カテゴリー: 書籍紹介

館長オススメの一冊

館長オススメの一冊

『脳が壊れた』(鈴木大介著,新潮新書,760円+税, 2016

 

 この本は初版から既に1年が経過していますが,本学図書館の蔵書に含まれていませんでした.全くもって反省しきりです.

 41歳で脳梗塞に倒れた著者が,社会復帰に向けた闘病生活の中の様々な場面における貴重な記録です.また,現代の社会情勢や生活背景,問題点を著者自身の病状と重ね合わせています.何事もなく生活できることの大切さへの「気づき」を促してくれます.さらに,学生の皆さんが難解(?)と思っている脳梗塞の症状に付随した様々な病態が,患者としてのご本人の易しい「ことば」で書かれています.

 ちなみに発症前後のご夫婦の日常生活についても赤裸々に描かれていて,電車の中で読んでいて思わず笑ってしまうところが多々ありました.本当にリアルです.

 そしてもう一つの大きな点は,ST, OT, PTの役割が的確にわかりやすく書かれていることです.それぞれの専門性を患者さんの視点から捉えて表現されています.

 読み終わった後,元気になれました.患者さんに励ましてもらった感覚です.臨床で学び,働き続けるために,我々セラピストは,患者さんと共感する心,専門知識,治療手技をいつまでもどこまでも習得し続けることが必要だと改めて痛感しました.

 

 本を読む学生が少なくなったと巷の話題です.電車通学ができる皆さんは,何とラッキーでしょう!ぜひ電車内での読書をオススメします.スマホ電子ブックもいいですが,本当は紙に印刷されたものを読んでいただきたいと思っています(眼のためにも…).

 今後も「館長オススメの一冊」をブログに掲載しますので,良かったら図書館で手にとって,ぜひ読んでください.

 なお図書館では,学生からのリクエスト本も受け付けています.まずは司書の大滝さんに問い合わせてください.                    (A

 

 

追記:図書館長リクエストのこの書籍『脳が壊れた』は現在発注中です。来週中には新着コーナーに配架される予定です^^  よ🐰

 

 

この記事をブックマーク/共有

『DaiGoコーナー』増設!

全回ブログで予告した第2弾です!先週行なわれたオープンキャンパス終了後、DaiGo先生が図書館に寄って下さいました

IMG_2945

図書館で購入した書籍にサインしていただき、登録・装丁も完了し本日より貸出可能になりました。学生の皆さんは現在試験期間真っ只中でちょっと余裕はないかもしれませんが、試験が終了し夏休みに入ったら是非読書も楽しんで下さいね今回新しく配架された書籍は5冊で今までのものと合わせて10冊となり、一般書貸出ランキングでは上位を占めています。実は私も5冊のうち2冊購入しました~パラ読みしたら手元に置きたくなったので頑張りたい時力をくれる1冊と頑張れない時力をくれる1冊です

IMG_2984

 

PS.最近、毎日のようにア〇ゾ〇から本が届きますひゃ~読まないうちにまた次の本をポチってしまいました。今日も2冊届くはず…。今日届くのは黒川伊保子先生の書籍で先生も人工知能ご専門の脳科学者で偶然にもDaiGo先生と学生時代のご専門が一緒です。

 

 

この記事をブックマーク/共有

大学院特別講義がありました!

本日、大学院特別講義がありました。テーマは『筋力トレーニングによる認知症の予防と改善』で講師は総合能力研究所所長の本山輝幸先生です。先生は筑波大学大学院運動生化学研究室で脳と筋肉との研究をされ、その後認知症予防プロジェクト・認知症有病率調査などの国家プロジェクトメンバーとして、感覚神経に着目した認知症の予防・改善法を指導。現在は筑波大学附属病院認知力アップデイケアインストラクター・オリーブクリニックお茶の水デイケアインストラクター・のぞみメモリークリニック運動療法インストラクターとして、医療施設での運動指導に当たっておられますconfident

講義では認知症の仕組みや現状について、2012年のデータで既に認知症を発症している患者さんと認知症予備軍(MCI)を合わせると900万人もの数になるとのショッキングな内容もありました。超高齢社会である日本が抱える大きな悩み事ですね。私は現実に祖父母や父母の姿を重ね、思い出し・・・納得できる部分が多くありとても勉強になりましたbearing

IMG_2281.jpg IMG_2276.jpg

特別なことをしなくても生涯認知症にならない人もいる一方、認知症予防のため様々なことに取り組んでも発症してしまう人との差は脳と筋肉を結ぶ感覚神経のつながり具合による、脳に上がる刺激の有無にあるというのが先生のお考えです。というわけで座学のあとはどのように筋トレを行なったらよいのかの実技も行なって下さいました。参加した教職員も学生も悲鳴を上げながらの体験でした。普段運動不足の体には明日の筋肉痛が怖いですcoldsweats01

IMG_2294.jpg IMG_2298.jpg

実は先生は第24代ミスター神奈川ボディビルチャンピオンshineということで素晴しい筋肉の持ち主でしたshineこれはちょっとcameraに収めることは出来ませんでしたがsweat01参加者にはクリスマスツリーxmasのプレゼントもありましたよ~lovely何のことか私には聞かないでくださいね・・・。最後に本日の講義内容が収められた先生の著書を図書館に寄贈して下さいました。

IMG_2304.jpg

左が本山輝幸先生で、右は本学の高橋洋教授です。そうです実はこのブログにも時々登場するTガーデンのT教授です。お二人は筑波大学時代のお知り合いとのことでした。『ボケたくないなら筋トレをやりなさい』この図書は来週には図書館に配架させていただきます。みなさま今しばらくお待ち下さいね。待てない方はお買い求め下さ~いbook

IMG_2305.jpg IMG_2306.jpg

ボケたくないから筋トレ頑張りますrunすでにMCIだったらどうしよ~~~coldsweats02

 

dog

この記事をブックマーク/共有

『2015学生選書コーナー』設置!

大変お待たせいたしましたhappy01

先月9月10日に行なわれました「第3回選書ツアー」にて選書された

図書の配架が終了いたしました~~book

IMG_2164.jpg

場所は、図書館入って左手のここです downdowndown

IMG_2145.jpg

早速、覗いてくれてる学生さんがいましたgood

IMG_2161.jpg

みなさん、どんどん利用して下さいねheart04

 

dog

この記事をブックマーク/共有

『就活応援コーナー』設置!

『就活応援コーナー』を設置しました!

これから、実習を終えた4年生は就職活動が本格化してきますねcoldsweats02

国家試験勉強との両立は大変ですが頑張って下さいねpunchshine

というわけで、就職試験関係図書のコーナーを作りました。

IMG_2140.jpg

場所は、図書館に入って左手のPCコーナー前です↓

IMG_2144.jpg

4年生の皆さん!どんどん利用してくださいねhappy01

がんばれ~~sign03

 

dog

この記事をブックマーク/共有

『メンタリストDaiGo』氏による特別記念講演!

9月26日(土)村上市ふれあいセンターにて終日、村上市地域包括記念及びリハビリテーション心理学専攻設置を念するイベントがおこなわれました。詳細については大学ブログや学長ブログにお任せして別目線・・・(いつもの台詞coldsweats01) 実は私村上市民でありながら、村上市のゆるきゃら『サケリン』を初めて見ましたheart04

IMG_2007.jpg

村上は『鮭』と『酒』が有名で『情』(なさけ)に篤いという意味で『サケリン』です! と、のっけから別目線すぎでしたか?bleah 一部、二部の地域包括連携記念イベントに続き,メインの第三部リハビリテーション心理学専攻設置記念イベントです!

IMG_2018.jpg IMG_2015.jpg

いつものとおり、多くの学生スタッフがボランティアで頑張ってくれました!いつもありがとねheart02 いよいよ、特別記念講演の始まりです!

IMG_2027.jpg

と、この内容はほかにお任せして・・・(笑)イベント終了後に一気に飛ばさせていただきます。当日、東京より新潟入りしたDaiGoさん。2時間近い立ちっぱなしの講演の後、お疲れの表情一つ見せず本日ボランティアで頑張ってくれた学生達と随分長い時間交流して下さいました。そこで、図書館を代表し(?)私も便乗させていただきcoldsweats01 著書へサインをいただきましたbookpencil

IMG_2111.jpg IMG_21165.jpg

これらの書籍は近日中に受入れ、配架をいたしますので今しばらくお待ち下さいね。

 

そしてそして、図書館に置くべくDaiGoさんの座右の銘をいただきました。

IMG_2110.jpg

Standing on the jiant sholder  巨人の肩の上に立つ 

Google Scholar のトップページにも記載の文言とのことです。その意味するところは、偉大な先人たちの業績や先行研究などを巨人に喩えて、現在の学術研究の新たな知見や視座、学問の進展といったものもそれらの積み重ねの上に構築され、新しい知の地平線が開かれることを端的に示した言葉とされています。「凄いのは自分」と勘違いしやすいと講演の中でもありましたね。でも実は凄いのは自分ではなく、この例で言うところの遠くまで見渡せるのはただ自分が巨人の肩に乗っているからだということを忘れてはいけないということだそうです。

本学を卒業して専門職に就くためには国家試験に受かる必要があるということをお話し、受験勉強をする学生へのメッセージまで図々しくもいただきました。happy02

快く受けて下さったDaiGoさん

IMG_2094.jpg

悩み始めたDaiGoさん・・・

IMG_2097.jpg

う~~ん・・・。

IMG_2096.jpg

・・・。

IMG_2098.jpg

しばらく考えて書いて下さったのがこの言葉です↓

IMG_2109.jpg

『自分より自分のしてきたことを信じよう』みなさん「してきたこと」を増やして自信満々で試験に臨んでくださいねgoodそして最後はやはり記念撮影ですcamera はい、ポーズscissors

IMG_2102.jpg

P1000889 (002).jpg

DaiGoさん、お忙しいところ遠方までお越しいただきありがとうございましたhappy01 また当日ご来場いただきました観客の皆様、本当にありがとうございましたconfident

 

dog

この記事をブックマーク/共有

新着図書コーナー

今日は新着コーナーをご紹介します。

この4月から場所が変更になりました。

IMG_0240.JPG

 

 

 

 

 

 

 

入口に入ってすぐのこんな棚ですsign01

受入が終わった本は、まずここに並びます。

その後、しばらくするとそれぞれの書架へ移動~。

図書館に来たら、どんな本が新しく入ったかぜひぜひ見てくださいね。

(既にちょくちょく見に来てくれる学生さんもいて、嬉しいですwink

chick

この記事をブックマーク/共有

図書館で見つけた本

本日紹介する、図書館schoolで見つけたbookはこちらです。

 

IMG_20130515_155745.jpg

 

 

『誰からも「気がきく」といわれる45の習慣』
 
 この世界で自分一人だけで暮していれば誰かに「気」を利かせる必要はないのかもしれません。しかし、私たちは家族、学校、会社や病院、地域などそれぞれのグループに属し、生活をしています。そのため、常に家族、友人、先輩、後輩など相手のことを思った言動や行動が対人関係を構築するために大切になってきます。
 
この本には、社会における対人関係を良好にし、また、自分の行動や仕事の効率をよくする45項目の習慣が実例とともに書かれています。是非、これから実習に臨む学生の皆様にも読んでほしいと思います。
 
 本学では1年次から早期に社会生活に触れられるように1年生では見学実習、2年生では基礎実習、3年生では臨床評価実習、4年生では臨床総合実習と学外が多く設定されています。これらの実習は、まず、社会人としての心得と接遇マナー、相手気持ちを汲み取り行動する能力などが試されます。実習中は勉強不足から課題やレポート中心の気持ちが傾きすぎ、相手の気持ちを汲み取り行動することが困難な状況に陥る学生が多くみられます。
 
 マニュアルはありませんので、この本に書かれた通り行動したほうがいいとはいえません。しかし自己中心的な態度や言動で自分中心の生活をするのではなく、相手が自分の言動でどう感じているのか、どう思っているのか常に考え行動することが必要です。
 
 
 
 
 
written by hoshino 
この記事をブックマーク/共有

図書館 本探し

私は日本語力が弱いdespairです。

 

日本語は36年間使っていますが、改めて勉強をするのは、小学校、中学校、高等学校くらいでしょう。

それ以降は大学や専門教育に委ねられるわけですが。

 

さて、今日、図書館で見つけて来たbookはこちら

 

IMG_20130509_145411.jpg

 

「大人の国語力大全」

 

ぱらぱらとめくると、慣用句、敬語の使い方、ことわざ、四字熟語、読み分けなど・・・・

 

聞いたことがある言葉もありましたが、聞きなれない、聞いたことのないものまで・・・・

 

36年間も日本語を使っているのに・・・・

 

ちなみに

漢字だと「気質」だけど、読み分けると

きしつ:職業や地位、年齢層などを同じくする人達に特有の気風や性質のこと

かたぎ:気立て、気性のこと

 

こんな感じで、同じ漢字でも読み分けがあるんです。

 

この本、面白いですよ^^

 

 

written by hishino

この記事をブックマーク/共有
このブログについて/新潟リハビリテーション大学図書館スタッフによるブログです。図書館での出来事やおすすめ書籍などを紹介します。図書館ご利用案内
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲