは?』の問いかけ….

“図書館に行った人が気になるタイトルを選んで本を手にして,最初に確認するのが『目次』ではありませんか?また皆さんは『目次』に書いてある項目から「これは…」と思ったページから読み始めることがありませんか…?”ということで,長谷川先生はご自身の話題の「目次」を提示してくださいました.そこで,とある参集者から目次にある項目を選んでもらい,開始…まさに「読み手」からのアプローチ!

 そこで選ばれたものは『患者さんから教わったこと』でした.

 伺った内容は,長谷川先生の思いの溢れるものばかりで,時に微笑ましく,時に涙あり,「患者さんから教わることで,私たちセラピストも成長させていただく」という実感のこもったものでした.中でも「患者さん一人一人が,まさに「ヒューマン・ライブラリー」である」というお話は,私たちの接する患者さんとのやりとり全てが患者さんの人生そのものに関わることであり,セラピストとして仕事に携わることの重要性を改めて感じさせられました.

 目次には他にも興味のあるタイトルが並んでいましたが,時間が短くて残念,次回のお楽しみとなりました.ですが,最後のまとめとしての「あとがき」から“Sense of wonder” (先生曰く,世界は驚異に満ちている,といった意味合いでしょうか…)という言葉をいただきました.何事にも興味を持つ,特にセラピストは人に興味を持って対象者の方と接することが大切!というところで締めくくりとなりました.

 本当にざっくばらんにお話しいただき,先生のお人柄を垣間見ることができた,貴重な時間でした.長谷川先生,お忙しいところありがとうございました.

 img_0109-002 img_0105-002

 次回開館は12月7日(水)12:20〜50,言語聴覚学専攻の大平芳則先生がご担当の予定です.皆さん,ランチを持ってサロン教室へどうぞお集まりください.わずかですがデザートを準備してお待ちしています.                (A)

この記事をブックマーク/共有
このブログについて/新潟リハビリテーション大学図書館スタッフによるブログです。図書館での出来事やおすすめ書籍などを紹介します。図書館ご利用案内
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲