新潟リハビリテーション大学 受験生サイトリハ大で、医療・心理のスペシャリストを目指す!

理学療法学専攻

理学療法学専攻
目指す職業
理学療法士(国家資格)

理学療法士ってどんな仕事?

理学療法とは、リハビリテーション医療における「治療」の一つに位置づけられます。理学療法士は、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由になった方々に対して、心と身体の側面から機能回復を図ることを目的とした治療、支援を行います。

どんなことを学ぶの?

「心の杖」となれるプロを目指し、実践的なリハビリ技術を身につけます。

本学では、「人の心の杖であれ」の精神を礎とし、専門技術を常に追究し地域に貢献できる理学療法士を育成します。また、理学療法の専門分野において、他職種と連携可能な幅広い知識・技術・応用力を体系的に学び、臨床場面での即戦力と問題解決能力を兼ね備えた理学療法士の育成を行います。

実践で活かせる技術を学び、4年後の自分がイメージできる多彩なカリキュラム

将来は医療施設のみならず、地域リハビリテーションの分野での活躍も見据え、健康増進やスポーツ障害分野に対応した理学療法も選択科目として学ぶことができます。1年次から4年次まで、幅広い知識と実践的な技術が学べます。理学療法士としてのイメージを常に持ち続け、学習意欲を引き出すカリキュラムを用意しています。

センパイメッセージ

脇川さん脇川みなみ理学療法学専攻 OG
充実した学生生活と、理学療法士になった今

私は、バスケットボールで怪我をした時に初めてリハビリを受け、理学療法士という職業を知りました。そして、その頃から将来理学療法士になりたいと夢を持ち始めました。大学に入学し、同じ夢を持つ仲間と出会い、勉強以外にもサークルや学校行事等、充実した生活を送ってきました。大学の良いところは、学年・学科の輪を越えて縦と横の繋がりを持ちやすく、さらに先生方とのコミュニケーションの取りやすさも魅力の一つであると思います。
国家試験に合格し、現在は病院にて勤務しています。実際の臨床現場では、リハビリを通じて患者様第一に考えることの重要さや、スタッフ間での多職種連携など、日々学ぶことばかりです。未熟な部分は多々ありますが、初心や向上心を忘れず、毎日楽しく仕事をしています。理学療法士は、患者様の生活復帰をお手伝いさせて頂くことのできる素晴らしい職業です。

理学療法学専攻の詳細はこちら
目指すは理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 心理学の専門資格