文字の大きさ
拡大
標準

教員紹介

増田 雄亮
増田 雄亮(ますだ ゆうすけ)
職位 講師
学位・資格 修士(リハビリテーション)・作業療法士
所属(学部) 医療学部リハビリテーション学科 作業療法学専攻(OT)
学生へのメッセージ 作業療法士は、こころとからだの双方から、ひとが大切にしている作業に焦点を当てて支援を提供することができるとても魅力的なリハビリテーション専門職です。医療・保健・福祉の幅広い視点を培いながら、一緒に作業療法学を学んでいきましょう。
担当科目[学部] 身体障害作業療法評価学(実習)
中枢神経疾患作業療法治療学
中枢神経疾患作業療法治療学演習
身体障害作業療法学内演習(OSCE等)

プロフィール

学位の取得年 2014年(平成26年)
最終学歴 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 博士前期課程 修了
所属学協会等 日本作業療法士協会
新潟県作業療法士会
日本リハビリテーション連携科学学会
日本作業科学研究会
障害科学学会
障害学会
研究者情報 https://researchmap.jp/masuda-y/

研究業績等

研究専門領域

身体領域のリハビリテーションと作業療法
リハビリテーションと作業療法の思想・理論

研究紹介

リハビリテーション科学と作業療法学の基盤を構成するさまざまな思想や理論を主軸として、作業療法の支援論を多角的な視点から探求しています。現在は,運動学習理論に基づいて科学的根拠が確立している脳卒中後上肢麻痺に対するリハビリテーションの実践研究をベースとして、根拠に基づく作業療法を促進する方策について、個人要因と環境要因の双方から研究を進めています。

研究課題

根拠に基づく作業療法の実践を促進する方策に関する研究
脳卒中後上肢麻痺に対するリハビリテーション方略に関する研究

受賞歴

学術誌「作業療法」36巻 平成29年 論文奨励賞 受賞

社会的活動

・委員等
第34回全国デイ・ケア研究大会実行委員(平成27年9月~平成28年7月)
一般社団法人日本作業療法士協会 福祉用具・住宅回数における効果的なサービス提供に必要な方策等に関する調査研究事業 作業部会委員(平成28年4月~平成29年3月)
東京湾岸リハビリテーション病院研究倫理審査委員(平成29年4月~平成31年3月)
学術誌「作業慮法」論文査読委員(第2査読者)(平成31年4月~現在)
 
・講演等
作業療法がもっと楽しくなる!~研究のすゝめ~,作業療法総合研究所研修会,昭和大学横浜キャンパス,2017年12月.
当院における修正CI療法とHANDS療法併用の試み,第34回慶應義塾大学リハビリテーション医療懇話会「ニューロリハビリテーション最前線」(シンポジスト),慶應義塾大学信濃町キャンパス,2017年7月.
学習に役立つタブレットPCの活用法とその周辺,あいサポート研修会・相談会,東京,2012年8月.

研究論文

  1. 増田雄亮,補永薫,伊藤麻起子,沢田宏美,武田さより,道願正歩,坂田祥子,近藤国嗣:IVES併用下で修正CI療法を実施した回復期脳卒中患者の上肢麻痺に対する介入効果,総合リハビリテーション47(4),pp.365-372, 2019.(査読付)
  2. 増田雄亮,八重田淳,坂田祥子,近藤国嗣:Evidence-Based Practiceに関連する諸要因~回復期リハビリテーション病棟における作業療法士への意識調査~,作業療法,37(5),pp.499-507,2018.(査読付)
  3. 増田雄亮,補永薫,伊藤麻起子,沢田宏美,武田さより,道願正歩,坂田祥子,近藤国嗣:回復期脳卒中片麻痺患者に対する修正CI療法の実践報告,総合リハビリテーション,46(8),pp.759-765,2018.(査読付)
  4. 坂田祥子,増田雄亮:利用者主体の作業療法の実践―回復期リハビリテーション病棟の作業療法室,作業療法ジャーナル,52(9),pp.921-926.,2018.
  5. 増田雄亮,補永薫,松永玄,鈴木研,近藤国嗣:通所リハビリテーションにおいて修正CI療法を実施した一事例,作業療法,36(6),pp.626-633,2017.(査読付)
  6. 増田雄亮,八重田淳:「回復期リハビリテーション病棟における作業療法士のEvidence-Based Practiceに対する意識度質問票」の開発と信頼性・妥当性の検討,作業療法,36(5),pp.483-490,2017.(査読付)
  7. 大平佳奈, 藤井絢子, 小町谷真優美, 増田雄亮, 谷康弘,宮本沙季,松本朋子,谷晴菜,斎藤眞菜,森下麻未,桃原由衣,杉山瑶,補永薫:退院患者から振り返る回復期リハビリテーション(第13回) 生活歴や性格を含めて退院後のビジョンを描く大切さ,難しさ,回復期リハビリテーション,14(4),pp.30-35,2016.
  8. 増田雄亮:回復期リハビリテーション病棟における作業療法士の科学的根拠に基づく実践に関する意識調査,筑波大学大学院人間総合科学研究科生涯発達専攻リハビリテーションコース修士論文,全92頁,2014.

研究発表

  1. 奈良里紗,増田雄亮,岩池優希,上杉相良,小沢素子,鈴木みち子,細川陽一:視覚障害児の親支援に求められるコーディネーションについて,第27回視覚障害リハビリテーション研究発表大会,63(活動報告・ポスター発表),神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸アイセンター Vision Park,2018年9月.
  2. 沢田宏美,増田雄亮,補永薫,熊谷梓,近藤国嗣:当院通所リハビリテーションにおける上肢機能訓練の効果~後方視的ケースシリーズ研究,第38回全国デイ・ケア研究大会,プログラム・抄録集,203,つくば国際会議場,2018年7月.
  3. 武田さより,増田雄亮,補永薫,坂田祥子,中島麻起子,道願正歩,近藤国嗣:当院における修正CI療法とHANDS療法併用の介入効果,第55回日本リハビリテーション医学会学術集会,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 55(3-KP-14-5),福岡国際会議場・福岡サンパレス,2018年6月.
  4. 増田雄亮,中島麻起子,補永薫,坂田祥子,近藤国嗣:随意運動介助型電気刺激(IVES)併用下で修正CI療法を実施した当院回復期脳卒中患者の特徴と介入効果,第51回日本作業療法学会,日本作業療法学会抄録集51,144(OA-6-3),東京国際フォーラム,2017年9月.
  5. 沢田宏美,増田雄亮,伊堂寺友紀子,鈴木祐佳,近藤国嗣;脳卒中後上肢麻痺を呈する利用者を対象としたデイケア版Transfer Package(DCTP)の開発,第51回日本作業療法学会,日本作業療法学会抄録集51,597(PA-1E02),東京国際フォーラム,2017年9月.
  6. 中島麻起子,増田雄亮,補永薫,坂田祥子,近藤国嗣:回復期脳卒中患者を対象とした修正CI療法におけるMotor Activity Logに関する検討,第51回日本作業療法学会,日本作業療法学会抄録集51,414(PA-1A07),東京国際フォーラム,2017年9月.
  7. 沢田宏美,増田雄亮,補永薫,坂田祥子,近藤国嗣:重度感覚障害を呈した利用者へのデイケア版Transfer Packageの試用経験,第36回全国デイ・ケア研究大会,プログラム・抄録集,172,熊本県立劇場,2017年7月.
  8. 増田雄亮:生活圏の拡大と麻痺手改善により独居生活の家事遂行が再開した一事例~通所リハビリテーションにおける生活行為向上マネジメントの使用経験~,生活行為向上マネジメント事例報告会,千葉県立保健医療大学仁戸名キャンパス,2017年3月.
  9. 石川由布子,米澤照代,田所祐介,増田雄亮:退院支援を行う看護師の経験値の差を埋めるためのマニュアル作成,第28回日本リハビリテーション看護学会学術大会,プログラム・抄録集,153,名桜大学,2016年11月.
  10. 増田雄亮,熊谷将志,吉田太樹,坂田祥子,八重田淳:回復期リハビリテーション病棟における作業療法士のEvidence-Based Practice(EBP)の困難さと今後の課題,第50回日本作業療法学会,OA-11-3,ロイトン札幌・ホテルさっぽろ芸文館・札幌市教育文化会館,2016年9月.
  11. 沢田宏美,増田雄亮,補永薫,坂田祥子,近藤国嗣:脳卒中患者における両手動作自己評価法作成の試み,第50回日本作業療法学会,OA-22-3,ロイトン札幌・ホテルさっぽろ芸文館・札幌市教育文化会館,2016年9月.
  12. 増田雄亮,補永馨,松永玄,鈴木研,近藤国嗣:通所リハビリテーションにおいてmodified Constraint-Induced Movement Therapy(修正CI療法)を実施した一事例,第34回全国デイ・ケア研究大会,プログラム・抄録集,108(O10-5),アパホテル&リゾート東京ベイ幕張,2016年7月.
  13. 増田雄亮,補永馨,坂田祥子,中島麻起子,山内佳奈,沢田宏美,北村新,近藤国嗣:当院における回復期脳卒中患者に対するmodified Constraint-Induced Movement Therapy(mCI療法)の効果,第53回日本リハビリテーション医学会学術集会,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine,I159(1-17K-5-9),国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都,2016年6月.
  14. 増田雄亮,八重田淳:回復期リハビリテーション病棟における作業療法成果の認識,日本リハビリテーション連携科学学会第17回大会,プログラム・抄録集,70(P5-4),日本リハビリテーション連携科学17(1),p.17,国際医療福祉大学大田原キャンパス,2016年3月.
  15. 増田雄亮,北村新,沢田宏美,坂田祥子,補永薫:本邦の脳卒中麻痺側上肢に対するConstraint-Induced Movement Therapy(CI療法)のプロトコルと治療効果,第17回千葉県作業療法士会学会,プログラム・抄録集,21,八千代リハビリテーション学院,2016年3月.
  16. 村山雄大,増田雄亮:回復期リハビリテーション病棟における作業療法目標の展開とその要因に関する予備的検討~脳卒中患者の自立度による短期・長期目標の相違~,第17回千葉県作業療法士会学会,プログラム・抄録集,22,八千代リハビリテーション学院,2016年3月.
  17. 沢田宏美,増田雄亮,坂田祥子,補永馨:脳卒中後麻痺側上肢における両手動作評価法作成の試みー両手動作項目の抽出,第17回千葉県作業療法士会学会,プログラム・抄録集,21,八千代リハビリテーション学院,2016年3月.
  18. 相羽大輔,奈良里紗,増田雄亮,佐藤由希恵:ロービジョン者が大学生活で直面する困難さの解決手段について,第16回日本ロービジョン学会学術総会,プログラム・抄録集,97,一橋講堂,2015年11月.
  19. 増田雄亮,八重田淳:回復期リハビリテーション病棟における作業療法士の科学的根拠に基づく実践(EBP)に関する意識調査,第49回日本作業療法学会,日本作業療法学会抄録集,45(O2427),神戸ポートピアホテル・神戸国際展示場,2015年6月.
  20. 中島麻起子,補永薫,坂田祥子,増田雄亮,浦川佳奈,沢田宏美,岩崎聖,近藤国嗣:当院回復期リハビリテーション病棟におけるCI療法導入の試み,第52回日本リハビリテーション医学会学術集会,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 52,S381,朱鷺メッセ,2015年5月.
  21. 増田雄亮:作業療法実践における「協業」の重要性A氏にとっての「語り」の意味~作業療法に拒否的反応を示した事例を通して~,作業行動研究会主催人間作業モデル事例検討会,首都大学東京荒川キャンパス,2009年3月.
  22. 増田雄亮:スウェーデンのスタディーツアーを通して,日本理学療法士協会・日本作業療法士協会主催「国際セミナー」(神戸),2007年2月.